サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1億円のセナが買えない人にサーキットで乗ってほしい──マクラーレンの新型“ロングテール”600LTに試乗

ここから本文です
LTの2文字はマクラーレン・ファンにとって特別な意味を持つ。そのルーツは1997年に誕生した“F1 GTR ロングテール”にまで遡る。この年、プロトタイプカーまがいのGTカーでFIA GT選手権に挑むポルシェとメルセデスに対抗するため、マクラーレンはF1ロードカーのテールをおよそ500mm延長してエアロダイナミクスを飛躍的に向上させたレーシングカーを投入した。以来、ロングテールの頭文字であるLTは、ボディの延長によって空力特性を改善するとともに、軽量化やエンジンのチューニングでハイパフォーマンス化を図った特別なモデルを意味するようになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