現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人生初のイタリア車は「アルファ ロメオ155」! 丈夫なアメ車からイバラの道(?)を選んだ理由とは

ここから本文です

人生初のイタリア車は「アルファ ロメオ155」! 丈夫なアメ車からイバラの道(?)を選んだ理由とは

掲載 5
人生初のイタリア車は「アルファ ロメオ155」! 丈夫なアメ車からイバラの道(?)を選んだ理由とは

1カ月前にアルファ ロメオ155スーパーを購入したばかり

2023年9月30日に静岡県熱海市の長浜海浜公園 芝生広場で開催された、ACJ熱海HISTORICA(ヒストリカ)G.P.meeting2023(オートモビル・クラブ・ジャパンが主催)。今回は、かつて日本でも好調なセールスを誇ったイタリア車、アルファ ロメオ「155」を1カ月前に買ったばかりというオーナーを紹介しよう。

彼女のアルファ ロメオ「155」は父親譲り。「子どもの頃から家族一緒に乗っていた大好きで大事なクルマ」でした

155を5台も所有するメカニックが身近にいる安心感が背を押した

ここ最近、街中で遭遇する機会がめっきり減ってしまったが、アルファ ロメオが1992年にリリースし、1998年まで販売したスポーツセダンの「155」も、かつては数多くのファンを獲得したイタリア車のひとつだ。

いまでも熱心なファンがさまざまなトラブルと日夜戦いながら155を維持しているが、その過酷な戦線に新たなオーナーが加わることとなった。熱海ヒストリカに参加していた小川将好さん(39歳)がその人で、1995年式の155スーパーを、この日のわずか1カ月前に購入したのだという。

「以前からイタリア車に興味があったのですが、やはり壊れる……というイメージが強くてイケなかったんですよ。それで、いまでも普通に155に乗っている整備屋さんに仲よくしてもらっているので、彼にイタ車方面に行きたいと相談することにしました。この人、155が大好きで、なんと5台も持っているんです。足グルマとして使っているのが1台、サーキット走行用が2台、部品取り用が2台という内訳です」

そんなFFアルファ界の神様のようなスゴイ人のいるショップから155を買ったのかと思いきや、買ったのはまた別のルートだった。

「有名な個人売買情報サイトで探していたら、たまたま、この155スーパーが引っかかったんですよ。ボディ色とスタイルのよさ、そして、スーパーというグレードに魅せられました。整備屋さんとまったく同じクルマであれば大丈夫だろうという思いと、診てくれる主治医がいる安心感でついつい買ってしまいました。以前、クライスラーがダッジブランドで販売していたダコタに乗っていたのですが、そんなに壊れなかったので155スーパーも平気だと思いましたね」

今は子どもの送り迎えと通勤に活躍中

イタ車の比較対象が頑丈なアメ車!? と心配になってしまったので過去の車歴を聞いてみると、旧車は丈夫なドイツ方面で、その他は信頼性が高いMT仕様の国産車であった。

「ビートルの愛称で知られるフォルクスワーゲン タイプ1に乗っていたことがあり、スモールスクウェアウインドウの1964年式と、70年代の1302に乗っていました。その他は、Z33型フェアレディZ、パルサー、アルトワークス、カプチーノ、エスティマ エミーナなどで、全部MT仕様でした」

この車歴を伺って、155スーパーが理不尽かつドラマチックな壊れ方をした際の小川さんのメンタルがさらに心配になってしまったが、購入後1カ月時点での累計走行距離は7万kmで、今後、ところどころクリアが剥げているボディを修理したいそうだ。

現在ほかに、1995年式シボレー「C1500」のMT仕様(2021年購入)および2017年式スズキ「ハスラー」のMT仕様(2022年購入)も愛用しているものの、セダンタイプのクルマで、何かと使いやすい155スーパーを6歳になるお嬢さん&1歳半になる息子さんの送り迎えと通勤に使っているとのことだった。

* * *

熱海のイベント会場で先輩のイタ車オーナーたち(いずれも百戦錬磨)から、ツインスパークよりもパーツの流通量が少しばかり多いV6エンジン仕様の155のほうがまだマシだったのに、みたいなことを言われ、少しばかり動揺していたが、155を5台所有する猛者のいるスペシャルショップの力も借りながら、小川さんはステキな外装色のイタリアンスポーツセダンでの子どもたちの送り迎えをこれからも続けることになるだろう。

