現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産が新型「GT-R」を実車公開! 歴代最強の「ド迫力デザイン」採用した“究極仕様”は600馬力に!? 驚きの価格「3000万円」にも反響あり

ここから本文です

日産が新型「GT-R」を実車公開! 歴代最強の「ド迫力デザイン」採用した“究極仕様”は600馬力に!? 驚きの価格「3000万円」にも反響あり

掲載 28
日産が新型「GT-R」を実車公開! 歴代最強の「ド迫力デザイン」採用した“究極仕様”は600馬力に!? 驚きの価格「3000万円」にも反響あり

■新型「GT-R」へのファンの声とは?

 日産は2024年1月に開催された「東京オートサロン2024(以下、TAS2024)」で、最新型「GT-R NISMO」最高峰モデル「スペシャルエディション」の実車を公開しました。
 
 同車について、SNSではどのような声が寄せられているのでしょうか。

【画像】迫力デザイン採用! 日産「新型 GT-R NISMO」を画像で見る(59枚)

 日産「GT-R」は、究極のドライビングプレジャーを求めて常に進化し続けてきた日産のスーパースポーツカー。

 現行モデルは2007年に登場し、以後毎年のように戦闘力を高めるアップデートが実施されていますが、TAS2024に出展された新型GT-R NISMOはこのGT-Rのパフォーマンスをさらに高めた、まさに“究極のGT-R”。
 
 通常のGT-Rをベースに、日産ワークスであるNISMOの誇る最先端のレーシングテクノロジーを注入した超高性能ロードカーに仕上がっています。

 搭載するパワーユニットは、3.8リッターのV型6気筒ツインターボエンジンをNISMOが独自技術でチューニング。その結果、最高出力600馬力・最大出力652Nmものパワーを絞り出すことに成功しました。

 この強大なパワーは、デュアルクラッチトランスミッションと電子制御式の四輪駆動システムを介して余すこと無く地面に伝達され、圧倒的な走行性能を発揮。

 もちろんパワー一辺倒でなく、レスポンスに優れたターボチャージャーや、制動力とコントロール性に優れたカーボンセラミックブレーキ、軽量化に貢献するカーボン製ルーフ、カーボン製エンジンフード、カーボン製フロントフェンダーなどを組み合わせることで、ベース車の時点で高性能なGT-Rの「走る」「止まる」「曲がる」能力を限界レベルまで引き上げているのです。

 そんな新型GT-R NISMOは、スペックのみならずデザイン面も進化しています。

 新たに水平基調の形状が採用されワイド感のあるフロントグリルは、従来よりも開口部を小型化しつつ、走行時の空気の取り込み量は変えないことで、高い冷却性能を維持したまま空気抵抗を低減しました。

 また、リアバンパーサイドやトランクリッドの上面にエッジを加えたことでも空気抵抗が低減されているほか、個性的なスワンネック形状を採用したNISMO専用リアウイングによりダウンフォースも向上。

 内装もドライビング性能向上のために手が加えられており、剛性が50%向上した新しいレカロ製シートをフロントシート両座に採用します。

 標準装備されたフロントメカニカルLSDの効果により旋回性能が向上した同車だけに、ドライバーの姿勢保持をこれまで以上にサポートし、より運転に集中することが可能となりました。

 さらに新型GT-R NISMOの特別仕様車となるスペシャルエディションは、ピストンリングやコンロッド、クランクシャフトなどに高精度重量バランスエンジン部品を採用。

 クリア塗装を施した専用カーボン製エンジンフード(NACAダクト付)や、リム部にレッドの加飾を入れた専用レイズ製アルミ鍛造ホイール、専用カラーのアルミ製ネームプレートなど、最高峰かつ最強モデルにふさわしい特別な装備を盛り込んだ、まさにスペシャルなモデルとなっています。

※ ※ ※

 TAS2024に展示されたGT-R NISMO スペシャルエディションの車両価格(消費税込)は2915万円。これは現行国産車の最高額です。

 同車についてSNSでは、「3000万円!? 高すぎて買えません笑」「いや台数限定だしお金があっても売ってもらえないよ…」と、価格の高さに驚く声が多く見られたほか、「でもGT-Rはもっと高いフェラーリより速いし凄い」「もはやフェラーリもポルシェもGT-Rの相手にならないと思う」など、新型GT-Rの折り紙付きの高性能が絶対的な信頼を受けていることがうかがえます。

 その一方で、「でもエクステリアとインテリアがひと昔の車だなぁ」「基本設計は17年前ですからね。年次改良しようと見た目の古さは否めない…」「完成度の高さは分かりますけど、早くフルモデルチェンジしないかな」といった、長寿命モデルゆえ外観の刷新を望む声や、フルモデルチェンジを求めるコメントも。

 また、「クルマって古くなっても毎年アップデートすれば高値で売れるのか」「ランエボとかRX-7みたいな過去のスポーツカーもアップデートし続けて売って欲しかった」など、過去の販売終了したスポーツモデルも新型GT-Rのように長く売り続けて欲しかったという、往年のスポーツカーファンならではのコメントも印象的でした。

