現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバルが巨大SUV新型「アセント」発表! 新デザイン採用の3列モデル! 新旧何が変わった? 米国で刷新

ここから本文です

スバルが巨大SUV新型「アセント」発表! 新デザイン採用の3列モデル! 新旧何が変わった? 米国で刷新

掲載 更新 6
スバルが巨大SUV新型「アセント」発表! 新デザイン採用の3列モデル! 新旧何が変わった? 米国で刷新

■存在感スゴイ! 新型アセントがアメリカで登場!

 スバルの北米法人は、「アセント」2023年モデルを発表し、2022年秋に発売することを明らかにしました。

【画像】デカフォレスター!? 迫力スゴすぎな5m級のスバル新型SUV「アセント」を画像で見る(26枚)

 アセントはスバルが北米で販売するモデルで、南米やアジアなどでは「エヴォルティス」という名称で展開されています。

 3列シートSUVのアセントのボディサイズは全長4998mm×全幅1930mm×全高1819mm、ホイールベースは2890mmとスバル最大。日本ではトヨタ「ランドクルーザー」と同等のサイズ感で大型SUVといえますが、北米では中型に分類されます。

 2018年のデビューから4年が経過し、アセントはデザインを大きく変更しました。従来モデルとの違いはどのようなところにあるのでしょうか。

 新型アセントの大きな特徴はフロントマスクの変更です。従来モデルもコの字のヘッドライトを装着していましたが、新型アセントは最近のスバル車に多く採用されている小ぶりのヘッドライトを搭載。

 さらに、ブラックのフロントグリルは中央のスバルエンブレムから左右に伸びるメッキ加飾(一部グレードはブラック)が追加され、まるで「フォレスター」のようなデザインになりました。

 スバルは「BOLDER」というデザインコンセプトを採用しており、小型のヘッドランプに大きなヘキサゴングリルを組み合わせてたくましいフロントフェイスを実現しており、新型アセントでもこのコンセプトが取り入れられることになります。

 また、フロントバンパーも新形状となり、車両下部の空気の流れを改善するために下端部に新エアダクトを搭載。フォグランプベゼルなども新デザインを採用しました。

 リアも最近のスバル車に共通するコの字のテールランプを採用。従来モデルとはひと味違う、存在感のあるスタイルに進化しています。

■内装も最近のスバル車と共通化!

 新型アセントは内装も刷新。従来モデルはインパネ中央のディスプレイのほかに、上部にマルチファンクションディスプレイを配置する2段構えの画面構成でしたが、新型アセントはタブレットのように操作できる11.6インチ大型マルチメディアプラスシステムに集約。

 先進的なインテリアとスッキリとした視界を実現しました。

 さらに、新しい「キャビンコネクト」が採用され、マイクとスピーカーを通して1列目の乗員と3列目の乗員がコミュニケーションしやすくなっています。

 加えて、駐車時に役立つ、車両を上から見たような映像を映し出すサラウンドビューモニターは新システムが採用され、4つのカメラからの画像を組み合わせてひとつの映像とすることで、駐車中の周囲の状況が把握しやすくなりました。

 安全面では、新型アセントは最新の「アイサイト ドライバー アシスト テクノロジー」を搭載したほか、従来から採用されているデュアルカメラに加えて新たに広角カメラを追加。これまで以上に視野を拡大することで、歩行者や自転車などをより早く認識することが可能になりました。

