サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ランボルギーニ勢が3クラス全勝。スプリント王者は総合でも史上最速戴冠/GTWCヨーロッパ第8戦

ここから本文です
 9月5日、ドイツ・ニュルブルクリンクでファナテックGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ第8戦の予選および決勝レースが行われ、オレンジ1・FFFレーシングチームの63号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evo(ミルコ・ボルトロッティ/アンドレア・カルダレッリ/マルコ・マペッリ組)がポール・トゥ・ウインを飾った。

 今戦はシーズン終盤戦を迎えているGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ(GTWCヨーロッパ)の耐久部門“エンデュランスカップ”の4戦目。最終戦を前にタイトルの行方を占う重要な1戦だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン