現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > シェルとトヨタ、米国カリフォルニア州での水素ステーション網拡充に向け協力

ここから本文です
業界ニュース 2017.2.26
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シェルとトヨタは、燃料電池自動車(以下、FCV)の普及に向け、米国カリフォルニア州における水素ステーション網の拡充で協力する。

2017年2月17日、同州のカリフォルニアエネルギー委員会(California Energy Commission)が、補助金交付先提案書(Notice of Proposed Award:以下、NOPA)を公表。

シェルは既存ガソリンスタンド7か所への水素充填設備導入を進めていくが、合計1636万2500ドルの補助金が、正式承認に向け提案された。(オートプルーブ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jis*****|2017/02/26 08:06

    違反報告

    ゆっくりでも着実に世界的に水素社会に向かってますね。FCVは、EV.PHVの先にある究極のエコカー。HVもEVもPHVもFCVもニッポンのトヨタが世界をリードして欲しいですね
  • rex*****|2017/02/26 11:30

    違反報告

    EVと結託しているのが電力会社なら、FCVは石油会社がこの世から消えない限りなくならない。
  • yos*****|2017/02/26 15:57

    違反報告

    何故にクルマ業界は高額な商品になっていくのか??他の業界は技術の進歩や合理化などで安くなっていくのが常だが車は競って高額にシフトして行く!更に日本は二重三重の税金や車検や保険やら車関連の維持費が大きいそのために若者や賢い者が車離れを起こしているのも事実!!少しは維持費やら価格を考えるべきだろう!