サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 300万円台からの最安ベンツ 「Aクラス」はちゃんとベンツらしさを味わえるのか?

ここから本文です

300万円台からの最安ベンツ 「Aクラス」はちゃんとベンツらしさを味わえるのか?

 2020年度はミニに次ぐ販売台数を記録するなど、近年売れゆきが好調で人気輸入車の1台になっているメルセデス・ベンツAクラス。

 ベンツといえばSクラスをはじめとした高級車メーカーであり、そのエントリーモデルとなっているのがAクラス。そして、価格は367万円から用意されている最も安いベンツでもあるわけだが、そんなAクラスでもちゃんとドイツを代表する高級ブランドのベンツらしさを味わうことはできるのか? 

何処へでも連れていってくれる超高級SUV!! メルセデス・マイバッハGLS 600 4MATIC登場

 そもそも「ベンツらしさって何なのか?」という疑問も含めて、モータージャーナリストの御堀直嗣氏が解説する。

文/御堀直嗣
写真/Daimler AG、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】誰もが納得するベンツクオリティを「Aクラス」でも実現!そのすごさを紐解こう!!

■先代モデルからさらに磨きがかかった現行Aクラス

 メルセデス・ベンツでもっとも小さなAクラスで、メルセデス・ベンツらしさは感じられるのか?

 その素朴な質問に、YESと即答できる。

 Aクラスは、1997年に初代が誕生した。2代目までは、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)に備えた車体構造をもっていた。床を二重構造とし、そこにバッテリーや燃料電池スタックを挟み込むように車載できるようにしていた。

初代Aクラス。ベンツ初のFF車だ。ベンツのFF車を象徴すべく従来にない車両構造を採用したが、重心が高くなり、急ハンドル操作時に転倒しやすいことが発売後判明。即リコールと最初から順調という訳ではなかった 

 2012年の3代目から、競合といえるフォルクスワーゲン ゴルフやBMW1シリーズなどと同じような、標準的な小型ハッチバック車へ様変わりした。その時点で、試乗したAクラスは284万円で買えた。

 現在の4代目は、もっとも廉価なA180で362万からとなるが、それでも身近なメルセデス・ベンツであることに変わりない。

 2012年の3代目Aクラスで実感したのは、内外装の質の高さ、走行中の的確な運転感覚、高速域での優れた直進安定性などである。それが現行の4代目となって、いっそう磨きがかかった。一見したところ、3代目とさほど大きく変わっていないように思えたが、内外装の質はさらに高まり、プレミアムブランドとして疑いのない仕立てである。

二重構造の床を廃止して、3代目にして大幅に変化したAクラス。ルックスからもベンツの線上に乗ったものになって、スポーティな印象になった

 運転者の操作のとおり走る的確な手応えにも変わりなく、速度を上げていった時の落ち着きある安定感は盤石の信頼をもたらす。快適性も一段と高まり、ことに静粛性では前後の席で会話を楽しませた。

■「最善か無か」の企業哲学に世界最古の自動車メーカーとしての自負を感じる

 メルセデス・ベンツらしさとは、何であろう?

 同社の企業哲学は、「最善か無か」である。どの自動車メーカーも性能向上や改善、あるいは新技術の開発などを同じように進めていると思いがちだが、そこに、成果が最善であるかどうかを問うのはメルセデス・ベンツだけだろう。

「最善か無か」はベンツ創業以来の企業スローガンである。最古の自動車メーカーとしての自負と自信がその言葉に表れている。常に最先端であっても他社にはない安心感がベンツにはある

 もし、最善ではない、何かまだ改善の余地があると判断すれば、それは市場に出す水準ではなく、価値は無に等しいということだ。

 もちろん、新車が完璧でない可能性もなくはない。しかし、最善であるかどうかを自らに問う姿勢が常にあれば、開発者はおのずと謙虚な姿勢になるはずだ。自らの技術力や開発の方向性の正しさを信じるあまり、高慢になってしまう姿を時に見かける。

 それは人間の性でもある。しかし、新車を手にした消費者の気持ちを考えれば、「最善か無か」という問いの意味は大きい。まさにそこが、メルセデス・ベンツであるかないかの違いとなって表れる。

 この点において、A180は、間違いなくメルセデス・ベンツという感触や手ごたえをもたらすクルマだ。

■運転しやすく、すべての乗員に安心を提供する、究極の実用車でもある

 もうひとつ、メルセデス・ベンツらしさを実感させる鍵がある。それは、メルセデス・ベンツの開発で常に重視されるのが、「究極の実用車」であるかどうかだ。

 メルセデス・ベンツといえば、Sクラスなど高級乗用車の印象が強く、実用車という言葉は似あわないと思うかもしれない。

 実用車と聞くと、安価な大衆車で、日常の足として用を足せればあとは多少我慢をしなければならないところがあってもやむをえないと思い、まして上質さなどとは無縁で、壊れない丈夫さがあればいいといった価値を思い浮かべるのではないか。

