現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これぞ天才の仕事!その才能の煌めきに模型で触れる!アオシマ製プラモ「パガーニ・ウアイラ」後編【モデルカーズ】

ここから本文です

これぞ天才の仕事!その才能の煌めきに模型で触れる!アオシマ製プラモ「パガーニ・ウアイラ」後編【モデルカーズ】

掲載 2
これぞ天才の仕事!その才能の煌めきに模型で触れる!アオシマ製プラモ「パガーニ・ウアイラ」後編【モデルカーズ】

工芸品的スーパーカーの歩んだ軌跡

パガーニ・ウアイラの実車とアオシマ製プラモデルについては、前編の記事(下の「関連記事」参照)においてすでに述べた。組み立ての続きについては画像のキャプションをお読みいただくこととして、ここでは、ウアイラのバリエーション(限定モデルやワンオフモデル含め)について簡単に説明していきたい。

芸術品的スーパーカーを緻密に作り込んだ名作キット!アオシマ製プラモ「パガーニ・ウアイラ」前編【モデルカーズ】

【画像41枚】大胆なアレンジを要した塗装・組み立ての様子を見る!

まず触れなければならないのは、2016年のウアイラBCであろう。これはエンジンをさらに30psほどパワーアップした(760ps)バージョンで、さらにトリポッド・アクスルシャフトや軽量アルミニウム製サスペンション、電子制御アクティブデファレンシャルなどが具わっている。外観では、大きなリアウィングが装着されているのが特徴だ。さらにそれだけでなくボディパネル全てがBC専用のものとのこと。なお、BCの車名は、パガーニ最初の顧客となったベニー・ケイオラ氏の頭文字を取ったものだという。

同年には、サーキット走行に特化したパッケージであるパチェット・テンペスタも発表されている。パワーユニットには変更はないが、サスペンションのセットアップやアルミホイールは専用のものとなり、チタン製のエキゾーストを装備。フロントスプリッターやリアディフューザーも装着され、外観もひと味違う仕上がりとなっている。このパッケージは、既存の個体に後付けすることも可能であった。なお、アオシマ製ウアイラではこのパチェット・テンペスタのみバリエーションとして製品化されている。

ワンオフモデルとして特記しておくべきは、2017年に公開されたランポであろう。これはガレージ・イタリア・カスタムのラポ・エルカン氏のために造られた1台で、最大の特徴は、フィアット・タービナ・コンセプト(1954年)にインスパイアされたというオレンジ/ホワイトのカラーリングである。インテリアはチェッカーブラウンとゴールドで仕立てられており、非常にゴージャスなムード。なお、ランポとはイタリア語で稲妻を意味する言葉だ。

ロードスターやロングテールなどボディ形状にも変化
2017年には、トップを取り外し可能としたロードスターを100台限定で発売。オープン化に伴いドアの開閉機構が改められているほか、エンジンも760ps仕様のものを搭載している。2019年にはこのロードスターをベースにサーキット志向としたモデル、ロードスターBCを発表。モノコックにはカーボンチタンなどが採用されボディ剛性を向上、エンジンにはさらなるチューニングが施され、最高出力は802psにまで達している。40台限定生産と発表されたが、実際に生産されたのは21台だったようだ。

エンジン出力がさらに向上、827psにまで到達したのが、2020年に発表されたイモラである。ネーミングの由来はあのイモラ・サーキットであり、塗装の見直しなどによる徹底した軽量化も行われる一方で、公道でも運転のしやすい究極のパガーニを目指したというこのモデルは、5台のみの限定生産とされた。2021年には、イタリア空軍のアクロバットチーム、フレッチェ・トリコローリの60周年を記念したトリコローレを公開。赤白緑の3本線がボディサイドに入るだけでなく、エアロパーツにも徹底した見直しがなされている。これはたった3台の限定生産だった。

2021年には、サーキット専用モデルがウアイラRの名で登場。この30台限定生産車には、850psにまでパワーアップされたNAの6Lエンジンが搭載されるほか、新開発の6速シーケンシャル・トランスミッションが組み合わされ、ボディはさらに徹底的に軽量化されて重量1050kgにまで抑えられている。

独自のボディフォルムを持ったビスポークモデルとして触れない訳にはいかないのが、2022年に発表されたコダルンガだ。これは1960年代のポルシェ917などを彷彿とさせるロングテール・ボディが最大の特徴。840psのエンジンが搭載されており、5台のみの生産とされる。以上、ここで触れた以外にも様々な特別仕様、ワンオフモデル等があり、また上記のものの中にも独自のネーミングを持つ有名な個体が存在する。アオシマ製プラモデルをベースに、そうした車両の再現に挑むのもまた楽しいのではないだろうか。

