サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あまりに良くでき過ぎていているとツマラナイ?

ここから本文です

専門家がこぞって激賞する、現代に蘇ったコンパクトなリアミドシップのアルピーヌA110。良くできたスポーツカーだが好物ではない、と感じていた筆者が改めて乗ってみたくなったのは、そのカラーコーディネーションがきっかけだった。

作り手の熱量が“復活”の原動力

伝説のLTを継ぐ、クールな高性能

“郷愁”(ノスタルジー)がなぜ、自動車デザインの重要なテーマになっているのだろうか。おそらく古今東西に数多のブランドが成立し、そのブランドというものが少なからず自らのヘリテージ性によって他者との差別化を計ってきたからだと思う。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン