現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMWの走りが味わえる希少な3列シートコンパクト「BMW 2シリーズ グランツアラー」【最新ミニバン車種別解説】

ここから本文です

BMWの走りが味わえる希少な3列シートコンパクト「BMW 2シリーズ グランツアラー」【最新ミニバン車種別解説】

掲載 21
BMWの走りが味わえる希少な3列シートコンパクト「BMW 2シリーズ グランツアラー」【最新ミニバン車種別解説】

充実の積載容量と直進安定性 BMWらしい操舵感覚も好感

BMWには、車内の広いコンパクトな車種として、2シリーズのアクティブツアラーとグランツアラーがある。グランツアラーは全長が4585mm、ホイールベースも2780mmと長く、3列のシートを装備する。 駆動方式はFFと4WDで、プラットフォームは基本的にBMW MIN Iと共通だ。

抜群の居住性とe-POWERが人気の日産セレナ、Mクラスミニバンの大定番!【最新ミニバン車種別解説】

エクステリア

FFと4WDを用意するが、全高はどちらも同じ1640mm。17インチのアルミホイールは全グレードに標準装備で、意匠も共通だ。2列仕様の2シリーズアクティブツアラーと比較すると全長で210mm、ホイールベースで110mmほど長くなっているが、スタイリングに間延びした印象がないのは、さすがといったところだろうか。見てのとおり、ドア開口角には国産ミニバン的な配慮は感じないが、全長は小型車サイズで、ステアリングの切れ角も十分にあるので市街地では扱いやすい。居住空間は、1列目と2列目のシートは広くて快適。座り心地はBMWらしく、腰から大腿部を確実に支える。走行中の着座姿勢が乱れにくく、ドライバーも正確に運転できる。 長距離を移動するときも快適だ。

乗降性

1列目2列目3列目1列目の乗降性は言うまでもなく、ヒンジドアの2列目シートは座面も低めで、乗り降りしやすい。3列目の乗降用ステップは用意されているが、2列目の背もたれを倒すだけのためアクロバティックな乗降となる。3列目は全高が1700mm以下のワゴン的なミニバンとあって狭い。 床と座面の間隔が不足して、大人が3列目に座ると膝がもち上がる。2列目を後端に寄せた状態では、大人は3列目に座れない。2列目の膝先空間を握りコブシひとつ弱まで詰める必要が生じる。つまり3列目は補助席に近いが、 短い距離を稀に多人数で移動する用途では、全高が1800mmを超えるミニバンの3列目は過剰な機能になってしまう。その点で全長を4600mm以下に抑えた運転しやすい2シリーズグランツアラーは、合理的な3列シート車と言えるだろう。

インストルメントパネル

8.8インチワイドディスプレイやヘッドアップディスプレイも用意するなど先進的なユーザーインターフェースとする一方、オーソドックスな指針式メーターで視認性を高める。そして3列目の背もたれを前側に倒すと、ワゴンと同程度の床面積が広がる。グランツアラーは全高が1640mmだから、荷室高にも余裕があって積載容量も大きい。多人数乗車ではなく、荷物の収納を目的に、 グランツアラーを選ぶこともできる。

居住性

3列目2列目1列目BMWとしては小ぶりな印象のフロントシートだが、それが乗降性の良さにつながっている。ホールド性は十分で、左右とも電動調整式となり、 ポジションが合わせやすいのも美点だ。2列目シートの座面は短めだが、頭上や膝まわりに余裕がある。3列目シートも前後長は十分に確保されている。ただし、床が近いため大人は足を曲げて乗ることになるだろう。エンジンには1.5l直列3気筒ソリンターボと、2.0l直列4 気筒ディーゼルターボを用意。後者は頻繁に使う2000~3000rpm付近の駆動力に余裕があり、街なかでの加速であれば、アクセルペダルを軽く踏む程度で済む。以前のBMWのディーゼルに比べてノイズ が小さく、4000rpmを上まわる領域まで滑らかに吹け上がる。ガソリン車のユーザーが乗り替えても、 違和感は生じないだろう。そしてグランツアラーで最も注目されるのが走行安定性だ。ボディを入念につくり込み、全高は1700mm以下でホイールベースは長く、高速道路では直進安定性に優れている。 3列シート車でありながら、トンネルを抜けた直後に強い風雨に見舞われても挙動が不安定になりにくい。 峠道では下り坂のカーブでも後輪の接地性が優れ、危険を避ける操作も安心して行なえる。軽快感もあり、 ミニバンというよりハッチバックの走りに近い。運転も楽しめる。

