現在位置:carview! > ニュース > 業界ニュース > 【疑問】ハイブリッドはスポーツカーに不向きなシステムか?

ここから本文です
業界ニュース 2017.3.3

【疑問】ハイブリッドはスポーツカーに不向きなシステムか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーユニット全体の大きさと重さがネックになる

はい、不向きです。ハイブリッドのパワートレインというのは、つまりエンジンとモーターの両方を持ち、それを組み合わせるということになりますね。ということはパワートレインが確実に重く、大きくなるということです。

    スズキは一挙に7車種をワールドプレミア。噂の“ハスラーワイド”も

さらに都合が悪いことに、その2つのパワーを上手く組み合わせようとすると、エンジンとモーターは近くに配置されていなければなりません。本来配置場所に自由度が高いモーターも、配置できる場所が限られてしまいます。

確かにエンジンをダウンサイジングすることは可能です。V12の代わりにV8ハイブリッドが使えることでしょう。排気量が小さくなっても、モーターが低回転域のトルクを出してくれるので、そのハンディはほとんどありません。

エンジンのフリクションも12気筒と8気筒では3分の2程度に収まるはずで、その分だけ効率や燃費が向上します。しかし、軽量になったかというと、疑問は残ります。モーターは重いユニットです。パワーコントローラーという制御ユニットも必要になります。

燃費だけでいえば、エンジンが苦手な低回転域をモーターが補ってくれます。燃費の走行モードは低回転域を使うので、当然カタログ燃費は大きく向上することになります。ハイフリッドカーのカタログ燃費が実効燃費と大きく乖離してしまうのは、こうしたカラクリなんです。つまり実効燃費はそれほど高くなりません。

さらに充電の制御の面で、バッテリーの残量を気にして充電量が増える傾向にあるのも、実際の燃費を押し下げてしまう原因になります。

パワーユニットの特性では純粋な電気自動車のほうがスポーツカー向き

クルマのパッケージはどうでしょうか? V12とV8ハイブリッドでは、それほど大きな差があるわけではありません。V12とV6ターボ+ハイブリッドでも、クルマのパッケージを革新するような画期的な差はありません。スポーツカーにとって重要な軽量、コンパクト、そしてシンプルといったキーワードから、ハイブリッドカーは遠ざかる方向になってしまうのです。つまりハイブリッドシステムはスポーツカーに向いていないんです。

ハイブリッドシステムを採用することのメリットは、エンジンの低回転域でのトルクがなくても成立することで、逆にいえば高回転型のNAエンジンにモーターという組み合わせなら、より深く補いあえる関係になります。

しかしそれではダウンサイジングできないので、どうしてもターボエンジンになってしまいます。その組み合わせでは、ターボラグを縮小する効果が期待できます。そもそもエンジンがなければターボラグはないはずで、純粋な電気自動車のほうが、よりスポーツカーには適しているのです。

(WEB CARTOP 『WEB CARTOP編集部』)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sup*****|2017/03/03 11:42

    違反報告

    そもそも燃費なんて気にしてスポーツカーに乗らない!ガソリンの埋蔵量も増えたし 地球温暖化なんてのも嘘だし カッコいいエンジンカーか電気カーを出してほしいな!
  • sas*****|2017/03/03 11:42

    違反報告

    短距離スポーツならEV有利なのは素人でもわかること。
  • ryu*****|2017/03/03 11:21

    違反報告

    HVシステムがスポーツカーに向いていないならF1もWECもHVになっていないと思うが。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します