現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 普段は乗ることができない溝なしスリックタイヤで氷上走行することで、ヨコハマ最新スタッドレスの「アイスガード7」の性能を実感!【ウィンタータイヤカタログ 2023-2024】

ここから本文です

普段は乗ることができない溝なしスリックタイヤで氷上走行することで、ヨコハマ最新スタッドレスの「アイスガード7」の性能を実感!【ウィンタータイヤカタログ 2023-2024】

掲載 4
普段は乗ることができない溝なしスリックタイヤで氷上走行することで、ヨコハマ最新スタッドレスの「アイスガード7」の性能を実感!【ウィンタータイヤカタログ 2023-2024】

雪上スラロームや氷上ブレーキ、氷上旋回など様々なシチュエーションで試乗

2023年2月、毎冬恒例の横浜ゴム北海道試乗会に参加した。スタッドレスタイヤ装着シーズンの到来に合わせて報告したい。今年のテーマは「相反する氷上性能と雪上性能をどう両立するか」。複数の車両に装着した3種類のタイヤを氷上と雪上で走らせた。

【タイヤカタログ2022-2023冬】「ヨコハマ アイスガード7」圧雪路での絶対的なグリップ性能の高さとともに、スリップした際の感覚ドライバーにわかりやすい!

試乗会の拠点はおなじみTTCH(タイヤテストセンターオブ北海道)。横浜ゴムが旭川市郊外にもつ試験場だ。屋外の圧雪したハンドリングコースやスラロームスペースのみならず、コンディションを一定に保ちやすい屋内の氷盤試験場も備わる。

【画像27枚】ヨコハマアイスガード7とユニークなキャラクターのタイヤをテストした模様を見る

今回用意されたのは、
1.アイスガード7
今季で3シーズン目となる同社の最新スタッドレスタイヤ




2.氷上性能特化タイヤ
アイスガード7と同じ材質(ウルトラ吸水ゴム)で、特殊なトレッドパターン(ストレートグループと細かなサイプは刻まれているものの、排水性能やエッジ効果を発揮する横溝をもたない)のタイヤ

3.スリックタイヤ
アイスガード7と同じ材質(ウルトラ吸水ゴム)で、一切の溝をもたないスリック状のタイヤの3種類。

★アイスガード7
まずは圧雪した雪上コースで試乗した。クルマはトヨタカローラセダン(4WD)。サイズは195/65R15。最初に50km/hからのフルブレーキングとスラロームをテストした。

アイスガード7はペダルを踏んだ直後からABSが作動し、グイッ、グイッと連続的にタイヤが地面をつかもうとしているのが感じられる。体感的な減速感が得られるので安心感がある。スラロームでは、ステアリングホイールを切り始めてから、ヨーが発生する(曲がり始める)までにほんのわずかにタイムラグがあるが、曲がり始めると、ドライ路面のように……といっても過言ではないような感覚で走行することができる。“過信は禁物”ということさえ忘れなければ、必要以上に警戒する必要はなかった。

試しにトラクションコントロールをオフにすると、最新のアイスガードであっても挙動は異なる。慎重に踏んでいるつもりが、ラフにアクセルペダルを踏んでしまってスリップする。トラクションコントロールなしのアクセル操作に慣れてくるとタイヤのグリップの限界を探りながら走行できるようになるが、トラクションコントロールありのほうが大幅に楽に、ストレスなく走行できる。実際の雪道では、当然トラクションコントロールありで、そのうえでできるだけ新しいスタッドレスタイヤで走行すべし。

氷上でのフルブレーキングと旋回テストにおいても、最新スタッドレスならではの安心感のある挙動を味わうことができた。平滑な氷上での30km/hからのフルブレーキングの制動距離は1回目16m、2回目19m、3回目22m(平均19m)。

★氷上性能特化タイヤ
続いて氷上性能特化タイヤで同じメニューをこなす。このタイヤとスリックタイヤは今回のメディア向け試乗に合わせて特別に用意したもので、もちろん非売品だ。具体的な違いは、横溝がない分、接地面積がアイスガード7に比べ13%多く、同じ理由で溝面積は同13%小さい。溝エッジの長さはアイスガード7よりも62%少ない。

雪上でのフルブレーキングの制動性能もスラロームでのグリップ性能も、体感上はアイスガード7との違いはほぼ感じなかった。切り始めの反応がアイスガード7よりもほんのわずかに鈍いかなという程度。横浜ゴムのテストによれば、制動性能は7%落ち、スラロームの官能評価ではほんのわずかに劣るというデータだという。

