現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アクティブエアロを導入するなら……サインツJr.、次世代F1マシンでのアクティブサスペンション復活を希望

ここから本文です
アクティブエアロを導入するなら……サインツJr.、次世代F1マシンでのアクティブサスペンション復活を希望
写真を全て見る(1枚)

 F1は2026年にテクニカルレギュレーション変更を予定しており、先日その概要が公開されたが、不安の声も聞こえてくる。そんな中、フェラーリのカルロス・サインツJr.は、現在のF1では禁止されているアクティブサスペンションを復活させるべきだと考えている。

 2026年のテクニカルレギュレーションはまだ批准されていないものの、パワーユニットとシャシーの規則がおおよそ決まっている。次世代F1マシンはアクティブエアロを特徴とし、電気モーターの出力がアップし内燃エンジンと同等となる。その他にも、マシンの小型・軽量化が目指されている。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

タイヤ幅が狭くなる2026年のF1マシン。”テスト車両”がない中でも、現行同等のグリップ発揮にピレリ自信「そんなのは毎年一緒……新しいことじゃないよ」
タイヤ幅が狭くなる2026年のF1マシン。”テスト車両”がない中でも、現行同等のグリップ発揮にピレリ自信「そんなのは毎年一緒……新しいことじゃないよ」
motorsport.com 日本版
フェラーリ、WEC第5戦サンパウロで499Pにアップデート投入。ブレーキダクトや空力改善
フェラーリ、WEC第5戦サンパウロで499Pにアップデート投入。ブレーキダクトや空力改善
motorsport.com 日本版
F1で培った技術を市販ハイパーカーへ! 鬼才ニューウェイのレッドブル最終作RB17が公開。LMHの安全規則採用
F1で培った技術を市販ハイパーカーへ! 鬼才ニューウェイのレッドブル最終作RB17が公開。LMHの安全規則採用
motorsport.com 日本版
メルセデス、躍進の秘訣は化粧パネルの下にアリ? 「突然データが意味をなすようになった」のは足回り変更のおかげか
メルセデス、躍進の秘訣は化粧パネルの下にアリ? 「突然データが意味をなすようになった」のは足回り変更のおかげか
motorsport.com 日本版
今季大不振のアルピーヌF1。ただし“素材”は揃っていた? 新技術トップは復活に自信「今のところいい感じ」
今季大不振のアルピーヌF1。ただし“素材”は揃っていた? 新技術トップは復活に自信「今のところいい感じ」
motorsport.com 日本版
WECサンパウロ、性能調整でル・マンウイナーのフェラーリが出力引き上げ。重量はトヨタと同じ1060kgに
WECサンパウロ、性能調整でル・マンウイナーのフェラーリが出力引き上げ。重量はトヨタと同じ1060kgに
motorsport.com 日本版
アップデート不発気味のRB、今が正念場? リカルド「シーズンの今後を大きく左右する重要な時期だ」
アップデート不発気味のRB、今が正念場? リカルド「シーズンの今後を大きく左右する重要な時期だ」
motorsport.com 日本版
ハースF1、トヨタと交渉へ……TGR-Eが持つ風洞やシミュレータの活用が焦点に。なおフェラーリ&ダラーラとの関係は継続
ハースF1、トヨタと交渉へ……TGR-Eが持つ風洞やシミュレータの活用が焦点に。なおフェラーリ&ダラーラとの関係は継続
motorsport.com 日本版
耐久レース挑戦が噂されるヒョンデ、実現した場合WRCはどうする? 撤退か参戦継続か……チーム事情から考える
耐久レース挑戦が噂されるヒョンデ、実現した場合WRCはどうする? 撤退か参戦継続か……チーム事情から考える
motorsport.com 日本版
WRC、ヒョンデ撤退を不安視する声もプロモーターは「価値あるチャンピオンシップを作れる自信がある」
WRC、ヒョンデ撤退を不安視する声もプロモーターは「価値あるチャンピオンシップを作れる自信がある」
motorsport.com 日本版
プジョー9X8、信頼性からパフォーマンス向上に開発をスイッチ「今季はまだ4レースある」
プジョー9X8、信頼性からパフォーマンス向上に開発をスイッチ「今季はまだ4レースある」
motorsport.com 日本版
フェラーリ、アップデート不発で”2~3ヵ月”分の開発が無駄? しばらくはフロアの使い分けが必要に
フェラーリ、アップデート不発で”2~3ヵ月”分の開発が無駄? しばらくはフロアの使い分けが必要に
motorsport.com 日本版
フェラーリ、WECタイトル争いに気合十分? ル・マンの勝利がアップデート投入のきっかけに
フェラーリ、WECタイトル争いに気合十分? ル・マンの勝利がアップデート投入のきっかけに
motorsport.com 日本版
PU開発中止で1億ユーロの節約に。カスタマーエンジン使用を検討するルノー/アルピーヌのパートナー候補にホンダ
PU開発中止で1億ユーロの節約に。カスタマーエンジン使用を検討するルノー/アルピーヌのパートナー候補にホンダ
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、レッドブルにさらなるマシンアップデートを要求。空力テスト制限の影響強まるも「それは仕方ないこと」
フェルスタッペン、レッドブルにさらなるマシンアップデートを要求。空力テスト制限の影響強まるも「それは仕方ないこと」
motorsport.com 日本版
フェラーリ499P、初のアップデートをサンパウロで“前倒し”投入へ「タイム向上は期待していない」
フェラーリ499P、初のアップデートをサンパウロで“前倒し”投入へ「タイム向上は期待していない」
AUTOSPORT web
「ザク・ブラウンって誰?笑」フェルスタッペン、マクラーレンCEOのF1取り締まり強化提案にどこ吹く風
「ザク・ブラウンって誰?笑」フェルスタッペン、マクラーレンCEOのF1取り締まり強化提案にどこ吹く風
motorsport.com 日本版
インディカー新時代最初の一歩は大成功? ハイブリッド化で追い抜き増えず、トラブル発生も「これから良くなる」
インディカー新時代最初の一歩は大成功? ハイブリッド化で追い抜き増えず、トラブル発生も「これから良くなる」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

3件
  • wat********
    サインツw
    アクティブサスには用途が幾つもあり、当然それによって全く意味がかわる
    乗り心地と 速さでは、機能が全く違う
    乗り心地のためなら、 ギャップを車輪が受け流し 車体を水平にキープするが
    速さのためだと、 ベストなエアロバランスをキープするために 路面のアンジュレーションやバンプ ギャップに対し、乗り手の事は無視した 動きになる
    詰まり路面が凸凹でも弾かれない様に 同じ凸凹にライドハイトをキープし、エアロを安定させる
    弾かれないから 着地の衝撃も理論上無くなり、一見乗り心地が良くなると思うが マシンは凸凹と同じ動きをする、マンセルは 辛いと言っていたなぁw
  • 通SUN
    グランドエフェクトカーならば車高を一定に保った方がダウンフォースが働くのでサインツの意見はごもっとも
    可変ウイングはやめてアクティブサスだけにしてもらいたいくらいですが
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村