現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1で2拠点チームを運営するのは難しい? 元トヨタF1のティモ・グロックが語るマシン開発の裏側「最後の最後で日本側からNGが出たりした」

ここから本文です
F1で2拠点チームを運営するのは難しい? 元トヨタF1のティモ・グロックが語るマシン開発の裏側「最後の最後で日本側からNGが出たりした」
写真を全て見る(1枚)

 元F1ドライバーであるティモ・グロックが、同じく元F1ドライバーのデビッド・クルサードと元F1チームオーナーのエディ・ジョーダンによるポッドキャスト番組『Formula For Success』に出演。トヨタなどで活躍した自身のF1キャリアや、母国ドイツの自動車メーカーであるアウディのF1参入などについて語った。

 F1では2026年から、新たな自動車メーカーが参入することになっている。それがアウディだ。彼らは現在のザウバーを引き継ぐ形でワークスチームとしてエントリーし、パワーユニット(PU)も自社で製造することになっている。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ニューウェイ、レッドブル最後の作品”RB17”に集中。それでも「チームの戦略にも少し関わっている」
ニューウェイ、レッドブル最後の作品”RB17”に集中。それでも「チームの戦略にも少し関わっている」
motorsport.com 日本版
ハースF1、トヨタと交渉へ……TGR-Eが持つ風洞やシミュレータの活用が焦点に。なおフェラーリ&ダラーラとの関係は継続
ハースF1、トヨタと交渉へ……TGR-Eが持つ風洞やシミュレータの活用が焦点に。なおフェラーリ&ダラーラとの関係は継続
motorsport.com 日本版
特別インタビュー|「文字通り2シーターのF1マシン」鬼才ニューウェイが語る、レッドブルで最後の“アート作品”RB17
特別インタビュー|「文字通り2シーターのF1マシン」鬼才ニューウェイが語る、レッドブルで最後の“アート作品”RB17
motorsport.com 日本版
ハースF1はなぜ躍進したのか。アップデート成功の裏にあるチームの空気感を小松代表が説明「全員に透明性がある。批判する文化はない」
ハースF1はなぜ躍進したのか。アップデート成功の裏にあるチームの空気感を小松代表が説明「全員に透明性がある。批判する文化はない」
motorsport.com 日本版
ハースのおかげで、アウディと契約できた……ヒュルケンベルグ、移籍の決断は簡単なモノじゃなかった「今年も最後の最後まで100%尽くす」
ハースのおかげで、アウディと契約できた……ヒュルケンベルグ、移籍の決断は簡単なモノじゃなかった「今年も最後の最後まで100%尽くす」
motorsport.com 日本版
元ハースF1代表シュタイナー、新規参戦目指すアンドレッティにアドバイス「既存チームを買え」
元ハースF1代表シュタイナー、新規参戦目指すアンドレッティにアドバイス「既存チームを買え」
motorsport.com 日本版
ザウバー、メルセデスからシニアエンジニアを獲得。アウディF1としての船出を前にマネジメントチームを強化
ザウバー、メルセデスからシニアエンジニアを獲得。アウディF1としての船出を前にマネジメントチームを強化
motorsport.com 日本版
「失敗は許されない」自社製PUをフォードと共に開発するレッドブル、リスク承知の挑戦もホーナー代表は自らにプレッシャーかける
「失敗は許されない」自社製PUをフォードと共に開発するレッドブル、リスク承知の挑戦もホーナー代表は自らにプレッシャーかける
motorsport.com 日本版
レッドブルのPU開発支えるフォード、その関与を日に日に強める。協力するのは電動分野にとどまらず……しかも押し付けがましくない?
レッドブルのPU開発支えるフォード、その関与を日に日に強める。協力するのは電動分野にとどまらず……しかも押し付けがましくない?
motorsport.com 日本版
タイヤ幅が狭くなる2026年のF1マシン。”テスト車両”がない中でも、現行同等のグリップ発揮にピレリ自信「そんなのは毎年一緒……新しいことじゃないよ」
タイヤ幅が狭くなる2026年のF1マシン。”テスト車両”がない中でも、現行同等のグリップ発揮にピレリ自信「そんなのは毎年一緒……新しいことじゃないよ」
motorsport.com 日本版
ハースF1、フェラーリとの技術提携を次世代規則導入後の2028年シーズンまで延長
ハースF1、フェラーリとの技術提携を次世代規則導入後の2028年シーズンまで延長
motorsport.com 日本版
マルコもレッドブル・パワートレインズの2026年型PU開発が“計画通り”であると強調「自社製造は勇敢な決断」
マルコもレッドブル・パワートレインズの2026年型PU開発が“計画通り”であると強調「自社製造は勇敢な決断」
AUTOSPORT web
マクラーレンF1、復活の秘訣はチーム代表だ! CEOが太鼓判も本人は謙遜「トップチームと戦うにはまだ課題が残っている」
マクラーレンF1、復活の秘訣はチーム代表だ! CEOが太鼓判も本人は謙遜「トップチームと戦うにはまだ課題が残っている」
motorsport.com 日本版
レッドブル内紛の影響が出るのはこれから? マクラーレンCEOは「規則が変わる2026年に亀裂が見えてくる」と予想
レッドブル内紛の影響が出るのはこれから? マクラーレンCEOは「規則が変わる2026年に亀裂が見えてくる」と予想
motorsport.com 日本版
アウディF1、26年次世代PU開発の戦略パートナーとしてbpと提携。約2年前から持続可能燃料を共同開発中
アウディF1、26年次世代PU開発の戦略パートナーとしてbpと提携。約2年前から持続可能燃料を共同開発中
motorsport.com 日本版
ピレリ、主にストリート用の”よりソフト”なC6タイヤを開発中。来季導入の可能性も?
ピレリ、主にストリート用の”よりソフト”なC6タイヤを開発中。来季導入の可能性も?
motorsport.com 日本版
フェルスタッペン、レッドブルにさらなるマシンアップデートを要求。空力テスト制限の影響強まるも「それは仕方ないこと」
フェルスタッペン、レッドブルにさらなるマシンアップデートを要求。空力テスト制限の影響強まるも「それは仕方ないこと」
motorsport.com 日本版
フェラーリ、インテルラゴスでの”無力感”を嘆く。言外にBoPへの不満滲ませ「これ以上できることはなかった」
フェラーリ、インテルラゴスでの”無力感”を嘆く。言外にBoPへの不満滲ませ「これ以上できることはなかった」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

8件
  • 加藤茶太郎
    これはホンダがF1に戻った時にも言われて、その通りだったね
    他のメーカーはレースが終わったらすぐにイギリスのファクトリーで問題解析が出来るけど
    ホンダは一度日本のさくらに戻すから時間がかかる
    何事もスピードが大切なのだから
    F1で戦うなら一つの拠点に集中するべきだということ
  • tyc********
    青い目のルールは、書かれていない事は違反にならない。

    グレーは黒では無い。

    お上品にやってたら勝てない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村