うれしい装備

左右分割の3列目シートはラゲッジ側からレバー操作で、前に倒すことで格納できる。作業時にシートの重さを感じるが、 ワンアクションでピタリと床下に収まる様は見事だ。シートの存在を忘れるほどフラットな荷室がうれしい。2列目シート中央には大きめのドリンクホルダー付きアームレストが用意される。普段は展開していることが多くなるだろう。
2列目でも開放感が感じられる大きなパノラマガラスサンルーフを全グレードにオプションとして設定。フロント側は電動でチルト&スライドができる。1列目にもアームレストが標準装備される。 運転席側の方が長く、左右の同時使用でも腕が当たることがないので使いやすい。電動式リヤゲートは、足の動きで開閉するオートマチック・テールゲート・オペレーションとセットでオプション設定。3 列目格納時の利用を前提とした大きめのトノカバーが用意される。3 列目シート使用時には床下にスマートに収納できる。
1列目にもアームレストが標準装備される。 運転席側の方が長く、左右の同時使用でも,腕が当たることがないので使いやすい。電動式リヤゲートは、足の動きで開閉する オートマチック・テールゲート・オペレー ションとセットでオプション設定。3 列目格納時の利用を前提とした大きめのトノカバーが用意される。3 列目シート使用時には床下にスマートに収納できる。月間登録台数   NO DATA現行型発表    15年5月(マイナーチェンジ18年6月)WLTCモード燃費  16.7km/l ※218dグランツアラーLuxury

ラゲッジルーム

3+2列目格納時3列目格納時通常時通常時はハッチバック的なラゲッジスペースで145lしかないが、3列目を床下格納すればフラットな荷室が生まれる。2列目が4対2対4分割となっているのはドイツ車らしいところで、中央を折り畳むことで長尺物の積載にも対応。2列目シートはスライド機能ももつため、アレンジしやすいのもポイントだ。2列目まで格納したときの荷室容積は1820lとなる。乗り心地は40km以下では少し硬く感じるが、速度が上昇すると適度な引き締まり感が生じて快適になる。 足まわりのセッティングでは、国産のミニバンに比べて、速度域を高めに設定している。グランツアラーは、BMWとしては背の高いボディに、前輪駆動のプラットフォームを組み合わせている。 従って運転感覚は後輪駆動の3シリーズや5シリーズとは異なるが、ステアリングホイールを回し始めると、小さな操舵角から車両の向きが正確に変わる。このあたりは後輪駆動のBMWに近い印象だ。特に優れた走行安定性は、大切な家族を乗せるミニバンとして、大きなメリットになっている。

※本稿は、モーターファン別冊ニューモデル速報統括シリーズVol.139「最新ミニバンのすべて」の再録です。掲載データは作成時点での参考情報です。

「2022年 最新ミニバンのすべて」モーターファン別冊 統括シリーズVol.139|最強のクルマバイヤーズガイド【モーターファン別冊 ニューモデル速報】公式サイトモーターファン別冊 統括シリーズ Vol.139「2022年 最新ミニバンのすべて」/2022年1月19日発売。motorfan-newmodel.com