こんな記事も読まれています

見せ場なく6位に終わったフェルスタッペン「赤旗で台無しに。4秒も遅く走らなければならないレースなんて」/F1モナコGP
見せ場なく6位に終わったフェルスタッペン「赤旗で台無しに。4秒も遅く走らなければならないレースなんて」/F1モナコGP
AUTOSPORT web
【花火が毎日】どっかーん!諏訪湖は7月26日から8月25日まで連日打ち上げ!期間中はずっと「たまや~」
【花火が毎日】どっかーん!諏訪湖は7月26日から8月25日まで連日打ち上げ!期間中はずっと「たまや~」
モーサイ
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #4 【シボレー アパッチ】
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #4 【シボレー アパッチ】
グーネット
KTC × エヒメマシン  のコラボツールチェストに新色「キングフィッシャーブルー」が登場!
KTC × エヒメマシン のコラボツールチェストに新色「キングフィッシャーブルー」が登場!
バイクブロス
「ボルボ EX30」2024年1-4月の輸入EV車名別登録台数1位を獲得
「ボルボ EX30」2024年1-4月の輸入EV車名別登録台数1位を獲得
THE EV TIMES
福井~岐阜の最短ルート「冠山峠道路」開通から半年で反響多数!「歴史が変わった」「革命」恐怖の”酷道”しかなかった県境に「4834m」長大トンネルが完成
福井~岐阜の最短ルート「冠山峠道路」開通から半年で反響多数!「歴史が変わった」「革命」恐怖の”酷道”しかなかった県境に「4834m」長大トンネルが完成
くるまのニュース
2024スーパー耐久第2戦富士24時間に過去最高の5万4700人が来場。昨年より7700人増
2024スーパー耐久第2戦富士24時間に過去最高の5万4700人が来場。昨年より7700人増
AUTOSPORT web
橋脚どんどん! 阪神高速湾岸線「延伸部」どこまで進んだ? その先は“巨大橋”が架かる海へ
橋脚どんどん! 阪神高速湾岸線「延伸部」どこまで進んだ? その先は“巨大橋”が架かる海へ
乗りものニュース
【MotoGP】マルケス「表彰台を争っているとは知らなかった」エスパルガロとの白熱バトルの裏側
【MotoGP】マルケス「表彰台を争っているとは知らなかった」エスパルガロとの白熱バトルの裏側
motorsport.com 日本版
ホンダの「元祖3列ミニバン」に好評価! どこか懐かしい「カクカクデザイン」は女性ウケ抜群!? リアルな「オーナーの声」を聞いてみた
ホンダの「元祖3列ミニバン」に好評価! どこか懐かしい「カクカクデザイン」は女性ウケ抜群!? リアルな「オーナーの声」を聞いてみた
くるまのニュース
んんん!? CとEのクーペが融合!? 新型CLEは超絶メルセデスなクーペだぜ
んんん!? CとEのクーペが融合!? 新型CLEは超絶メルセデスなクーペだぜ
ベストカーWeb
光岡自動車が100台だけ販売した「K-3」とは? 1人乗り原付カーを自分で組み立てる「キットカー」でした【マイクロカー図鑑】
光岡自動車が100台だけ販売した「K-3」とは? 1人乗り原付カーを自分で組み立てる「キットカー」でした【マイクロカー図鑑】
Auto Messe Web
福井県のワンプレイスにて Sun Emperor の特定小型原付「SS1」の試乗会を6/1・2に開催!
福井県のワンプレイスにて Sun Emperor の特定小型原付「SS1」の試乗会を6/1・2に開催!
バイクブロス
大事故のペレスが怒り「ケビンは接触が避けられなくても引かない。とても危険な行為」調査を行わない審議委員にも不満
大事故のペレスが怒り「ケビンは接触が避けられなくても引かない。とても危険な行為」調査を行わない審議委員にも不満
AUTOSPORT web
初年度に好結果続くシボレー・コルベットZ06 GT3.R、2025年はカスタマー拡大へ。欧州、アジアにも関心
初年度に好結果続くシボレー・コルベットZ06 GT3.R、2025年はカスタマー拡大へ。欧州、アジアにも関心
AUTOSPORT web
2025年に登場するBMWニュークラス その姿かたちはこうなる 新型BMW iX3のアウトルックの想像イラスト
2025年に登場するBMWニュークラス その姿かたちはこうなる 新型BMW iX3のアウトルックの想像イラスト
AutoBild Japan
ル・マン24時間レース主催者、2029年までに複数マシンが水素クラスに参戦と予測。トヨタ、アルピーヌ、その他にも?
ル・マン24時間レース主催者、2029年までに複数マシンが水素クラスに参戦と予測。トヨタ、アルピーヌ、その他にも?
motorsport.com 日本版
海に山に連れて行きたい!「グラミチ & チャコ」の機能的なサンダル【新着ドライブコーデ】
海に山に連れて行きたい!「グラミチ & チャコ」の機能的なサンダル【新着ドライブコーデ】
くるくら

みんなのコメント

28件
  • vit********
    別に普通でしょ。そんなことよりくるまのニュースのページが読みづらい事なんとかして欲しい。
    「あなたの車今いくら」とかな!
  • eds********
    どこまでR35引っ張るんや、もしかしてR36出すつもりないのか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2695.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1640.03258.0万円

中古車を検索
GTの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2695.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1640.03258.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村