サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【リコール】ボルボ 7車種の燃料ポンプのヒューズ容量が不適合

ここから本文です

【リコール】ボルボ 7車種の燃料ポンプのヒューズ容量が不適合

ボルボ・カー・ジャパンは2021年7月26日、2019年~2020年型の7車種の低圧燃料ポンプのヒューズに不具合があるとしてリコールを届け出ました。

この不具合は市場での10件の報告と本国からの情報によるもので、エンジンの低圧燃料ポンプのヒューズの容量設定が不適切なため、エンジン始動準備時に容量不足によりヒューズが切れることがある、というものです。

ジープ・ラングラー アンリミテッドサハラ試乗記(AWD 3.6L+8速AT)冒険だけじゃない

そのため低圧燃料ポンプが作動せず、エンジンが始動できない恐れがあります。

対策は該当車両の低圧燃料ポンプ用のヒューズを15Aから20Aに交換することになります。

該当車両は、2019年1月~2020年11月の間に輸入された、S60、V60、V60クロスカントリー、V90、V90クロスカントリー、XC60、XC90の7車種、合計5462台です。

ボルボ 関連記事
ボルボ ジャパン 公式サイト

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します