サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 歴代シビックを一堂に展示。ホンダコレクションホールで「CIVIC WORLD」展を2021年5月31日まで開催

ここから本文です

歴代シビックを一堂に展示。ホンダコレクションホールで「CIVIC WORLD」展を2021年5月31日まで開催

栃木県芳賀郡のツインリンクもてぎ敷地内にあるホンダコレクションホールで、企画展「CIVIC WORLD」が2021年5月31日まで開催されている。1972年の初代シビックが登場してから2022年で50周年を迎えるにあたってのイベントで、ここでは歴代シビックの進化と歴史の一端を見ることができる。世界170カ国以上で累計販売台数2600万台以上(2019年時点)を誇るシビック。その展示の様子の一部をお届けしよう。

初代 シビック 1972年7月(昭和47年)
ワールドワイドのベーシックカーを目指し、FF/2ボックスという新しい乗用車の市場を開拓した初代シビック。1973年にはアメリカの大気汚染防止法、通称「マスキー法」を世界で最初にクリアした低公害CVCCエンジンを搭載したモデルも追加。最終的には全車をCVCC化した。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

エンジン:1.2~1.5L直4 SOHC
販売価格:42万5000円~97万1000円(当時)

初代シビックのインテリアを360度パノラマ画像でご覧ください

初代シビック 「CIVIC WORLD」ホンダコレクションホール - Spherical Image - RICOH THETA

2代目 シビック 1979年7月(昭和54年)
初代シビックの後を受け、経済性や居住性、操作性、静粛性をさらに向上させている。写真の3ドアハッチバックのほか、4ドアセダンや5ドアステーションワゴンも追加してバリエーションを拡大したモデルでもある。通称、スーパーシビック。

エンジン:1.3~1.5L直4 CVCC-II
販売価格:72万1000円~119万4000円(当時)

2代目シビックのインテリアを360度パノラマ画像でご覧ください

2代目シビック 「CIVIC WORLD」ホンダコレクションホール - Spherical Image - RICOH THETA

3代目 シビック 1983年9月(昭和58年)
走りを重視した3ドアモデル、広さの4ドアセダン、スペースユーティリティを追求した5ドアの3バリエーションを展開し、デザインやメカニズムを大きく刷新したモデル。愛称はワンダーシビック。

エンジン:1.3~1.5L直4 CVCC、1.6L直4 DOHC
販売価格:79万8000円~154万4000円(当時)

3代目シビックのインテリアを360度パノラマ画像でご覧ください

3代目シビック 「CIVIC WORLD」ホンダコレクションホール - Spherical Image - RICOH THETA

4代目 シビック 1987年9月(昭和62年)
ワイド&ローなプロポーションにハイパー16バルブエンジン、四輪ダブルウィッシュボーンサスペンションを採用し、高度なメカニズムが投入された4代目。1989年にはVTECエンジン搭載モデルも登場した。愛称はグランドシビック。

エンジン:1.3~1.5L直4、1.6L直4 DOHC、1.6L直4 DOHC VTEC
販売価格:86万円~190万4000円(当時)

4代目シビックのインテリアを360度パノラマ画像でご覧ください

4代目シビック 「CIVIC WORLD」ホンダコレクションホール - Spherical Image - RICOH THETA

5代目 シビック 1991年9月(平成3年)
ワールドベーシックカーのあるべき姿を見直し開発された5代目シビック。若者をターゲットにワンルーム&ツインゲートをテーマとして開発された。3ドアに加え、4ドアのシビックフェリオをラインナップ。愛称はスポーツシビック。

エンジン:1.3~1.6L直4、1.5L直4 VTEC-E、1.5L直4 VTEC、1.6L直4 DOHC、1.6L直4 DOHC VTEC
販売価格:91万8000円~182万8000円(当時)

6代目 シビック 1995年9月(平成7年)
身近な高性能、機能的で高質なスタイリング、高い完成度、安全・環境・資源を開発テーマに、既存の「大衆車」という概念を超え、グローバルな視点から時代の要請に応えるクルマを目指し開発された。シビック初となるタイプRが追加された。愛称はミラクルシビック。

エンジン:1.3~1.6L直4、1.5L直4 3ステージVTEC、1.6L直4 DOHC VTEC、1.6L直4 天然ガスエンジン
販売価格:85万1000円~205万8000円(当時)

7代目 シビック 2000年9月(平成12年)
世界の市民のクルマという原点に立ち返り、MM(マン・マキシマム、メカ・ミニマム)思想をさらに進化させ、「スマートコンパクト」をコンセプトに開発されたクルマ。シビック初のハイブリッドやイギリス生産のタイプRがラインアップされた。愛称はスマートシビック。

エンジン:1.3L直4 i-DSI気筒休止VTEC+IMA、1.5L直4、1.5~1.7L直4 VTEC、1.5L直4 リーンバーン VTEC、2.0L直4 DOHC VTEC、1.7L 直4 天然ガスエンジン
販売価格:126万8000円~220万円(当時)

8代目 シビック 2005年9月(平成17年)
世界基準のグローバルモデルとして、3ナンバー化され、ベーシックカーとしての役割をフィットへ継承する。日米は4ドアセダン、欧州はハッチバックと分けられた。シビック初の4ドアのタイプR、イギリス生産のタイプRユーロも輸入販売された。

エンジン:1.3L直4 3ステージi-VTEC+IMA、1.8L直4 i-VTEC、2.0L直4 DOHC i-VTEC
販売価格:179万円~285万7000円(当時)

9代目 シビック 2011年9月(平成23年)北米での発売
北米を中心にセダンとクーペ、欧州を中心にハッチバックを販売したモデル。日本では2015年に操る喜びを追求した、新開発2.0L VTEC TURBOエンジンを初搭載したイギリス生産の「タイプR」が750台限定で販売された。

エンジン:2.0L直4 DOHC VTEC TURBO、(海外向け:1.4~2.4L 直4、1.5L 直4+IMA、1.6L&2.2L直4ディーゼル)
販売価格:396万2000円(当時)

10代目 シビック 2017年9月(平成29年)
ロー&ワイドフォルムにVTEC TURBO、Cセグメントトップクラスの操る喜びの提供を目指し開発された現行シビック。ハッチバック、セダン、TYPE Rの3タイプが用意された。タイプRはベース車のチューンはなく、ゼロから開発されことによりスポーツ性能が大幅に向上された。

エンジン:1.5L直4 VTEC TURBO、2.0L直4 DOHC VTEC TURBO
販売価格:259万3000円~416万7000円(発売当時)

ホンダ コレクションホール 概要
[ アルバム : CIVIC WORLD企画展(ホンダコレクションホール) はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します