こんな記事も読まれています

RBの今季マシンVCARB01の弱点は”トラフィック”。リカルド「僕とユウキがスタートで順位をキープできれば、違うレースになっていたはず」
RBの今季マシンVCARB01の弱点は”トラフィック”。リカルド「僕とユウキがスタートで順位をキープできれば、違うレースになっていたはず」
motorsport.com 日本版
ポルシェ『カイエン』に「ターボナイト」の内外装が登場…米2025年型
ポルシェ『カイエン』に「ターボナイト」の内外装が登場…米2025年型
レスポンス
DSオートモビル、DS4の特別仕様車を発売 車体色はひなげしをイメージ
DSオートモビル、DS4の特別仕様車を発売 車体色はひなげしをイメージ
日刊自動車新聞
メルセデスAMG「GT43クーペ」欧州で注文開始 後輪駆動の2ドアクーペは421馬力の2リッターエンジン搭載
メルセデスAMG「GT43クーペ」欧州で注文開始 後輪駆動の2ドアクーペは421馬力の2リッターエンジン搭載
VAGUE
全長5.1m! 新型「最上級6人乗りミニバン」発売! “クラス最高峰”の「超豪華リアシート」がスゴい! レクサス「新型LM」のインテリアとは
全長5.1m! 新型「最上級6人乗りミニバン」発売! “クラス最高峰”の「超豪華リアシート」がスゴい! レクサス「新型LM」のインテリアとは
くるまのニュース
新車の慣らし運転は不要!? メーカーとエンジンチューナーとでどうして見解が食い違うのか。長く乗るならやっておいたほうが無難
新車の慣らし運転は不要!? メーカーとエンジンチューナーとでどうして見解が食い違うのか。長く乗るならやっておいたほうが無難
Auto Messe Web
フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」がよりたくましく変身!最高出力20psアップの256psに
フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」がよりたくましく変身!最高出力20psアップの256psに
Webモーターマガジン
ロールスロイスが養蜂活動を強化、「世界ミツバチの日」を祝う 5月20日
ロールスロイスが養蜂活動を強化、「世界ミツバチの日」を祝う 5月20日
レスポンス
鈴鹿8耐の事前エントリー39台確定。トライアウト2ndで出場権を獲得した15チーム発表/2024鈴鹿サンデーロード第2戦
鈴鹿8耐の事前エントリー39台確定。トライアウト2ndで出場権を獲得した15チーム発表/2024鈴鹿サンデーロード第2戦
AUTOSPORT web
アストンF1のアップデート、ドライビングが『難しく』なる副作用? 苦戦週末経てチーム代表認める
アストンF1のアップデート、ドライビングが『難しく』なる副作用? 苦戦週末経てチーム代表認める
motorsport.com 日本版
VW『ゴルフ』改良新型、新PHEVはEVモード143kmに拡大…受注スタート
VW『ゴルフ』改良新型、新PHEVはEVモード143kmに拡大…受注スタート
レスポンス
模擬銃撃戦までやるってミッションインポッシブルかよ!? BMWの要人警護ドライビングレッスンが想像の斜め上すぎる!
模擬銃撃戦までやるってミッションインポッシブルかよ!? BMWの要人警護ドライビングレッスンが想像の斜め上すぎる!
WEB CARTOP
タイF1開催に向け加速? セター首相がエミリア・ロマーニャGP訪問しF1首脳と会談
タイF1開催に向け加速? セター首相がエミリア・ロマーニャGP訪問しF1首脳と会談
motorsport.com 日本版
トヨタ紡織が「FCアシスト自転車」など、カーボンニュートラルに向けた製品・技術を展示へ…くるまのテクノロジー展2024
トヨタ紡織が「FCアシスト自転車」など、カーボンニュートラルに向けた製品・技術を展示へ…くるまのテクノロジー展2024
レスポンス
スーパーGT第3戦鈴鹿のエントリーリスト発表。アールキューズ AMG GT3に小山美姫が登録
スーパーGT第3戦鈴鹿のエントリーリスト発表。アールキューズ AMG GT3に小山美姫が登録
AUTOSPORT web
ビジョン ノイエクラッセは今後のBMWに期待を抱かせるに十分なデザイン! 斬新に見えて伝統も表現されたスタイルをデザインのプロが解説
ビジョン ノイエクラッセは今後のBMWに期待を抱かせるに十分なデザイン! 斬新に見えて伝統も表現されたスタイルをデザインのプロが解説
WEB CARTOP
パイオニア、6月に「楽ナビ」の新機種13モデルを発売 画面サイズは7~9インチ
パイオニア、6月に「楽ナビ」の新機種13モデルを発売 画面サイズは7~9インチ
日刊自動車新聞
マツダ「新型“NE”ロードスター」どんなクルマに!? 直4継続? 俊足な「2シーターオープンカー」の今後とは
マツダ「新型“NE”ロードスター」どんなクルマに!? 直4継続? 俊足な「2シーターオープンカー」の今後とは
くるまのニュース

みんなのコメント

21件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

429.0541.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

62.0348.0万円

中古車を検索
2シリーズ グランツアラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

429.0541.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

62.0348.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村