現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マクラーレンの創立60周年を祝う「750S」ベースの特別仕様車が登場

ここから本文です

マクラーレンの創立60周年を祝う「750S」ベースの特別仕様車が登場

掲載 1
マクラーレンの創立60周年を祝う「750S」ベースの特別仕様車が登場

 英国マクラーレン・オートモーティブは2023年11月11日(現地時間)、自社の創立60周年を記念する特別仕様車の「3-7-59」を、アメリカのソノマ・レースウェイで開催されたラグジュアリーモータースポーツの祭典「ヴェロシティ・インターナショナル」で発表した。

 750ps/800Nmを発生するM840T型3994cc・V型8気筒DOHCツインターボエンジンを搭載した新世代スーパースポーツの「750S」をベースに、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)がペイントワークとカスタマイズを手がけた「3-7-59」は、そのネーミングが車両のキャラクターを物語る。「3」は1974年のインディ500を制したジョニー・ラザフォード選手のM16Dのカーナンバー、「7」は1984年のF1モナコGPで優勝したアラン・プロスト選手のマクラーレンMP4/2のカーナンバー、そして「59」は1995年のル・マン24時間レースで勝利を飾ったヤニック・ダルマス/関谷正徳/JJ・レート選手組のマクラーレンF1 GTRのカーナンバーに由来。世界3大レースの制覇、すなわちトリプルクラウンを達成したマクラーレン車の栄光を、現行の旗艦スポーツカーである750Sの内外装をベースに表現したわけだ。

マクラーレンの新世代スーパースポーツ「750S」がジャパンプレミア

 エクステリアは、3つのトリプルクラウンレースとマクラーレンのチャンピオンカーに因んだ20種類以上のペイントカラーを効果的に、かつ強いインパクトを持たせて融合。合わせて、3つのレースとそれを制したマシンの詳細をイラスト化し、鮮やかなコラージュで組み合わせる。具体的には、フロント部にマクラーレンMP4/2の白と赤のカラーリングをあしらい、レースナンバーの「7」をボンネットに設置。また、サイド部はマクラーレンF1 GTRをオマージュしたグレーのカラースキームと「59」のレースナンバー、そしてGT1クラスへの参戦を表すグリーンのドットを入れる。そしてリア部は、M16Dのボディカラーであるオレンジをメインに配し、合わせてレースマシンと同イメージのブルーカラーの「3」を刻印した。細部にも徹底してこだわり、M16DのオレンジのペイントがF1 GTRのグレーのスキームへと変化するチェッカーフラッグの渦巻きのようなエフェクトや、ボディ全体に散りばめたベクタープロセスを使用して作成したブルーのスプラッシュ、ブルー/レッド/ル・マン・ゴールドの3色で交互に彩ったブレーキキャリパー、サテンブラックで塗装した超軽量ボルテックス・アロイホイール、特定の光と角度で反射した「3-7-59」モチーフがヘッドライトマウント内のLEDランニングライトを収容する専用ブラケットなど、特別なアイテムを随所に採用する。マクラーレンが独自に開発した金メッキ技術を使用し、緑青仕上げのシルバーペイントで彩ったトリプルクラウンロゴを両側ドアの下部に配したことも、「3-7-59」の見逃せないポイントだ。ちなみに、ペイントには1200時間以上を費やしたという。

 トリプルクラウンのロゴはインテリアにも配され、カーボンファイバー骨格レーシングシートのヘッドレストにはマクラーレンオレンジのステッチで、センターアームレストにはデボス加工でトリプルクラウンロゴを刻印。また、グラファイト・アルカンターラのシート表皮にはトリプルクラウンのアートワークを施し、合わせてホワイトのコントラストステッチを配備する。さらに、シートと同じアートワークで描いたカーボンファイバー製ドアトリムや、ステアリングホイールのリムに配した12時のマーク、マクラーレンMP4/2のノーズを飾った赤と白の“シャタード”ペイントに着想を得たハンドペイントのカーボンファイバー製シフトパドルなどを特別装備。加えて、エクステリアのペイントディテールの一部と同じレーザーエッチングのアートワークを施し、同時にセラミックコーティングやホワイト、ブラック、オレンジのトリプルクラウンスターで仕上げたペダルやカーボンファイバー製ドアシルを装着した。ドアシルの前部に配した“McLaren 3759 SURREY.ENGLAND”と刻むデディケーションプラークも、スペシャル感を強調する逸品である。

