現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自ら操る“手漕ぎ”の楽しさ!! 今、オススメの国産MT車 10選

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.1

自ら操る“手漕ぎ”の楽しさ!! 今、オススメの国産MT車 10選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今や日本国内でマニュアルトランスミッション(MT)車の販売比率は、2%未満に低下しているという。しかし、MT車は運転の仕方次第で優れた燃費を引き出せ、比較的パワーの小さい車でも、その力を最大限に引き出せる。しかも現代のMT車は、ほとんどが坂道発進で後退を防ぐ装置が標準装備されるなど扱いにくさも激減。マイナーな存在となりつつもも、MT車は今なお楽しさと高い実用性を併せ持っている。そこで、本記事では現存する国産MT車26台の中から、特に楽しさ溢れる10車をピックアップして紹介したい。

文:斎藤聡、永田恵一
写真:編集部、HONDA、TOYOTA
ベストカー 2018年6月26日号

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

あの実用車も登場! 上級者まで楽ませるMT車 5選

■ヴィッツ GRスポーツ“GR”

ヴィッツGRスポーツ“GR”/価格:229万2840円/5MT

 「GRスポーツ」と比べ、ボディにさらに補強を施し、17インチのポテンザ050Aを履いたモデル。GRブランドのなかでは本格スポーツモデルという位置づけだ。

 フリクション抵抗が少なめなのか、ダンパーの動き出しがスムーズなのでそれほどスパルタンな印象はないが、ザックスダンパーとローダウンした強化スプリングがいい仕事をしている。

 折り目正しいGRスポーツと比べ、より折り目がシャキッとした印象。応答がよくグリップレベルも高いので、スポーツドライビングが楽しい。気持ちよく楽しく走るためにMTが役に立ち、面白いというのが実感できる。

■カローラアクシオ&フィールダー

カローラアクシオ、フィールダー/価格:150万7680円、165万6720円/5MT【搭載グレード:1.5X】

 5速MTのフィールダーは、どこか相棒的な親近感がある。それほど派手な外観ではないけれど、内装の質感は大したもので商用車的なチープさがない。さりげなく機能的な室内が余計に相棒的な印象を与えるのかもしれない。

 なにより、マニュアルミッションがエンジンとドライバーの距離を近づけてくれるのだろう。質実剛健な乗り味に長い時間をかけて洗練されてきた乗り心地が加わって独特の機能感、一体感がある。

 褒められるほどパワフルなエンジンではないし、個性的でもないが、MTを駆使して上手に走らせると不思議な一体感が生まれてくる。

■86/BRZ

 86/BRZの楽しさは、2L水平対向4気筒エンジンの独特の存在感と、FRの後輪駆動車であること。

 スバルの持つボクサーエンジンと、トヨタの直噴技術によって生み出された共同開発エンジンであることも、このエンジンの重要なポイント。

 バランスのいいFRスポーツカーなので、操縦性は速度に関わらず素直。コーナーでは、アクセル操作によって前荷重から後ろ荷重へ荷重移動を行い、リアタイヤのグリップ限界を見極めながら繊細なアクセルワークで加速していくのがこのクルマの醍醐味。

■ノートNISMO S

ノート NISMO S/価格:232万8480円/5MT

 ノートNISMOには専用チューンの1.6Lエンジンが搭載され、5速MTと組み合わされている。

 140ps/16.6kgmのパワーはノートのボディには充分刺激的で、速い! と感じさせる加速性能を備える。

 ボディもフロア周りを中心に徹底的に補強され、スパルタンに締め上げられたサスペンション(バネ/ショック)と組み合わせさている。

 1速で無造作にアクセルを踏むとエンジンが揺れ、足回りがバタつくほど。強力なエンジンをアクセルワークでなだめすかしながら、上手に引き出すと、じゃじゃ馬を操っている楽しさが味わえる。

■フィット RS

 乗ってみるとスパルタンな印象はまったくないのだが、足回りの踏ん張りが効き、よく曲がり、よく走る。

 搭載するエンジンは1.5L。132ps/15.8kgmを発揮。興味深いのは、1、2速が1.3L車と同じギヤ比であり、3速からクロス気味にギヤ比が接近しているところ。そのためパワー感は1.3とのパワー差以上にパワフルな印象となる。