 なお、パワートレインは従来モデルと同じ、2.4リッター水平対向4気筒ターボエンジンにCVTが組み合わされ、駆動方式は全車AWDです。

※ ※ ※

 2018年3月末に生産終了した「エクシーガ クロスオーバー7」を最後に、国内でスバルの3列シート車は姿を消しています。

 アセントは日本に導入されることはないといわれていますが、3列シートを望むユーザーからのニーズは大いにありそうです。

こんな記事も読まれています

バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
乗りものニュース
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝
AUTOSPORT web
角田、今季最高グリッド獲得でチームへ感謝「クルマにペースがなければ今日のようなアタックはできなかった」/F1第7戦
角田、今季最高グリッド獲得でチームへ感謝「クルマにペースがなければ今日のようなアタックはできなかった」/F1第7戦
AUTOSPORT web
大型トラックは基本雪道に強い……が弱点は急勾配にあった!
大型トラックは基本雪道に強い……が弱点は急勾配にあった!
WEB CARTOP
「高齢者の孤独死」年間6.8万人の衝撃! そうなりたくなければ、「公共交通」にもっと関心を持つべきだ
「高齢者の孤独死」年間6.8万人の衝撃! そうなりたくなければ、「公共交通」にもっと関心を持つべきだ
Merkmal
愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)
愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)
GQ JAPAN
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
グーネット
ノート「AUTECH CROSSOVER」のマイチェンを事前告知。5月29日に発表へ!
ノート「AUTECH CROSSOVER」のマイチェンを事前告知。5月29日に発表へ!
月刊自家用車WEB
911カレラに乗って運転スキルを磨く!ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が新プログラム
911カレラに乗って運転スキルを磨く!ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が新プログラム
グーネット
スバル 「レヴォーグ レイバック」でアイサイトX紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
スバル 「レヴォーグ レイバック」でアイサイトX紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
グーネット
MINI『コンバーチブル』新型、2024年後半に発売…EV設定の可能性も
MINI『コンバーチブル』新型、2024年後半に発売…EV設定の可能性も
レスポンス
これ1台あればすべてが事足りる──新型メルセデス・ベンツE 220d 4MATICオールテレイン試乗記
これ1台あればすべてが事足りる──新型メルセデス・ベンツE 220d 4MATICオールテレイン試乗記
GQ JAPAN
リカルド予選9番手「裕毅より苦労していたが、徐々に改善。集中すべきエリアは分かっている」/F1第7戦
リカルド予選9番手「裕毅より苦労していたが、徐々に改善。集中すべきエリアは分かっている」/F1第7戦
AUTOSPORT web
まるで高速道路を“森林”に!? コンクリに塗れば「CO2をめっちゃ吸収する」魔法の溶剤がスゴイ!
まるで高速道路を“森林”に!? コンクリに塗れば「CO2をめっちゃ吸収する」魔法の溶剤がスゴイ!
乗りものニュース
マクラーレンF1代表、ノリスがイモラで惜敗も勝利には届かなかった?「相手はフェルスタッペンだからね」
マクラーレンF1代表、ノリスがイモラで惜敗も勝利には届かなかった?「相手はフェルスタッペンだからね」
motorsport.com 日本版
トヨタの「新型SUVミニバン」!? 全ドア「スライドドア」&タフ外装採用! 斬新3人乗り仕様もある「クロスバン」の示すものとは
トヨタの「新型SUVミニバン」!? 全ドア「スライドドア」&タフ外装採用! 斬新3人乗り仕様もある「クロスバン」の示すものとは
くるまのニュース
フェルスタッペン前代未聞! F1とシムレースで1日2勝の離れ業。ホーナー代表「彼はまさに”レーシングマシン”だ!」
フェルスタッペン前代未聞! F1とシムレースで1日2勝の離れ業。ホーナー代表「彼はまさに”レーシングマシン”だ!」
motorsport.com 日本版
スマホ音楽を高音質で再生! オーディオテクニカ「AT-HRD100」「AT-HRD300」発売
スマホ音楽を高音質で再生! オーディオテクニカ「AT-HRD100」「AT-HRD300」発売
レスポンス

みんなのコメント

6件

  • 大フォレスター

    ヒッチメンバーをすっきり仕舞えるのは良い。
  • ミドルクラスではあるけど、まだ小さい
    車幅はもっとあっていいし、もう一回り大きくて良い
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.4276.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

45.8218.9万円

中古車を検索
エクシーガ クロスオーバー7の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.4276.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

45.8218.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村