現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 第3世代の新型ポルシェ・パナメーラが日本での予約受注をスタート

ここから本文です

第3世代の新型ポルシェ・パナメーラが日本での予約受注をスタート

掲載 3
第3世代の新型ポルシェ・パナメーラが日本での予約受注をスタート

 ポルシェ ジャパンは2023年11月24日、全面改良した旗艦スポーツサルーンの新型パナメーラを発表し、同日より予約受注を開始した。

車両価格は以下の通り。

ポルシェがターボモデル専用の新メタリックカラー「ターボナイト」を発表

パナメーラ:1424万円

パナメーラ4:1479万円

なお、高性能バージョンのパナメーラ ターボE-ハイブリッドも導入予定で、詳細については後日発表するという。

 今回の全面改良で第3世代に移行する新型パナメーラは、内外装デザインの刷新や機能装備のアップデート、パワートレインの改良などを図って、スポーツサルーンとしての訴求力をいっそう高めたことが特徴である。

 まずエクステリアは、ハッチゲートを備えた流線形の4ドアサルーンのスタイリングを踏襲したうえで、フロントオーバーハングの短縮およびリアオーバーハングの延長や、前後ランプのデザイン変更、フロントのナンバープレート上部へのエアインテークの追加、サイドビューのウィンドウラインの一新、リアウィンドウ外縁のボディ輪郭との面一化などを実施して、より表情豊かでスポーティなルックスを創出。また、マトリックスLEDヘッドライトを標準で、左右で6万4000ピクセル超のHDマトリックスLEDヘッドライトをオプションで採用する。ボディサイズは従来比で3mmほど長く、それ以外は同寸の全長5052×全幅1937×全高1423mm/ホイールベース2950mmに設定した。

 インテリアについては、水平基調のダッシュボードおよびドアパネル上端を配したうえで、運転に必要な操作系をドライバーの軸線上に配置。セレクターレバーはセンターコンソールからステアリングホイール左側へ移設するなど、センターコンソールまわりの機械式スイッチを大幅に削減して、機能性に富むすっきりとしたコクピットを実現する。また、様々な表示形式を選択できる12.6インチ曲面ディスプレイのデジタルメーターパネルやセンターディスプレイ、15Wのワイヤレス充電といった先進機能を採用。オプションとして、インフォテインメントシステムの操作やビデオストリーミングにも対応した助手席側10.9インチタッチスクリーンディスプレイを設定した。また、コネクティッド機能の面ではスマートフォンと車両の連携強化を図り、合わせて操作性の改善なども実施している。

 シートに関しては、前席にコンフォートシート(8Way電動調整)を標準で、アダプティブスポーツシート(18Way電動調整)をオプションで採用。一方、後席はセパレートタイプの2座席タイプを標準で配備し、中央に追加席を設ける4+1仕様をオプションで用意する。シート表皮はパーシャルレザーを標準で採用したほか、レザーフリーやスムーズレザー、グラブレザーなどを選択可能とした。

 パワートレインに関しては、パナメーラとパナメーラ4ともに従来の改良版で、ブースト圧や燃料噴射流量、点火時期の変更などを図った2894cc・V型6気筒DOHCツインターボエンジンを搭載。最高出力は従来比23psアップの353ps/5400~6700rpm、最大トルクは同50Nmアップの500Nm/1900~4800rpmを発生する。トランスミッションには最新の8速PDKを組み合わせ、駆動方式はパナメーラが後輪駆動(FR)、パナメーラ4が全輪駆動(AWD)で構成。性能面では、パナメーラが0→100km加速5.1秒(スポーツクロノパッケージ装着時)、最高速度272km/hを、パナメーラ4が0→100km加速4.8秒(スポーツクロノパッケージ装着時)、最高速度270km/hを実現した。なお、遅れて導入予定のターボE-ハイブリッドは、3996cc・V型8気筒DOHC直噴ツインターボエンジンに最高出力140kW/最大トルク450Nmを発生する電気モーターを組み合わせてシステム総出力680ps(500kW)/システム最大トルク930Nmを発揮するパワーユニットに、専用セッティングの8速PDK、そして総電力量25.9kWhのリチウムイオンバッテリーでシステムを構成するプラグインハイブリッドを採用。独立したEモーターハウジングを廃止することで約5 kgの軽量化を果たし、またトランスミッションのオイル回路にユニットを組み込むことで電動ユニットのヒートバランスを最適化する。性能面では、0→100km加速3.2秒、最高速度315km/hを誇り、WLTP複合サイクルでは91kmのEV走行を実現。合わせて、新しい11kWの車載AC充電器を搭載した。

 シャシー面の進化も見逃せない。足回りには、2チャンバーおよび2バルブ技術のフルロードベアリングエアスプリングストラットを採用したポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)付きのアダプティブエアサスペンションを採用。快適な乗り心地とスポーティなハンドリングを、より高次元で両立させる。また、低速走行時は最小回転半径が小さくなって敏捷性が向上し、一方で高速走行時には走行安定性が高まるリアアクスルステアリングをオプションで設定した。

