現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ「ユーノス・ロードスター」 不遇のアウトサイダーが自動車文化の担い手へ

ここから本文です

マツダ「ユーノス・ロードスター」 不遇のアウトサイダーが自動車文化の担い手へ

掲載 更新
マツダ「ユーノス・ロードスター」 不遇のアウトサイダーが自動車文化の担い手へ

「ユーノス・ロードスター」が誕生した時代とは

 累計生産台数100万台を突破し、「世界一売れたふたり乗りスポーツカー」のギネス記録を現在も更新中である、マツダを代表するスポーツカーが「ロードスター」です。世界が認める名車の1台と呼んでもいいでしょう。その初代モデルは1989(平成元)年に「ユーノス・ロードスター」の名称でデビューしました。

ホンダ「モンキー」よりもミニ 公道走れる世界最小バイク、納車は宅配便(写真7枚)

 ところが、その開発初期、マツダ社内が「ユーノス・ロードスター」にかける期待は非常に小さなものでした。今の「ロードスター」の成功は、誰も予想していなかったのです。

 それも当然のことでしょう。1980年代はバブルに向かう好景気時代で、マツダは販売5チャンネルという夢に向かって疾走していました。「マツダ店」「アンフィニ店」「ユーノス店」「オートザム店」「オートラマ店」という5種類の販売チャンネルを構築しようという構想です。そのために、それぞれの販売店用のクルマを開発しなければなりません。数のさばけないスポーツカーの開発よりも、そちらの方が会社としては重要です。

 また、「ユーノス・ロードスター」はスポーツカーでいえば「ライトウェイト2シーターオープンスポーツ」。文字通りに軽くて、小さなふたり乗りのオープンカーで、1960年代の英国で大きく花開いたジャンルです。あまり速くないけれど、小さくて安い。そして「運転すると楽しい!」というのが特徴です。

 ところが、1980年代は「ライトウェイト2シーターオープンスポーツ」にとって冬の時代。クルマの性能が高まるほどに、ユーザは、もっとパワフルに、もっとゴージャスにという傾向が強くなりました。また、オープンカーはクルマが転倒したときに危険というイメージもありました。

生まれは「リバーサイドホテル」

 日本でも1980年代の後半は、高性能スポーツカーの時代。「ユーノス・ロードスター」と同時期にデビューしたのは、当時の自主規制値いっぱいの280馬力を謳う日産「スカイラインGT-R」やホンダの「NSX」でした。そういう時代の空気もあって、「ライトウェイト2シーターオープンスポーツ」は、ほとんど絶滅状態だったのです。

 つまり、忙しくて手が足りないときに、売れそうもないクルマに開発のリソースは回せないというのが、当時のマツダの状況。開発初期「ユーノス・ロードスター」は、社内ではアウトサイダー的な存在だったのです。

 そのため、「ユーノス・ロードスター」の開発初期は人もお金もなくて苦労したといいます。開発チームの居場所もなく、しかたなくて車庫をオフィスに。川沿いだったので開発メンバーは苦笑交じりで「リバーサイドホテル」と呼んでいました。

 しかし、そんな逆境を乗り越えて「ユーノス・ロードスター」は1989年に誕生します。開発陣の熱意のたまものでしょう。その熱意のおかげで、「ユーノス・ロードスター」は素晴らしいクルマとなりました。

 1960年代の名車であるロータス「エラン」を彷彿とさせる、可愛らしいデザイン。それでいて200万円前後という若者も手が届く価格。そして、「ライトウェイト2シーターオープンスポーツ」らしく、あまり速くないけれど、走らせると抜群に楽しかったのです。予約するために徹夜でディーラーにお客が並ぶほどの大ヒットとなりました。

アウトサイダーは「文化の担い手」へ

「ユーノス・ロードスター」のヒットに、マツダ以上に驚いたのがライバルメーカーでしょう。そして、「柳の下にはドジョウがもう一匹いる」とばかりに、いっせいに「ライトウェイト2シーターオープンスポーツ」がリリースされます。

 本場の英国からはMGの「MGF」(1995〈平成7〉年発売)、フィアット(イタリア)からは「バルケッタ」(1995年)、ドイツからはBMWの「Z3」(1996〈平成8〉年)とメルセデスベンツの「SLK」(1996年)、そしてホンダの「S2000」(1999〈平成11〉年)が世に送り出されたのです。絶滅危惧種だった「ライトウェイト2シーターオープンスポーツ」が「ユーノス・ロードスター」の登場で人気ジャンルに復活したのです。

 期待されないアウトサイダーとしてスタートした「ユーノス・ロードスター」は、「ライトウェイト2シーターオープンスポーツ」の文法を踏襲することで、世界的な名車となりました。そして「ロードスター」と名称を変えて2代目、3代目、4代目と世代を重ねながら、今も「ライトウェイト2シーターオープンスポーツ」という自動車文化を守り続けているのです。

