現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ“水平対向6気筒エンジン”搭載の「新型車」登場に反響も! アンダー400万円で軽量化&オシャグリーン追加! 2人乗りの「ゴールドウィング」米で発売

ここから本文です

ホンダ“水平対向6気筒エンジン”搭載の「新型車」登場に反響も! アンダー400万円で軽量化&オシャグリーン追加! 2人乗りの「ゴールドウィング」米で発売

掲載 70
ホンダ“水平対向6気筒エンジン”搭載の「新型車」登場に反響も! アンダー400万円で軽量化&オシャグリーン追加! 2人乗りの「ゴールドウィング」米で発売

■「水平対向6気筒」搭載の新「ゴールドウィング」に反響!

 2023年10月28日、ホンダのアメリカ法人は二輪車のフラッグシップモデル「ゴールドウィング」の新たな2024年モデルを発表しました。これについてユーザーからは様々な反響が集まっています。

【画像】めちゃカッコイイ! ホンダの”水平対向6気筒エンジン搭載”「新型車」を画像で見る(39枚)

 ゴールドウィングは、初代モデルが1975年に登場した、ツーリングバイクのパイオニアといえる存在です。

 常にホンダの最新技術が投じられ、パワフルかつスムーズな走行性能に加えて疲労を感じない乗り心地、さらに快適装備と積載性能を両立することで、四輪車にも一切の引けを取らないロングツアラーバイクとして、日本の国産モデルとしては随一の地位を確立しています。

 今回登場したのは、現行6代目の一部改良モデルとなります。

 ユーザーからは、「良い」「かっこいい!」「ほしいなあ」といった様々な反響が集まるなど、人気を維持し続けているモデルであることが分かります。ではどのようなモデルに仕上がっているのでしょうか。

 新たなゴールドウィングは、静かで振動の少ないホンダ2輪特有の水平対向6気筒のボクサーエンジンを搭載し、低重心と高出力・大トルクを実現。

 これに自動変速を可能としたデュアルクラッチトランスミッションや、ダブルウィッシュボーンフロントサスペンションなどの最新のパワーユニットや構造を採用したほか、バイクを押して歩く際の補助機能として「ウォーキングモード」を搭載するなど、ユーザーフレンドリーな機能も搭載しています。

 また、サスペンションには自動電子調整機能が備えられ、走行環境に応じて常に最適な状態を維持。バックギアも装備しているので、巨大でありながらも取り回しやすさも魅力です。

 加えて角度調整可能な電動フロントガラスや、リアルタイムのタイヤ空気圧監視システム、7インチTFTカラー液晶ディスプレイ、スマートキー、ヒーター付きのグリップとシート、および専用エアバッグなど、フラッグシップモデルらしい数多くの豪華・先進安全装備が採用されています。

 さらに今回の改良では、さらなる軽量化や燃料効率改善が加えられ、より安全かつ快適にツーリングを楽しむことが可能になりました。

 新型ゴールドウィングは積載性能においてもかつてなく広大な容量を備えており、トップボックスは61リットル、左右のサイドサドルバッグにはそれぞれ30リットルの収納スペースを確保。一方で巨体でありながら、空気力学においても優秀な値を実現し、長距離走行を必要とする旅行に最適なスタイリングとなっています。

