現在位置: carview! > ニュース > イベント > 織戸 学が新型トヨタ「90スープラ」を語る

ここから本文です
イベント 2019.1.16

織戸 学が新型トヨタ「90スープラ」を語る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先代80スープラを現在3台所有し、『RIDOX』のエアロパーツをはじめ、パーツ販売も手掛ける織戸 学選手。新型90スープラも購入予定で、すでにプロトタイプのサーキット試乗も果たしている。そんな彼の90スープラ評を聞いてみると……。

 80スープラの剛性感や上質感、2JZエンジンのフィールやポテンシャルに惚れた織戸 学選手は、1台の80スープラに10年以上乗っていた。その間、『RIDOX』のエアロキットを発売したり、全日本GT選手権やスーパーGTの500クラスで優勝したりして、『織戸=スープラ』のイメージを濃くしたが、1台目のそのクルマは手放すことに。

    VALENTIの西陣織カーボンに注目!!【東京オートサロン2019】

 しかし、それから2年後ぐらいに取材で元愛車のそれに乗る機会があって、「やっぱりいいな」ということになり、コンディションのいいものを買ってきて、全部バラバラにして仕上げたのが、ここに載せた赤いスープラだ。すると、今度は稀少なエアロトップのターボ車が中古車で出てきて、プチレストアを施したのが、ガンメタのスープラだ。ほかにも2002年式の最終型ターボ/AT/走行1万2000km/フルノーマル/雨天未使用/シルバーという物件を所有する。


 そんな織戸選手に新型90スープラをどう思うか、聞いてみた。すでにオーダーを入れているくらいだから、肯定的ではあると思うのだが……。

「ポルシェやBMWのような、アダルトに乗れる国産車がやっと出たという感じ。昔、走っていた大人がもう一度スポーツカーに乗ってみたいと思うときに、ピッタリのクルマだと思う。直6エンジンが収まるロングノーズや、後ろ寄りのドラポジ、ルーフからリアに掛けてのデザインに伝統が引き継がれ、80から20年経ってからの新型なら、こうだよね!というフォルムに仕上がっている。乗った印象はポルシェGT3みたいなギンギンのスポーツカーじゃなく、どちらかといえば、グランドツーリング的。ハンドリングはショートホイールベースだけにシャープだったりはするが……。しかし、最初からスポーツカーでなくてよかった。チューニングできる部分がいっぱいあるからだ。ブーストアップで500PSぐらいは出ると思うから、そんなパッケージで楽しみたいね」とのことである。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan レブスピード編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します