サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 復活せまるロータリー。マツダの戦略や新機構の名前から何に積まれ、どんなエンジンになるのか予想

ここから本文です

<EV航続距離を伸ばすのか? バッテリーを減らして安くするのか?>

マツダのシンボルともいえるロータリーエンジン(RE)が2022年に復活する、というのは既定路線。ファンならご存知のように「MX-30」のバリエーションとしてREを発電機として使うシステムを2022年に発売する予定です。

>>MX-30 EVモデルのユーザーの評価を見てみる

そのシステムは「REマルチ電動化技術」の一環として開発されるものということも明らかになっていますし、商標登録からこのREマルチ電動化技術を「e-SKYACTIV R」シリーズと呼称されることも、ほぼ確定情報として広まっているようです。

おすすめのニュース

サイトトップへ