こんな記事も読まれています

インディアンの限定車「FTR×RSD Super Hooligan」に見る メーカーとカスタムの世界を繋ぐ意味
インディアンの限定車「FTR×RSD Super Hooligan」に見る メーカーとカスタムの世界を繋ぐ意味
バイクのニュース
ホンダ 新「“充電待ちゼロ”EV」実車公開に反響殺到!? 「斬新バッテリー」搭載&大開口スライドドア! “カクカクデザイン”の商用バン「MEV-VAN」に熱視線
ホンダ 新「“充電待ちゼロ”EV」実車公開に反響殺到!? 「斬新バッテリー」搭載&大開口スライドドア! “カクカクデザイン”の商用バン「MEV-VAN」に熱視線
くるまのニュース
VWの新型SUV、『ティグアンL Pro』を中国で納車開始
VWの新型SUV、『ティグアンL Pro』を中国で納車開始
レスポンス
【試乗】ニュルで仕込んだスポーツタイヤ! グッドイヤーの新モデル「イーグルF1アシンメトリック6」の実力を徹底チェック
【試乗】ニュルで仕込んだスポーツタイヤ! グッドイヤーの新モデル「イーグルF1アシンメトリック6」の実力を徹底チェック
WEB CARTOP
人気も価格も高止まり!!「絶版400cc4気筒ネイキッド」その中でも意外と手が出せるモデル6選
人気も価格も高止まり!!「絶版400cc4気筒ネイキッド」その中でも意外と手が出せるモデル6選
モーサイ
三菱デリカミニとeKスペースがサイバーセキュリティに関わるソフトウェアのプログラムを変更して信頼性を強化
三菱デリカミニとeKスペースがサイバーセキュリティに関わるソフトウェアのプログラムを変更して信頼性を強化
カー・アンド・ドライバー
スズキが軽トラ「キャリイ」題材のゲームを募集 「スプリンギン」用いてコンテスト
スズキが軽トラ「キャリイ」題材のゲームを募集 「スプリンギン」用いてコンテスト
日刊自動車新聞
2024年と2025年にデビューするメルセデスとAMGの限定モデルを含む17台を一挙紹介!
2024年と2025年にデビューするメルセデスとAMGの限定モデルを含む17台を一挙紹介!
AutoBild Japan
阪和道延伸「紀伊半島の最南端」で困難発生中!? 「謎の岩だらけ」で「5倍の時間」必要!? ぐるり一周のハイライト区間「すさみ串本道路」どうなる
阪和道延伸「紀伊半島の最南端」で困難発生中!? 「謎の岩だらけ」で「5倍の時間」必要!? ぐるり一周のハイライト区間「すさみ串本道路」どうなる
くるまのニュース
アウディの市販車最強の925馬力、EV初の「RSパフォーマンス」が『e-tron GT』に登場
アウディの市販車最強の925馬力、EV初の「RSパフォーマンス」が『e-tron GT』に登場
レスポンス
ハッチバックのヤリスを圧倒! 改良されたヤリスクロスに乗ったらバカ売れも当然と思える中身だった
ハッチバックのヤリスを圧倒! 改良されたヤリスクロスに乗ったらバカ売れも当然と思える中身だった
WEB CARTOP
トヨタ高級SUV「ハリアー」なぜ人気? スタイリッシュデザイン×高級内装採用! 2年刷新無くも売れている… 312万円から価格も魅力か
トヨタ高級SUV「ハリアー」なぜ人気? スタイリッシュデザイン×高級内装採用! 2年刷新無くも売れている… 312万円から価格も魅力か
くるまのニュース
カワサキ「Z2」再生 まずは車両の現状を確認 ~日本の至宝「空冷4発」を未来へ継承~
カワサキ「Z2」再生 まずは車両の現状を確認 ~日本の至宝「空冷4発」を未来へ継承~
バイクのニュース
アントレックスがフル電動三輪ビークル『Entre Cargo』発売
アントレックスがフル電動三輪ビークル『Entre Cargo』発売
レスポンス
シボレー ボルトは謎めいた先進的電動化モデルだった【10年ひと昔の新車】
シボレー ボルトは謎めいた先進的電動化モデルだった【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
5月乗用車ランキング、トヨタ・シエンタが2カ月連続首位!乗用車需要は前年比マイナス1.7%ながら、復調傾向に。(SUV・軽自動車を除く販売台数ランキングTOP20・2024年5月)
5月乗用車ランキング、トヨタ・シエンタが2カ月連続首位!乗用車需要は前年比マイナス1.7%ながら、復調傾向に。(SUV・軽自動車を除く販売台数ランキングTOP20・2024年5月)
カー・アンド・ドライバー
ホンダ新型「“すごい”セダン」発表! “最強”ハイブリッド搭載&“3年ぶり”顔面刷新! 待望の「シビック」米に登場
ホンダ新型「“すごい”セダン」発表! “最強”ハイブリッド搭載&“3年ぶり”顔面刷新! 待望の「シビック」米に登場
くるまのニュース
「モータースポーツは会長の道楽じゃないのか?」 トヨタ株主総会でまさかの詰問……豊田章男会長「それを院政というのであれば、院政をやる」の真意とは
「モータースポーツは会長の道楽じゃないのか?」 トヨタ株主総会でまさかの詰問……豊田章男会長「それを院政というのであれば、院政をやる」の真意とは
ベストカーWeb

みんなのコメント

5件
  • 123
    ここ30年程アルファやフィアット乗り継いでます。個人的なイメージとしてはメカニカルな所が壊れる事はあまりない。プラパーツの劣化が鬼門。あとは配線類の不良があるかな。ハーネスなんかも配線の被覆が劣化でボロボロになるのがあるんだけど全部がそうじゃなくハーネス内でもシリコン系の被覆のモノは全然劣化しないとか素材のチョイスが滅茶苦茶なんだよね。そこいらを自分でなんとか出来るなら特に怖い事は無いんだけど、フツーの人はそんな事も出来ないのかな。そういう意味では自分で弄れない人は国産外車限らず新しい車以外手を出しちゃダメって事になるよね。国産旧車だって似たようなもんだから。
  • るいるい
    155の総本山のサイトが閉鎖されて以来155の集まりは少なくなりましたがまだまだ乗っている人が多く距離も40万キロ〜30万キロとメンテナンスしながら走ってる個体もいますね
    各自海外で部品を探さないと部品無いので検索能力の無い方は維持が難しいかもしれないです。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

364.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

60.0440.0万円

中古車を検索
155の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

364.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

60.0440.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村