 このエンジンはレブリミット直前まできっちり回してやることでエンジンの伸び感が楽しめるいっぽう、トルクがフラットなのか、クロスギヤの恩恵なのか、エンジン回転を抑えめにして走らせても速さが鈍らない。

【斎藤聡】

初心者でも扱いやすいファン・トゥMT車 5選

■シビックハッチバック

シビック/価格:280万440円/6MT【搭載グレード:ハッチバック ホンダセンシング】

 良好なシフトフィールに加え、クラッチも扱いやすい。1.5Lターボの182ps/24.5kgmという動力性能はベテランドライバーでもちょうどいいところで、パワー不足もしくは「パワーがあり過ぎて持て余す」といったストレスを感じることがないのも含め“走る楽しさ”という実用車では今時ちょっと驚くシビックのコンセプトに一番合っているのはハッチバックの6MTと断言できる。

 それだけにニッチなモデルなのは事実にせよ、輸入車に欲しい仕様のこのモデルが売れているというのも(イギリス製だけど)、先々はともかくとしてよくわかる。

■スイフトスポーツ

 日本車のスポーツコンパクトが1.6L・NA止まりなところ、2.4L・NA級のトルクを持つ1.4Lターボを搭載しているだけに、速さは周りを圧倒する。

 ふつうのスイフトと同様に刺激こそないものの、プレシジョン(正確性)が高く、操作どおりに動いてくれるハンドリングや乗り心地はすばらしい。

 その半面、速いもののエンジンに面白みは薄く、6MTのシフトフィールやクラッチフィールが特にいいというワケでもないのも事実だ。

 と文句を書いたが、それでもスイスポは200万円以下でこれだけの性能と楽しさを備えているのは偉大であり、このDNAが途切れないことを切に願う。

■デミオ15MB

デミオ 15MB/価格:156万600円/6MT

 6MTのシフトフィールは適度な節度のなかシットリとした感覚があり、世界中のホットハッチのなかでもトップクラス。

 クラッチの踏力は軽めながら、ミート感がすばらしく、実に扱いやすい。動力性能は1.5L・NAとしては並レベルだが、当然ながらデミオの1.3Lに対し全域で排気量相応の力強さが感じられ、公道でも楽しめる範囲のパワーなのもいい。

 ハイオク仕様なのがちょっと痛いけど、実用燃費も1.3Lのデミオと同等だ。全体的に車自体は普通といえばふつうだが、価格が安いので、そのぶんをスポーツ走行やチューニングの費用に回すのが、15MBらしい楽しみ方だと思う。

■スイフト RS

スイフト RS/価格:159万4080円/5MT

 エンジン、シフトフィール、クラッチフィールに1.2L・NAコンパクトカーとして特筆すべき点はないが、870kgという周りのコンパクトカーに対して100kg以上軽い車重の恩恵で、加速感はライバルを二歩ほどリード。

 ハンドリングも刺激こそないものの実に軽快で、スイフトの車名の由来にふさわしい。これが入門車なら、「クルマって楽しい!」と車への興味も増し、ドラテクも自ずと向上するに違いない。

 各部がRSに劣るのは事実ながら、激安の特別仕様車XGリミテッド(5MT車は安全装備つきで145万6920円)を選ぶのもいい。

■アルトワークス

 スイフト同様に車重が670kgと軽いのに加え、搭載されるターボエンジンも全域でモリモリとしたパンチがあり、適度な刺激を日常的に楽しめる。5MTのシフトフィールやクラッチフィールも良好だ。

 ハンドリングや乗り心地も子供っぽさを感じてしまうちょっと手前くらいで危なさもなく上手にまとまっている。

 クルマを知っている大人が乗っても大きな不満を覚えることはない。着座位置が高すぎるレカロシートだけは問題だが(オプションにすれば価格も下がってよかったと思う)、それ以外は維持費も含めローコストで楽しめる貴重な存在で、多くの人に薦められる。

【永田恵一】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部タカセ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します