現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > ホットロッドカスタムショーで見る最新ハーレーカスタム事情

ここから本文です
カー用品 2018.12.18

ホットロッドカスタムショーで見る最新ハーレーカスタム事情

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「YOKOHAMA HOTROD CUTSOM SHOW(ヨコハマ ホットロッド カスタムショー)」が、パシフィコ横浜にて今年も12月2日(日)に開催され、1万8000人の来場者で賑わいました。出展はカスタムショップやペインターらがメインですが、そんななかひときわ目立つ大きなメーカーブースがあります。「我こそはカスタムシーンを牽引する」と言わんばかりの、ハーレーダビッドソンです。

 ハーレーダビッドソンは純正アクセサリー&カスタムパーツを豊富にラインナップし、車検適合の合法カスタムが楽しめます。最新のビッグツインエンジン「ミルウォーキーエイト」の排気量は1745ccと1868ccの2本立てで、ストック状態でも充分に大きいのですが、さらに1916ccまでスケールアップするキットをメーカー純正でリリースし、全国の正規ディーラーで組み込めてしまうから驚きです。カスタムカルチャーをメーカーが後押しする姿勢は、昔も今も変わりません。

    12/22(土)、東海初開催! 最新型のハーレーダビッドソンの公道大試乗会

Born Free 10でBest in Showを獲得したリアルレーサーも

 夏の終わり、1903年の創業以来本社を構え続けるアメリカ・ミルウォーキーで、ハーレーダビッドソン115周年アニバーサリーイベントがおこなわれました。公式会場にはカリフォルニアで人気のカスタムショー「BORN FREE」も招かれ、さまざまなバイクの展示がありましたが、なかでもひときわ異彩を放っていたのが、いにしえのランドスピードレーサー(最高速度記録挑戦車)を再現した1948年式UL"Blackbird"です。

 記念すべき第10回となった6月の「Born Free 10」では、栄えある"Best in Show"を受賞。空力を考慮した外装やホイールで、ライダーは伏せるように前傾姿勢となって走ります。ビルダーのJustin Wallsさんによると、地上最速を競うボンネビル・ソルトフラッツ最高速度トライアル(アメリカ・ユタ州)に参戦するとのことです。サイドバルブエンジンを搭載した、その美しい姿がホットロッド カスタムショーにもあり、注目を浴びていました。いったい、どれほどの記録を出すのでしょう。今から楽しみです。

まだある! 気になる最新Vツインカスタムたち

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 青木タカオ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します