サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 池袋暴走事故、なぜ求刑は「懲役」ではなく「禁錮」だったのか?

ここから本文です

懲役よりも禁錮のほうがワンランク軽い

「池袋暴走、90歳の飯塚幸三被告に禁錮7年求刑…検察側」と7月15日、読売新聞が報じた。記事の本文はこうだ。

警官「携帯で通話、見たぞ違反だ!」運転者「耳かいてました」で処分取り消し。レアな”逆転裁判”はなぜ起きた

◇◇◇引用始まり◇◇◇
 東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走して母子2人が死亡、通行人ら9人が重軽傷を負った事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)で在宅起訴された旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(90)の公判が15日、東京地裁であり、検察側は禁錮7年を求刑した。弁護側は無罪を求めて結審し、下津健司裁判長は判決を9月2日に指定した。

おすすめのニュース

サイトトップへ