氷上ではどうか。3度のフルブレーキングは体感的にはアイスガード7と変わらず。溝面積がアイスガード7よりも13%多く、溝面積は13%少ないから行って来いで同じということだろうか。制動距離は1回目20m、2回目17m、3回目16m(同17.6m)。これはアイスガード7よりも少しよい結果となった。同社のデータでも氷上制動性能はアイスガード比11%となっているので、おおむね正しいテスト結果となった。平滑な氷上では接地面積がものをいうということか。

★スリックタイヤ
最後にスリックタイヤを試す。雪上でのフルブレーキングとスラロームから。事前に一番グリップしないと予測していたが、意外にも制動距離は一番短かった。同社のデータ上によればアイスガード7よりも27%劣るはずなのだが、実際には短かった。この日は雪がチラついていて、圧雪路面の上に新しい雪がほんのり積もった状態だった。この新雪がタイヤの前にどんどん蓄積されて抵抗となり、制動距離を縮めたのだろう……というのが開発陣の見立て。リアルな冬季の路面は千差万別だ。

路面をひっかく溝がないため、雪上スラロームはやはり苦手で、切り始めの反応が非常に鈍く、一番怖い思いをした。溝が一切ないことで加減速よりも旋回性能が落ちる。

氷上でのフルブレーキングの結果も意外だった。アイスガード7よりも接地面積が13%大きい氷上性能特化タイヤの結果がよかったため、接地面積が23%大きいスリックはさらによく止まるのではないかと予測したが、実際には1回目35m、2回目31m、3回目35m(同33.7m)とダントツでダメ。つまり溝面積が大きいのはよいが、タイヤの溝が生む引っかく(引っかかる)力がゼロだと性能が著しく落ちるということ。

これらのテストでわかったのは、雪上で重要なのは、接地面積よりも雪柱せん断力(タイヤが踏み固めた雪を後方へ排出する力)とエッジ効果(サイプを含む溝の角で雪を引っかく力)だということ。つまり溝面積の大きさとエッジの長さが必要だということと、氷上で最も効くのは接地面積(によって稼げる凝着摩擦力。接地面の水膜を吸い込んでゴムと氷を直接接地させる力)だが、実際には平滑な路面は少ないのでエッジ効果を生む溝やサイプがないとグリップしないということ。

つまりは凝着摩擦力を稼ぐコンパウンド、十分な接地面積、そして引っかく力を生む溝とサイプがバランスよく盛り込まれていることが、千差万別の冬季路面には必須であり、市販されているアイスガード7はそうなっているということ。

スパイクタイヤの代わりとして開発されたスタッドレスタイヤにまず求められたのは氷上性能だった。氷上性能で一定のレベルをクリアできるようなると、次はそれをキープしたまま相反する雪上性能が求められるようになった。それらを両立できるようになると、アスファルト路面での静粛性、操縦安定性、そしてロングライフと、市場の要求は止まらない。言えるのは、アイスガードに限らず、新しいスタッドレスタイヤに越したことはないということだ。