【写真】「ユーノス・ロードスター」のインテリア

こんな記事も読まれています

角田裕毅「何かがうまく機能しておらず苦戦した」懸命な調整でも解決せず「アップデートへの期待が外れた週末」とチーム
角田裕毅「何かがうまく機能しておらず苦戦した」懸命な調整でも解決せず「アップデートへの期待が外れた週末」とチーム
AUTOSPORT web
米ハーレーの工場が認めたクオリティ! TSC から「洗えるニトリル手袋」が発売(動画あり)
米ハーレーの工場が認めたクオリティ! TSC から「洗えるニトリル手袋」が発売(動画あり)
バイクブロス
ミック・シューマッハー、アルピーヌF1の”選考”テスト参加へ。オコン後任の対立候補ドゥーハンもドライブ予定
ミック・シューマッハー、アルピーヌF1の”選考”テスト参加へ。オコン後任の対立候補ドゥーハンもドライブ予定
motorsport.com 日本版
謎の日産「すごいキューブ」!? “イナズマ”グリルが超カッコイイ! めちゃ“斬新”な「小型ハイトワゴン」の正体とは
謎の日産「すごいキューブ」!? “イナズマ”グリルが超カッコイイ! めちゃ“斬新”な「小型ハイトワゴン」の正体とは
くるまのニュース
気を付けるべきことはある? 急ブレーキをせざるを得ない場合の注意点
気を付けるべきことはある? 急ブレーキをせざるを得ない場合の注意点
バイクのニュース
レクサス新型スーパーカー 600馬力の「LFA」後継、開発進行中か V8プロトタイプも確認
レクサス新型スーパーカー 600馬力の「LFA」後継、開発進行中か V8プロトタイプも確認
AUTOCAR JAPAN
CB1100やモンキーなど、ホンダのバイクがアクリルスタンド&キーホルダーになって登場!
CB1100やモンキーなど、ホンダのバイクがアクリルスタンド&キーホルダーになって登場!
くるくら
なぜバブル期の日産「NXクーペ」を20代の若者が購入?「かわいいフォルムにひと目惚れしました」実は「ラシーン」に増車でした
なぜバブル期の日産「NXクーペ」を20代の若者が購入?「かわいいフォルムにひと目惚れしました」実は「ラシーン」に増車でした
Auto Messe Web
U-NEXTの動画配信サービスがBMW X1/X2/2シリーズ アクティブツアラーで利用可能に
U-NEXTの動画配信サービスがBMW X1/X2/2シリーズ アクティブツアラーで利用可能に
カー・アンド・ドライバー
フォードRS200復活へ!──GQ新着カー
フォードRS200復活へ!──GQ新着カー
GQ JAPAN
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年6月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年6月20日時点
カー・アンド・ドライバー
「知らないなら“免許返納”を…」 道路にある「謎の斜線ゾーン」どんな意味? 停車したら違反じゃないの? 元警察官が解説
「知らないなら“免許返納”を…」 道路にある「謎の斜線ゾーン」どんな意味? 停車したら違反じゃないの? 元警察官が解説
くるまのニュース
ホンダやヤマハが実用化しているマイルドハイブリッド! クルマの「ストロングハイブリッド」との違いは?
ホンダやヤマハが実用化しているマイルドハイブリッド! クルマの「ストロングハイブリッド」との違いは?
バイクのニュース
アルファロメオ・トナーレにNFT技術を活用したデジタル認証機能を新採用
アルファロメオ・トナーレにNFT技術を活用したデジタル認証機能を新採用
カー・アンド・ドライバー
ホンダ、世界で最も売れたバイク「50cc原付カブ」の生産終了へ[新聞ウォッチ]
ホンダ、世界で最も売れたバイク「50cc原付カブ」の生産終了へ[新聞ウォッチ]
レスポンス
【正式結果】2024年F1第10戦スペインGP決勝
【正式結果】2024年F1第10戦スペインGP決勝
AUTOSPORT web
トヨタ新型「FJクルーザー」…じゃないの!? 新型「本格SUV」公開! “既視感ありまくり”デザインが大反響! カクカクすぎる「V23」中国で登場し熱視線集まる
トヨタ新型「FJクルーザー」…じゃないの!? 新型「本格SUV」公開! “既視感ありまくり”デザインが大反響! カクカクすぎる「V23」中国で登場し熱視線集まる
くるまのニュース
ジープの小型SUV『アベンジャー』、欧州受注10万台達成…日本仕様は今夏発表へ
ジープの小型SUV『アベンジャー』、欧州受注10万台達成…日本仕様は今夏発表へ
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村