こんな記事も読まれています

ダニエル・リカルド、シャシー交換成功か?「予選12番手だけど、11番手だった日本GPより良く感じるんだ」|F1中国GP
ダニエル・リカルド、シャシー交換成功か?「予選12番手だけど、11番手だった日本GPより良く感じるんだ」|F1中国GP
motorsport.com 日本版
フェラーリのカリスマ、ルカ・ディ・モンテゼーモロが成し遂げたこと 【第2回】モンテゼーモロ以前のフェラーリ
フェラーリのカリスマ、ルカ・ディ・モンテゼーモロが成し遂げたこと 【第2回】モンテゼーモロ以前のフェラーリ
AUTOCAR JAPAN
アロンソ、大満足の3番手「ストレスの大きいスプリント予選だったが、ウエットでは競争力を発揮できた」/F1中国GP
アロンソ、大満足の3番手「ストレスの大きいスプリント予選だったが、ウエットでは競争力を発揮できた」/F1中国GP
AUTOSPORT web
おいおいこれじゃプラモデルだよ! 日産の次世代のクルマの組み立て方がバグってないか
おいおいこれじゃプラモデルだよ! 日産の次世代のクルマの組み立て方がバグってないか
ベストカーWeb
ホイールの汚れをキレイに落とす方法とは? サラダ油がクレンジングのようにダストを浮かせて落とすのを知ってました?
ホイールの汚れをキレイに落とす方法とは? サラダ油がクレンジングのようにダストを浮かせて落とすのを知ってました?
Auto Messe Web
【試乗】BEVってこんなに面白かったの!? スウェーデンの氷上で乗ったボルボEX30がみせた「獰猛な走り」と「安心感」
【試乗】BEVってこんなに面白かったの!? スウェーデンの氷上で乗ったボルボEX30がみせた「獰猛な走り」と「安心感」
WEB CARTOP
「SR400初期型カラーを復刻」!タンク、サイドカバー、テールカバーのセットが【ワイズギア】から  
「SR400初期型カラーを復刻」!タンク、サイドカバー、テールカバーのセットが【ワイズギア】から  
モーサイ
このイス回る! 超絶便利なアウトドアチェアが登場! 一度使ったらもう手放せないぞ【車に積みたいアウトドアアイテム】
このイス回る! 超絶便利なアウトドアチェアが登場! 一度使ったらもう手放せないぞ【車に積みたいアウトドアアイテム】
月刊自家用車WEB
これぞ無限仕様のシビックタイプR!無限、『FL5 シビックタイプタイプR』用のパーツを発表
これぞ無限仕様のシビックタイプR!無限、『FL5 シビックタイプタイプR』用のパーツを発表
月刊自家用車WEB
4WD & SUV 専業アフターパーツメーカーのジャオスから新型ランドクルーザー250の各種パーツリリース
4WD & SUV 専業アフターパーツメーカーのジャオスから新型ランドクルーザー250の各種パーツリリース
月刊自家用車WEB
モデリスタ、新型ランドクルーザー250のカスタマイズアイテムを発表
モデリスタ、新型ランドクルーザー250のカスタマイズアイテムを発表
月刊自家用車WEB
サブスクでランクルオーナーに!KINTO、ランドクルーザー250の取り扱いを開始
サブスクでランクルオーナーに!KINTO、ランドクルーザー250の取り扱いを開始
月刊自家用車WEB
タクシー運転手さんが連れて行くほどオモウマい! 前橋の名店「広ちゃん飯店」が「BASS BRIGADE」とコラボレーション!
タクシー運転手さんが連れて行くほどオモウマい! 前橋の名店「広ちゃん飯店」が「BASS BRIGADE」とコラボレーション!
月刊自家用車WEB
パイオニアのスマートフォン専用カーナビアプリ「COCCHi」、累計30万ダウンロード突破
パイオニアのスマートフォン専用カーナビアプリ「COCCHi」、累計30万ダウンロード突破
月刊自家用車WEB
【写真蔵】新世代MINIの尖兵として登場した「カントリーマン」
【写真蔵】新世代MINIの尖兵として登場した「カントリーマン」
Webモーターマガジン
通過に3時間20分!? 地獄のGW「アクアライン大渋滞」一番激しいのはいつ?「お台場から延々と渋滞」という絶望状況も!? 「ずらし移動」NEXCO呼びかけ
通過に3時間20分!? 地獄のGW「アクアライン大渋滞」一番激しいのはいつ?「お台場から延々と渋滞」という絶望状況も!? 「ずらし移動」NEXCO呼びかけ
くるまのニュース
マクラーレン、第6戦マイアミGPで今季最初のアップデート投入へ。でもトップ争いにはこれだけでは不十分?
マクラーレン、第6戦マイアミGPで今季最初のアップデート投入へ。でもトップ争いにはこれだけでは不十分?
motorsport.com 日本版
地元フェラーリが予選1-2-3! トヨタ勢は7号車が6番手、8号車が8番手に|WEC第2戦イモラ6時間
地元フェラーリが予選1-2-3! トヨタ勢は7号車が6番手、8号車が8番手に|WEC第2戦イモラ6時間
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

2件
  • BPM4403
    おそらく実車に存在するんだろうが、カラーリングが変。
    人に見てもらうことを前提としている”作例”ならば、魅せる色遣いとセンスは絶対に必要。
    そのための塗料ももっと気を使うべき。

    それ以上に「アオシマ製ウイアラのプラモデル」を紹介する記事なのだから、他で探せばなんぼでも観ることができる実車のスペック等々の話なんかまるで必要ない。
    タイトルと全くリンクしてもいない内容にうんざり。
    アオシマのプラモデルを評価した記事ならばその”プラモデルの良さ”をきちんと書き、多くの画像を掲載するのが本当なのではないか?

    ここでは、実車に関する知識自慢など必要もない。
  • ym
    カメラのせいで銀の粒子の粒粒が写り込むから、もっと細かいパールを使うべき。スマホでも銀の粒子がざらざらに映り込むので、スマホ対応メタリック塗料をメーカーは開発すべき。俺は細かいパールを使ってる
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村