 ボディカラーには新色の「マット・アーマード・グリーン・メタリック」も用意。本体価格は2万4700ドル(約362万円)から3万3000ドル(約484万円)です。

こんな記事も読まれています

その差は歴然!? 見た目は同じでもカロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CQ912 ll → lll の進化は凄かった
その差は歴然!? 見た目は同じでもカロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CQ912 ll → lll の進化は凄かった
レスポンス
出走順の影響大。撒かれた泥を攻略するオジエと苦戦した勝田。デイ2からは雨予報も/WRCクロアチア
出走順の影響大。撒かれた泥を攻略するオジエと苦戦した勝田。デイ2からは雨予報も/WRCクロアチア
AUTOSPORT web
トヨタが「高級SUVミニバン」実車公開! 迫力フェイス&ハイブリッド採用の600万円超えマシン! スライドドアレスの「イノーバ ゼニックス」タイで登場に反響集まる
トヨタが「高級SUVミニバン」実車公開! 迫力フェイス&ハイブリッド採用の600万円超えマシン! スライドドアレスの「イノーバ ゼニックス」タイで登場に反響集まる
くるまのニュース
日本で初開催された「フォーミュラE」は大盛況で終了 なぜ成功!? 東京の公道を走ったレースの魅力と今後の課題とは
日本で初開催された「フォーミュラE」は大盛況で終了 なぜ成功!? 東京の公道を走ったレースの魅力と今後の課題とは
VAGUE
ホンダ シビックタイプR デザインのTシャツ発売---1997年モデル
ホンダ シビックタイプR デザインのTシャツ発売---1997年モデル
レスポンス
ランクル250にも負けてない……2024年秋の日本導入が待ち遠しいスバル[新型フォレスター]! ワイルドな[ウィルダネス]もぜひ日本に導入して~!
ランクル250にも負けてない……2024年秋の日本導入が待ち遠しいスバル[新型フォレスター]! ワイルドな[ウィルダネス]もぜひ日本に導入して~!
ベストカーWeb
「トライトン」がアリなら「エクスフォース」も入れてよ! インドネシアで誕生した三菱のSUVがホンダWR-Vとガチ勝負できる逸材だった
「トライトン」がアリなら「エクスフォース」も入れてよ! インドネシアで誕生した三菱のSUVがホンダWR-Vとガチ勝負できる逸材だった
WEB CARTOP
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
motorsport.com 日本版
見えた!! 新型マツダ6セダン? 北京モーターショーでの公開前にマツダez6テストカーをスクープ!!! 謎の新型SUVの姿も……!
見えた!! 新型マツダ6セダン? 北京モーターショーでの公開前にマツダez6テストカーをスクープ!!! 謎の新型SUVの姿も……!
ベストカーWeb
サージェント、F1中国GP決勝をピットレーンからスタートへ。パルクフェルメ下で前後ウイングなどを変更
サージェント、F1中国GP決勝をピットレーンからスタートへ。パルクフェルメ下で前後ウイングなどを変更
motorsport.com 日本版
発電用「ロータリー」で新風! マツダMX-30 R-EV お値段以上のインテリア 長期テスト(1)
発電用「ロータリー」で新風! マツダMX-30 R-EV お値段以上のインテリア 長期テスト(1)
AUTOCAR JAPAN
フェラーリが雨で苦戦し、ルクレールがスピン。サインツはスプリント後のセットアップ変更に期待/F1中国GP金曜
フェラーリが雨で苦戦し、ルクレールがスピン。サインツはスプリント後のセットアップ変更に期待/F1中国GP金曜
AUTOSPORT web
マクラーレンは2024年に勝てる!? チーム代表の発言にノリスは「改善」とタイミングあれば可能性ありと同調
マクラーレンは2024年に勝てる!? チーム代表の発言にノリスは「改善」とタイミングあれば可能性ありと同調
motorsport.com 日本版
遂にEWC開幕戦に向けた公式テスト! 日本発の新規チーム「チーム エトワール」が本格始動 レーシングライダー大久保光のレースレポート
遂にEWC開幕戦に向けた公式テスト! 日本発の新規チーム「チーム エトワール」が本格始動 レーシングライダー大久保光のレースレポート
バイクのニュース
BMW『X3』新型、プロトタイプの写真を公開
BMW『X3』新型、プロトタイプの写真を公開
レスポンス
最終型エスティマよもう一度 でも最高価格480万円ってどうよ…… もうオラオラ顔の時代じゃない カッコいいミニバン欲しけりゃ買うっきゃない!
最終型エスティマよもう一度 でも最高価格480万円ってどうよ…… もうオラオラ顔の時代じゃない カッコいいミニバン欲しけりゃ買うっきゃない!
ベストカーWeb
ダイハツ認証不正のみそぎ済んだ……ついに[全車出荷停止解除]全面再開へ 新型ムーヴは2024年秋頃に発売か
ダイハツ認証不正のみそぎ済んだ……ついに[全車出荷停止解除]全面再開へ 新型ムーヴは2024年秋頃に発売か
ベストカーWeb
道路に穴が! 標識が破損してて! 道路のトラブルで事故が起こったら原則道路の管理者が補償してくれるハズ……が現実は?
道路に穴が! 標識が破損してて! 道路のトラブルで事故が起こったら原則道路の管理者が補償してくれるハズ……が現実は?
WEB CARTOP

みんなのコメント

70件
  • acurakozou
    普通に大型乗ってる人間からすると、ホンダのボクサーと言えばゴールドウイングなのだか、素人さんは車と勝手に勘違いして荒らすね。知らないかもしれないが、ホンダは車からバイク、飛行機、船外機、耕運機も作ってる会社。それくらい当たり前だろ…
  • hid********
    凄いカッコいい…コレって白バイにも採用されるのかな?何か凄まじくカッコいいのですけど…。後ろのラインと正面からのエンジンの張り出し…やばい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村