サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【マツダの旗艦 次期型は2022年!! どうなる…!?】絶不調マツダ6に挽回策はあるか?

ここから本文です

 マツダアテンザ改め、マツダ6の販売が伸び悩んでいる。2019年7月4日のマイナーチェンジを期にアテンザから「マツダ6」に車名変更したが、販売台数は不振のままだ。

 マツダ6に車名変更以降の販売台数は、2019年7月669台、8月589台、9月639台、10月248台、11月242台、12月184台、2020年1月207台、1月299台と、平均販売台数は約385台とアテンザの時とほとんど変わらない。

【納期延長 値引き拡大!! 現場大混乱!!!!】新型コロナウイルスが新車販売を直撃中!!

 直近の2020年2月のデータを見ると、マツダ6のセダンが159台、ワゴンが140台。

おすすめのニュース

サイトトップへ