 しかし、メルセデス・ベンツでは、AクラスからSクラスまで、あるいはGクラスやSLクラスなどにおいても、究極の実用車であることが第一の要件なのだ。そのうえで、結果的に小型車であったり、高級車であったり、4輪駆動車であったり、スポーツカーであったりという区別があるだけである。

 たとえば、かねてよりSクラスは高級車として大柄な車体を持つが、想像以上に都市部で運転しやすく、狭い路地でも曲がりやすいことで知られてきた。小回りしやすいように、前輪の舵角が大きくとれる車体構造やサスペンション形式を採用している。

Sクラスにはベンツ最上級車というステータスがあるが、意外にドライバーズカーとしての扱いやすさも兼ね備えている。全シリーズに一貫して「実用車」の側面があるのだ

 そのうえで、たとえば2002年に発売された全長6mを超えるロングボディのマイバッハ62でさえ、内輪差を気にすることなくSクラスと同様の車両感覚で運転できたのである。ストレッチリムジンのような後席重視の超高級車でも、運転しやすいという実用性に不足はなかった。

 同じことは、メルセデスAMG・GTでもいえる。500馬力に達するようなエンジンを搭載する高性能車でありながら、日常的な運転環境においてはメルセデス・ベンツのごく普通の乗用車と変わらぬ運転しやすさがあり、車両感覚もつかみやすく、緊張することはない。

 それも、実用性という視点が忘れられていないからだろう。

 車種の違いを問わず実用的であることを重視し、乗り心地においても、前後席の区別なく完成度は高い。AMG車両であっても、後席の快適性が損なわれることはない。

 AクラスからSクラス、そしてGクラスやSLクラス、あるいはAMGでさえ、実用的なクルマがメルセデス・ベンツなのである。だから、老若男女だれもが気軽に運転でき、日常の用を足せる。そのうえで、品質は高く、安全で、信頼と安心をもたらしてくれるのである。

■AクラスもA180からAMGまで幅広く展開

 Aクラスに話を戻せば、362万円から購入できるその車体は、802万円のAMGA35・4MATICと同じだ。A180は136馬力のガソリンターボエンジンを搭載するが、AMGA35・4MATICは3倍もの421馬力である。

 それほど高性能なAMG車両を高速で安定して走らせられる基本骨格と、A180は同じなのだ。したがって、その余力ははかりしれない。

 走行中の運転の手ごたえがA180でも的確なのは、ある意味で当然の結果なのだ。

現行A180。先代よりもさらに小型化された1.4Lターボエンジンを搭載。同一骨格で400馬力オーバーモデルまでラインナップするため、当然シャシーが勝るしっかりとした走りを生み出している

現行Aクラスのインパネ。メーターとナビ画面が一体となった大型ディスプレイが目を引く。マジか
? と思ったそのデザインがいまやトレンドに。これも「最善」を極めた結果、ライバルが追いかける構図となったのだろう

 Cクラスの前身となる190Eをメルセデス・ベンツが初の5ナンバー小型4ドアセダンとして発売した時、その仕上がりはあたかもSクラスのようで、ただ車体が小さいだけだと思わせた。運転感覚はもちろん、座席の仕立てや、内装の出来などもSクラスと違わなかった。

 そこに、「最善か無か」の哲学が活き、そして「究極の実用車」としてメルセデス・ベンツが考える小型車の姿があった。

 そうした伝統は今日なお継承されているはずだ。それが、もっとも安価なAクラスでも実現されているのである。

 もちろん、ほかの自動車メーカーにはそれぞれ継承されてきた思想や目指すべき姿がある。それらが個性としてブランドを引き立たせている。

Cクラスの前身である190Eも小さなSクラスを思わせるクオリティを誇った。すべてのクルマに同じクオリティを提供する他社には無い一貫したポリシーは、今のAクラスにも反映されている

 そうしたなかで、メルセデス・ベンツらしさは、車格を問わず筋が通されており、その奥には、ガソリンエンジン自動車を初めて世に出したメーカーとしての矜持もあるはずだ。それを言葉にしたとき「最善か無か」に帰結する。

 単に価格の上下で比較するのではなく、メルセデス・ベンツを選んだ自分に間違いはないという安心と誇りを、車格を超えてメルセデス・ベンツはもたらすのである。

【画像ギャラリー】誰もが納得するベンツクオリティを「Aクラス」でも実現!そのすごさを紐解こう!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します