現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」

ここから本文です
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
写真を全て見る(3枚)

新車販売における電動車100%に向け、今夏FCEVを投入へ

2月28日、ホンダは3月1日まで東京ビッグサイトで開催される「H2&FC EXPO【春】2024~第21回【国際】水素・燃料電池展~」において、新型の燃料電池車(FCEV)「CR-V e:FCEV(シーアールブイ イーエフシーイーブイ)」を世界初公開すると発表。日本では2024年夏に発売を予定している。

【画像】FCEVになってカムバックしたCR-V! 公開されたエクステリア・インテリアのすべてをみる 全40枚

ホンダは、2050年までに「環境負荷ゼロ」の循環型社会を目指しており、まずは2035年までに新車販売で電動車100%(HEVが20%、EV/FCEVが80%)を掲げる。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
AUTOCAR JAPAN
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
AUTOCAR JAPAN
バッテリー変更で一充電走行距離591kmへ メルセデス・ベンツEQA 250+  外部給電器としても利用可能
バッテリー変更で一充電走行距離591kmへ メルセデス・ベンツEQA 250+  外部給電器としても利用可能
AUTOCAR JAPAN
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
AUTOCAR JAPAN
「高級感+スポーティ」なコンパクトSUV登場! アルファ・ロメオ新型「ミラノ」初公開 全長4.1m、ハイブリッドとEVを導入
「高級感+スポーティ」なコンパクトSUV登場! アルファ・ロメオ新型「ミラノ」初公開 全長4.1m、ハイブリッドとEVを導入
AUTOCAR JAPAN
結局「コスパ1番」のEVは? ボルボと内側を共有:スマート#1 オーナーを満たす:ヴォグゾール(オペル)・アストラ お手頃EV 12台比較(1)
結局「コスパ1番」のEVは? ボルボと内側を共有:スマート#1 オーナーを満たす:ヴォグゾール(オペル)・アストラ お手頃EV 12台比較(1)
AUTOCAR JAPAN
新型ホンダN-VAN e_が、今秋発売へ──GQ新着カー
新型ホンダN-VAN e_が、今秋発売へ──GQ新着カー
GQ JAPAN
ホンダが凄い新型「軽バン」2024年“秋”に発売へ! 前後2人乗りの「タンデム仕様」が斬新すぎる! 手の届く“価格設定”にも期待大の新型「N-VAN e:」とは
ホンダが凄い新型「軽バン」2024年“秋”に発売へ! 前後2人乗りの「タンデム仕様」が斬新すぎる! 手の届く“価格設定”にも期待大の新型「N-VAN e:」とは
くるまのニュース
「330i」を思い出すスムーズ加速 BMW iX1 eドライブ20へ試乗 割高感は否めない
「330i」を思い出すスムーズ加速 BMW iX1 eドライブ20へ試乗 割高感は否めない
AUTOCAR JAPAN
見た目も中身もパワーアップ! VW主力モデル「ゴルフ」改良新型、約520万円から欧州発売
見た目も中身もパワーアップ! VW主力モデル「ゴルフ」改良新型、約520万円から欧州発売
AUTOCAR JAPAN
ホンダが「新型4ドアセダン」世界初公開! カクカクな「GT CONCEPT」 24年末から新シリーズ続々、中国で発売
ホンダが「新型4ドアセダン」世界初公開! カクカクな「GT CONCEPT」 24年末から新シリーズ続々、中国で発売
くるまのニュース
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
グーネット
アンダー250万円! ホンダ新型「カクカクSUV」早くも1万台受注! 低価格&コンパクトな新型「WR-V」何がスゴい?
アンダー250万円! ホンダ新型「カクカクSUV」早くも1万台受注! 低価格&コンパクトな新型「WR-V」何がスゴい?
くるまのニュース
新型キックス北米で発表!! 売れそうなところと売れるためになんとかしたほうがいいところ
新型キックス北米で発表!! 売れそうなところと売れるためになんとかしたほうがいいところ
ベストカーWeb
ホンダ新型「ヴェゼル」公開! 斬新“カラフル内装”の「コンパクトSUV」はオシャレなグリーンやブルーもアリ!? 悩めるカラーバリエーションとは
ホンダ新型「ヴェゼル」公開! 斬新“カラフル内装”の「コンパクトSUV」はオシャレなグリーンやブルーもアリ!? 悩めるカラーバリエーションとは
くるまのニュース
航続距離は591km 生活に溶け込むメルセデス・ベンツの新型「EQA」販売開始!
航続距離は591km 生活に溶け込むメルセデス・ベンツの新型「EQA」販売開始!
AutoBild Japan
エクステリアをリフレッシュ、一充電走行距離もたっぷりと!メルセデス・ベンツ日本、新型「EQA」を発売!
エクステリアをリフレッシュ、一充電走行距離もたっぷりと!メルセデス・ベンツ日本、新型「EQA」を発売!
LE VOLANT CARSMEET WEB
メルセデスAMG "1000馬力" の「スーパーSUV」開発スタート 完全独自設計で2026年導入か
メルセデスAMG "1000馬力" の「スーパーSUV」開発スタート 完全独自設計で2026年導入か
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

3件
  • tat********
    BEVに比較し面白い試みだとは思うが、政府かメーカーが水素ステーションのインフラ整備に投資しない限り台数も普及も見込めないでしょう…。
    同じ
    待望の「来日」をするならHEVとした方が消費者には歓迎出来た。
    何故RAV4の様にHEVとPHEVで出さないのか。

  • poc********
    ちょうど家の隣りが水素ステーションだし、ガレージに充電設備も整っているし、うまいこともう1台停めるスペースもあるし、収入も多いからリースも苦じゃないし・・
    っという人にはうってつけの一台ですよね
    私は違いますけどね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

336.2418.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.9404.6万円

中古車を検索
CR-Vの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

336.2418.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.9404.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村