問い合わせ
横浜ゴム https://www.y-yokohama.com/product/tire/

こんな記事も読まれています

動画を送ろう! トーヨータイヤが「すべてのトラック・バス事業に携わる人たちに感謝を伝えるプロジェクト2024」を実施
動画を送ろう! トーヨータイヤが「すべてのトラック・バス事業に携わる人たちに感謝を伝えるプロジェクト2024」を実施
乗りものニュース
【MotoGP】苦境が好転しないホンダ、チーム側も予想外? 「理論的には良い改善をしているはずなのに」と困惑
【MotoGP】苦境が好転しないホンダ、チーム側も予想外? 「理論的には良い改善をしているはずなのに」と困惑
motorsport.com 日本版
カーボンニュートラル実現を目指して!ホンダが中国における次世代EV「烨シリーズ」を発表
カーボンニュートラル実現を目指して!ホンダが中国における次世代EV「烨シリーズ」を発表
バイクのニュース
ポルシェ『カイエンGTS』改良新型、日本での予約を開始---価格は1868万から
ポルシェ『カイエンGTS』改良新型、日本での予約を開始---価格は1868万から
レスポンス
“信じられない展開”を制したオジエの逆転勝利。ラトバラ代表も「8回も世界王者に輝いた理由がよく分かる」と感嘆
“信じられない展開”を制したオジエの逆転勝利。ラトバラ代表も「8回も世界王者に輝いた理由がよく分かる」と感嘆
AUTOSPORT web
ハイエース ステップワゴン ジャスティ アコード……今や当たり前になったクルマ界の技術11個の「元祖」たち
ハイエース ステップワゴン ジャスティ アコード……今や当たり前になったクルマ界の技術11個の「元祖」たち
ベストカーWeb
マツダ「ボンゴ」をDIYで親子3人で楽しむキャンプ仕様に! ボディのイラストは父と愛娘との合作でした
マツダ「ボンゴ」をDIYで親子3人で楽しむキャンプ仕様に! ボディのイラストは父と愛娘との合作でした
Auto Messe Web
ホンダ WR-Vの受注が好調! 発売後1カ月で計画の4倍以上となる好調な立ち上がり
ホンダ WR-Vの受注が好調! 発売後1カ月で計画の4倍以上となる好調な立ち上がり
Webモーターマガジン
ホンダが“豪華内装”の新型「軽バン」発表! 前代未聞の「めちゃオシャ」仕様がスゴい! 上質「ブラウン内装」採用した新型「軽商用車」の正体とは
ホンダが“豪華内装”の新型「軽バン」発表! 前代未聞の「めちゃオシャ」仕様がスゴい! 上質「ブラウン内装」採用した新型「軽商用車」の正体とは
くるまのニュース
劇的逆転勝利のトヨタ小林可夢偉「燃料が最後までもつか確信が持てなかった。本当に大変だった」/WECイモラ
劇的逆転勝利のトヨタ小林可夢偉「燃料が最後までもつか確信が持てなかった。本当に大変だった」/WECイモラ
AUTOSPORT web
トヨタのクロアチア・ラリー4連覇を支えた気象予報士の存在。「天気を当てるなんて誰にもできない」と豊田会長も賛辞
トヨタのクロアチア・ラリー4連覇を支えた気象予報士の存在。「天気を当てるなんて誰にもできない」と豊田会長も賛辞
AUTOSPORT web
レクサス GXが2024年秋に発売へ。100台限定モデルの抽選も受け付け|LEXUS
レクサス GXが2024年秋に発売へ。100台限定モデルの抽選も受け付け|LEXUS
OPENERS
道路に引かれた「いろいろな線」なぜ白や黄色で描かれる? いつ誰が引いている? 「白線」「黄色線」の正体とは?
道路に引かれた「いろいろな線」なぜ白や黄色で描かれる? いつ誰が引いている? 「白線」「黄色線」の正体とは?
くるまのニュース
レッドブル&HRC密着:フロントタイヤに厳しいコースでも圧勝。フェルスタッペンは難コンディションの路面で弱点をカバー
レッドブル&HRC密着:フロントタイヤに厳しいコースでも圧勝。フェルスタッペンは難コンディションの路面で弱点をカバー
AUTOSPORT web
N-VANは乗り手を選ぶ…… 「おれはこのクルマに選ばれるだろうか」と試されるぞ!! 【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
N-VANは乗り手を選ぶ…… 「おれはこのクルマに選ばれるだろうか」と試されるぞ!! 【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
素のスイフトにMTがあるのは「走り好きの若者」もだけど「高齢ドライバー」のためでもあった! MT設定にみるスズキの良心に感動!!
素のスイフトにMTがあるのは「走り好きの若者」もだけど「高齢ドライバー」のためでもあった! MT設定にみるスズキの良心に感動!!
WEB CARTOP
「天気予報を信じられず」屈辱的敗戦のフェラーリ。ウエットへの交換が遅れ、コミュニケーションも破綻/WECイモラ
「天気予報を信じられず」屈辱的敗戦のフェラーリ。ウエットへの交換が遅れ、コミュニケーションも破綻/WECイモラ
AUTOSPORT web
トライアルライダー 藤原慎也選手がダカール・ラリー2026に挑戦! 3ヵ年計画プロジェクトの記者発表会を開催
トライアルライダー 藤原慎也選手がダカール・ラリー2026に挑戦! 3ヵ年計画プロジェクトの記者発表会を開催
バイクブロス

みんなのコメント

4件
  • nsj********
    ig60はお手頃だけどig70はかなり高い
    vrx3買えちゃう
  • jar********
    氷上特化タイヤの『溝面積がアイスガード7よりも13%多く、溝面積は13%少ないから行って来いで同じということだろうか。』の部分、最初の「溝面積」は「接地面積」の誤りではないでしょうか
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

413.0838.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

139.9350.0万円

中古車を検索
テーマの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

413.0838.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

139.9350.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村