 もう1点、MSOの技術者はインタラクティブな新機能を内外装に採用する。マクラーレンがトリプルクラウンイベントで勝利を収めた年やマクラーレンのロゴの進化などを“イースターエッグ”のように隠した、3つのQRコードを配したのだ。それぞれを読み取ると、トリプルクラウンを果たした車両の詳細などを説明するWebページへとリンクする仕組みである。

 なお、「3-7-59」は6台限定で生産する予定だが、すでに完売済だという。

こんな記事も読まれています

ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
レスポンス
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
くるまのニュース
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
グーネット
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
AUTOSPORT web
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
driver@web
標的は愛車?! ライフル型高圧洗浄機がクラファンで販売開始
標的は愛車?! ライフル型高圧洗浄機がクラファンで販売開始
レスポンス
ホンダ「ベンリイ」のルーツは1950年代!? 125ccでも免許不要で乗れる「便利」なバイクだった
ホンダ「ベンリイ」のルーツは1950年代!? 125ccでも免許不要で乗れる「便利」なバイクだった
バイクのニュース
【北京モーターショー2024】日産 中国市場向けのNEVに位置付けられるコンセプトカーを複数出展
【北京モーターショー2024】日産 中国市場向けのNEVに位置付けられるコンセプトカーを複数出展
Auto Prove
F1マシン、かくあるべし。空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイが語る理想と現実|インタビュー
F1マシン、かくあるべし。空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイが語る理想と現実|インタビュー
motorsport.com 日本版
RBコラム:幸運にも恵まれ、鈴鹿で大きな意味を持つ10位入賞。エンジニアリングの課題を解決すべく組織改革も進む
RBコラム:幸運にも恵まれ、鈴鹿で大きな意味を持つ10位入賞。エンジニアリングの課題を解決すべく組織改革も進む
AUTOSPORT web
めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場! もはや「スーパーカー」!? 突き出し顔&斬新マフラーの“クセ強”1BOXバンがカッコ良すぎた!
めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場! もはや「スーパーカー」!? 突き出し顔&斬新マフラーの“クセ強”1BOXバンがカッコ良すぎた!
くるまのニュース
「チッピング」「テアー」「ピンチカット」の意味わかる? タイヤはナマモノ、キズだけでなく賞味期限で交換しましょう
「チッピング」「テアー」「ピンチカット」の意味わかる? タイヤはナマモノ、キズだけでなく賞味期限で交換しましょう
Auto Messe Web
時間貸駐車場を選ぶ時に重視する条件TOP3、3位広さ、2位目的地までの距離、1位は?
時間貸駐車場を選ぶ時に重視する条件TOP3、3位広さ、2位目的地までの距離、1位は?
@DIME
テスラ・モデルYはナゼ“地球上で最も売れた”のか?乗って分かる満足感の正体
テスラ・モデルYはナゼ“地球上で最も売れた”のか?乗って分かる満足感の正体
グーネット
ヒョンデ、高性能EV「アイオニック5N」でパイクスピーク参戦 クラス新記録目指す
ヒョンデ、高性能EV「アイオニック5N」でパイクスピーク参戦 クラス新記録目指す
日刊自動車新聞
ランボルギーニ ウラカンの最終モデル「ウラカン STJ」が登場。限定台数は10台!
ランボルギーニ ウラカンの最終モデル「ウラカン STJ」が登場。限定台数は10台!
Webモーターマガジン
ダムドが『ジムニー/ジムニーシエラ』専用の全周オールウッドステアリングを販売、抽選の受付を開始
ダムドが『ジムニー/ジムニーシエラ』専用の全周オールウッドステアリングを販売、抽選の受付を開始
レスポンス
日本でモータースポーツを文化に……デロイト トーマツが関与を深める理由「日本経済のために必要なこと」
日本でモータースポーツを文化に……デロイト トーマツが関与を深める理由「日本経済のために必要なこと」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

83.0142.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.834.8万円

中古車を検索
ロゴの車買取相場を調べる

ホンダ ロゴの中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

83.0142.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.834.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村