こんな記事も読まれています

クルマの雑学面白すぎ 意外な意味が潜む自動車メーカー[ロゴ]の由来とは
クルマの雑学面白すぎ 意外な意味が潜む自動車メーカー[ロゴ]の由来とは
ベストカーWeb
えええ、今は無きミニカがスゲー……1人乗り仕様あったってマジか!! エアコンすらなしの男前グレード!! もしや積載性能最強だったんじゃないか説
えええ、今は無きミニカがスゲー……1人乗り仕様あったってマジか!! エアコンすらなしの男前グレード!! もしや積載性能最強だったんじゃないか説
ベストカーWeb
「お、パイザー♡」いやー今じゃ絶対NGよ!! そして絶対言いたいだけ!! パイザーのCMが攻めすぎてたの覚えてる?
「お、パイザー♡」いやー今じゃ絶対NGよ!! そして絶対言いたいだけ!! パイザーのCMが攻めすぎてたの覚えてる?
ベストカーWeb
日向坂46 富田鈴花さん初登場!! 日向の似合うクルマとアイドル!
日向坂46 富田鈴花さん初登場!! 日向の似合うクルマとアイドル!
ベストカーWeb
発売秒読み! CX-80は人気の3列シート車になれるか? マツダの3列シート車の歴史を3分で振り返る!
発売秒読み! CX-80は人気の3列シート車になれるか? マツダの3列シート車の歴史を3分で振り返る!
ベストカーWeb
ふたりの偉業達成に、影薄まるドゥカティ勢。ドルナ買収による今後とレースの健全性/MotoGPの御意見番に聞くアメリカズGP
ふたりの偉業達成に、影薄まるドゥカティ勢。ドルナ買収による今後とレースの健全性/MotoGPの御意見番に聞くアメリカズGP
AUTOSPORT web
ついに出た!新型「ランドクルーザー250」発売!2種類の限定車もラインナップ!
ついに出た!新型「ランドクルーザー250」発売!2種類の限定車もラインナップ!
グーネット
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】異業種合同プロジェクトで生まれたWiLL VS ステルス戦闘機を想わせる超個性派ハッチバック!
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】異業種合同プロジェクトで生まれたWiLL VS ステルス戦闘機を想わせる超個性派ハッチバック!
ベストカーWeb
なんちゃってセレブにヘリコプターで鈴鹿サーキットへ!「2024 F1日本グランプリ」の華やかなパドックをレポートするわよ
なんちゃってセレブにヘリコプターで鈴鹿サーキットへ!「2024 F1日本グランプリ」の華やかなパドックをレポートするわよ
Auto Messe Web
「トヨタとフェラーリは調子を取り戻す」開幕戦表彰台独占のポルシェ、第2戦に向け楽観視はせず
「トヨタとフェラーリは調子を取り戻す」開幕戦表彰台独占のポルシェ、第2戦に向け楽観視はせず
AUTOSPORT web
進化型GRヤリスの外装を採用。トヨタGR、全日本ラリー3連戦の初戦唐津で意義ある6位完走
進化型GRヤリスの外装を採用。トヨタGR、全日本ラリー3連戦の初戦唐津で意義ある6位完走
AUTOSPORT web
アコスタ、史上最年少での連続表彰台獲得「トップ選手たちと戦えて本当に嬉しい」/第3戦アメリカズGP 決勝
アコスタ、史上最年少での連続表彰台獲得「トップ選手たちと戦えて本当に嬉しい」/第3戦アメリカズGP 決勝
AUTOSPORT web
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
AUTOCAR JAPAN
車高調に交換しても純正ダンパーは捨てちゃダメ! 加工してオーダーメイドのサスペンションに生まれ変わる「K-one DAMPERリプレイス」とは
車高調に交換しても純正ダンパーは捨てちゃダメ! 加工してオーダーメイドのサスペンションに生まれ変わる「K-one DAMPERリプレイス」とは
Auto Messe Web
スーパーGT第1戦岡山のZFアワードはGT300優勝のmuta Racing INGINGが受賞
スーパーGT第1戦岡山のZFアワードはGT300優勝のmuta Racing INGINGが受賞
AUTOSPORT web
シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
レスポンス
日本GPでは2台が接触する不運も。今季絶不調のアルピーヌF1、ファミン代表がチームを鼓舞
日本GPでは2台が接触する不運も。今季絶不調のアルピーヌF1、ファミン代表がチームを鼓舞
AUTOSPORT web
再舗装も行われた上海でのスプリントにドライバーらが反対「マシンがトリッキーになることを考えるといい選択ではない」
再舗装も行われた上海でのスプリントにドライバーらが反対「マシンがトリッキーになることを考えるといい選択ではない」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

3件
  • ope********
    デカすぎるんだよなぁ、日本の道路では。
    コンパクト版のパナメーラ出ないかな、、
  • dar********
    買うか?どうか?迷う。買うなら最長84回払いの7年。買うなら地獄の月賦が待っています。迷うわ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1424.01479.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

148.02498.0万円

中古車を検索
パナメーラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1424.01479.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

148.02498.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村