サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 奇抜なデザインはどっち? 日産新型「ジューク」とトヨタ「C-HR」を比べてみた

ここから本文です

奇抜なデザインはどっち? 日産新型「ジューク」とトヨタ「C-HR」を比べてみた

■待望の新型ジュークと売れ筋C-HRの違いとは

 2019年9月4日に欧州で日産のコンパクトSUV「ジューク」の新型モデルを公開。初代モデルが発売された2010年当時は、その奇抜なデザインから大きな話題となりました。

日産新型「ムラーノ」発表! 特徴的な顔をスタイリッシュにガラリと一新

 対して、国内市場で奇抜なデザインのコンパクトSUVといえば、トヨタ「C-HR」が存在しますが、同じコンパクトSUVジャンルの両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

 新型ジュークの外観デザインは、最近の日産を象徴する「Vモーショングリル」が採用され、この大きなV字のグリルによって力強さが増した印象です。全体的には、これまでのジュークのDNAを引き継ぎつつ、フロントグリルの形状変更によって新たな表情に生まれ変わっています。

 サイドビューは、ブラックアウトしたCピラーにより屋根が浮いているように見える「フローティングルーフ」を採用し、クーペスタイルを強調しました。

 さらに、これまでは16インチ、もしくは17インチだったホイールを、新型ジュークでは19インチと大径化。踏ん張り感のある足元とすることで力強い印象になっているほか、リアビューではリアランプにブーメラン型のコンビネーションランプが採用されました。

 新型ジュークと従来型ジュークについて、日産のの販売店スタッフは次のように話します。

「現在、国内で販売されているジュークの発売当初は、個性的な外装・内装のデザイン性が話題を呼び、それまでなかったスポーティなスタイルが人気を博しました。また、当時のおもなメインユーザーは30代の独身男性で、パーソナルユースにマッチしていたといえます。

 現在のジュークはほかの日産車にもいえますが、月販で約250台から300台ほどの販売台数です。そのなかで、新型ジュークが欧州で発表されたことを受けて、お客様からは日本での発売に関する問合せを頂いております。

 しかし、日本導入に関する詳細な情報は販売店まで入っていないため、明確なことについてはお答えできない状況です」

 対するトヨタ「C-HR」は、2016年12月に登場しました。従来のSUVとは違い、走行性能を重視して開発され、個性的な外観のデザインは、一部ユーザーからは「ガンダムみたい」ともいわれています。

 デザインコンセプトでは、ダイヤモンドをモチーフとし、ボディの絞りや張り出しを作り込んだ独特な外観を持っているのが特徴です。

 後方に向かって鋭くなるサイドウィンドウや、角度が大きいフロントとリアのガラス、タイヤを覆うフェンダーの張り出し感などがスポーティさを意識させています。

 また、車高の高さや大口径タイヤ、そしてフェンダーラインを黒色で仕上げるなど、アウトしたデザインなので、クロスオーバーSUVというよりSUVっぽいスポーツクーペのようなスタイルに仕上がっています。

 なかでも、リアドアハンドルのデザインは特徴的です。トヨタは、次のように話します。

「リアドアハンドルをリアドアガラスのグラフィックとバックドアガラスの間に溶け込むように配置しています。存在感をあえて抑えることで、2ドアクーペのようなスマートな印象を強調しました」

※ ※ ※

 2010年に登場した初代ジュークは、コンパクトクロスオーバーSUVの先駆けとして人気を得ました。大胆なデザインや豊富なカラーバリエーションなど、革新的ともいえるデザインに加え、コンパクトなボディサイズによる運転のしやすさも受け、国内では発売から1か月で約1万台を受注しています。

 しかし、ジュークの発売以降、前述のC-H以外にもホンダ「ヴェゼル(2013年)」、マツダ「CX-3(2015年)」などのライバルモデルが登場した結果、設計の古いジュークは苦戦が強いられてる状況です。

 欧州で公表された新型ジュークの詳細は、まだ明らかになっていませんが、人気のコンパクトSUVカテゴリーだけに、新型ジュークの国内投入が期待されます。

■新型ジュークと売れ筋C-HRの使い勝手や機能の違いはどこに?

 新型ジュークの内装は、中央のモニターや左右にスイッチ類を配したD型ステアリングなど、先進的なデザインに一新されています。ダッシュボードやドアのトリムにはやわらかい素材を用い、ホールド性に優れたシートには、アルカンターラやレザーがオプション設定されるなど、高級感を演出しています。

 後席のニースペースを580mm、ヘッドクリアランスを110mm拡大し、コンパクトSUVながら余裕のある室内空間を実現。さらに、ラゲッジルームは従来モデルと比較して約20%拡大した422リットルとし、積載性が向上しました。

 新型ジューク(欧州仕様)のパワートレインは、1リッター3気筒直噴ターボエンジンに6速MT/7速DCTを組み合わせました。7速DCTにはパドルシフトとドライブモードセレクターが装備され、ドライバーの好みに合わせて、エコ、スタンダード、スポーツと、エンジン特性や変速特性を変更することが可能です。

 また、高速道路の単一車線でドライバーを支援する先進安全技術「プロパイロット」が搭載されました。歩行者や自転車を検知する「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」や、道路標識を認識して車速を調整する「インテリジェントスピードアシスト」、車線逸脱防止支援システム、後退時車両検知警報、後側方車両検知警報など、安全技術も充実しています。

 対するC-HRは、2019年現在で全10グレードを展開。パワートレインは、1.2リッターガソリンターボ仕様と1.8リッターガソリン+モーターというハイブリッド仕様の2種類が存在しています。
 
 先進安全装備では、「Toyota Safety Sense」を採用。衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポートする「プリクラッシュセーフティ」では、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーを用いてクルマだけではなく歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。

 また、滑りやすい路面等で走行安定性を確保する「S-VSC」や走行状況に応じて適切にブレーキを制御する「EBD」といった運転支援機能も備わってます。

 しかし、日常の使い勝手ではC-HRの後方視界は気になる部分です。サイドウィンドウ下側が高く、後方になるほど上がった形状のため、運転席から左後ろを覗く際に他車に比べて死角が多くなります。

 さらに、リアウィンドーの面積も小さいために見にくく、バックをする際にリアカメラを装着していないモデルだと不安を感じます。

 この点に関して、開発担当者は「このC-HRの後方視界は、デザインを優先しているため、社内基準ギリギリでクリアできました」と話します。

 C-HRは、個性的なデザインを採用しつつも多くのユーザーから支持されており、売れ筋のSUVモデルです。その理由について、トヨタの販売店スタッフは次のように話します。

「クルマのデザインは、普段使いするうえで、個性が強すぎるデザインは飽きられます。しかし、『C-HRの外装デザインは個性が際立ってはいますが、内装はそこまでクセが強くないほか、先進安全機能や運転支援など都度改良しているうえ、ニーズの高いハイブリッド車も用意されていることもあり、人気が続いているのだと思います」

※ ※ ※

 2019年上半期(1月から6月)の販売台数ランキング(軽自動車除く)では、これまでSUVジャンルで首位を独占していたC-HRを抜きヴェゼルが首位奪還を果たしています。

 この理由には、ヴェゼルに1.5リッターターボ車の追加やトヨタ「RAV4」の国内復活など、他社や同社のライバル車の影響があります。

 そして、同年9月にはマツダのコンパクトSUV「CX-30」の登場も予定されていることから、新型ジュークが国内に投入されたとしても、販売面では苦戦が強いられることが予想できます。そのため、当面は日本での発売は難しいかもしれません。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します