現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【inCELL 木更津The Luxury】贅を尽くした賃貸ガレージハウス【九島辰也】

ここから本文です

【inCELL 木更津The Luxury】贅を尽くした賃貸ガレージハウス【九島辰也】

掲載 更新
【inCELL 木更津The Luxury】贅を尽くした賃貸ガレージハウス【九島辰也】

カーライフ [2023.02.04 UP]


【inCELL 木更津The Luxury】贅を尽くした賃貸ガレージハウス【九島辰也】
文●九島辰也 取材協力●inCELL木更津The Luxury

【ポルシェ/ルノー/ベントレー】販売台数から読み解く人気の秘密【九島辰也】

 賃貸ガレージハウスが流行っています。というか、クルマ好きの間では浸透しているといった方がいいでしょう。もう何年も前からいろいろな物件を取材していますが、その都度夢のような空間だなぁ、と思うと同時に羨ましく思っています。

 今回訪れたinCELL(インセル)木更津The Luxuryもそんな一つ。といいますか、この贅を尽くしたガレージハウスはある意味究極に近い気がします。複数台駐車、広いリビング、そしてジャグジーと、あったらいいながそこにあるからです。友達を呼んでワイワイとクルマ談義するのもいいし、パートナーとしっぽり過ごすこともいいでしょう。まさに夢の空間。ガレージハウスは非日常を感じる場所ですが、ここはその密度が高い気がします。

 複数台駐車できるガレージは部屋によって違います。2台ガレージ7戸、3台ガレージ2戸、4台ガレージ1戸というように。今回鍵を開けていただいたのはその4台ガレージ付きの部屋でした。1つのシャッターの中に2台。それが2つあります。さらにいうと、外側にもう数台置けますから乗っていったクルマはそこに置いておくなんてことも。まぁ、その辺はガレージにナニを収めるか次第ですかね。

 そんなinCELL木更津The Luxuryにはベントレー2台をお借りして伺いました。人気絶好調のベンテイガハイブリッドと個人的にずっと憧れているコンチネンタルGTCです。ベントレーに関しては本社工場取材やエンジニア、デザイナーインタビューなどを長年に渡って行ってきましたが、知れば知るほど好きになります。伝統、作り手のこだわり、それとマーケットの受け入れられ方など、ハイブランドの理想的な姿がそこにあります。関わる人すべてがこのブランドをリスペクトしているというか。“ブランドの強さ”を感じます。

 そんなベントレーをガレージに収め、インセルのガレージハウスを総合プロデュースする会社インフィストデザイン代表の須田さんとクルマ談義しました。これまでアウディR8やアストンマーティン、マクラーレンなどをサーキットで走らせてきたジェントルマンズレーサーでもあります。

 そんな彼が今回目を丸くしていたのはコンチネンタルGTCのパフォーマンス。550psを発揮する4リッターV8ツインターボエンジンが唸りを上げて加速する様と、軽快なハンドリングに驚いたようです。ベントレーがこれほどまでにスポーティであることを体感したのでしょう。このブランドの真骨頂に気付いたのです。当然、それは創業時からベントレーがレースカーをメインにしていたことの証であり、今も面々と受け継がれているスピリットを意味します。日本では単なる高級車と思っている方もいらっしゃるでしょうが、事実は別モノ。スーパーカーのパフォーマンスとウルトララグジュアリーな世界観の共演です。

 そんな話をガレージでコーヒーを飲みながら交わせるのもガレージハウスの魅力です。お気に入りのイスとテーブルと置いて好きなこと言い放題。夕方になればコーヒーをスコッチのソーダ割に持ち替えたくなります。「リアフェンダーのこの膨らみは1952年に登場したRタイプコンチネンタルのオマージュなんだよね」、なんて会話が止まりません。知っていましたか? そのモデルが最初の“コンチネンタル”だってことを。英国人が“大陸”のグランドツアラーに対する憧れをカタチにしたものです。

 話をinCELL木更津The Luxuryに戻しますが、ガレージ自体にもこだわりがあることを付け加えましょう。ガレージ内の壁は排気ガスでも汚れにくい建材を使い、汚れた空気も積極的に外へ出す設計が用いられています。それに床も汚れにくいのは当然のこと、洗車時の水が排水溝へ流れやすいよう微妙に角度がついています。この辺はクルマを熟知した須田さんの「想い」の表れですね。ガレージハウスを借りたいと思うクルマ好きのマインドをくすぐります。一般的なガレージハウスとは一線を画というか。お見事!

 ということで、「ベントレー×ガレージハウス」という夢の共演を体験してきました。すでにそんなライフスタイルを送っている方もこれから送ろうと計画している方も、存分にお楽しみください。クルマだけじゃなく、ゴルフバッグにサーフボードにバイクも置けますからね。もう妄想が止まりません。

こんな記事も読まれています

モビリティリゾートもてぎに働くクルマが大集合!白バイやパトカーのパレードランも開催!
モビリティリゾートもてぎに働くクルマが大集合!白バイやパトカーのパレードランも開催!
グーネット
アルトの元祖は商用車?! 軽にインタークーラー付ターボ・チャージャーはイカツイて! 茨の道をパワーで突き抜けた「漢」初代アルトワークス
アルトの元祖は商用車?! 軽にインタークーラー付ターボ・チャージャーはイカツイて! 茨の道をパワーで突き抜けた「漢」初代アルトワークス
ベストカーWeb
シビックを着る!歴代12モデルをデザイン、ホンダ公認Tシャツ新登場 キャムショップ
シビックを着る!歴代12モデルをデザイン、ホンダ公認Tシャツ新登場 キャムショップ
グーネット
車の電動化はどこまで加速する? 専門家に聞く、自動車業界のイマとミライ【前編】
車の電動化はどこまで加速する? 専門家に聞く、自動車業界のイマとミライ【前編】
グーネット
MeiMei 新キャンピングカーブランド「ノマドラックス」などデザイン車両6台を一挙展示
MeiMei 新キャンピングカーブランド「ノマドラックス」などデザイン車両6台を一挙展示
グーネット
スズキ 軽トラック「キャリイ」シリーズ 一部仕様変更 安全性能強化など
スズキ 軽トラック「キャリイ」シリーズ 一部仕様変更 安全性能強化など
グーネット
スマホ連携でアプリが使える!ディスプレイオーディオ登場!ワンセグ搭載モデルも【動画あり】
スマホ連携でアプリが使える!ディスプレイオーディオ登場!ワンセグ搭載モデルも【動画あり】
グーネット
自動車整備士不足に新たな一手。独マイスター制度採用の育成プログラムに注目。
自動車整備士不足に新たな一手。独マイスター制度採用の育成プログラムに注目。
グーネット
井戸田潤が初代NSXに出会った!和製スーパーカーに一同ホレボレ!
井戸田潤が初代NSXに出会った!和製スーパーカーに一同ホレボレ!
グーネット
続報 マジで歴史的英断か!? 東海道新幹線に個室座席新設で1323席のルールが破られるのか?
続報 マジで歴史的英断か!? 東海道新幹線に個室座席新設で1323席のルールが破られるのか?
ベストカーWeb
もしや未来のレジェンドか!?!? 次世代電気自動車「Honda0(ゼロ)シリーズ」が衝撃 しかもほぼそのまま市販モデルになるってマジか
もしや未来のレジェンドか!?!? 次世代電気自動車「Honda0(ゼロ)シリーズ」が衝撃 しかもほぼそのまま市販モデルになるってマジか
ベストカーWeb
ガルウイングにした本当の理由は? AMG初の独自開発「SLS AMG」はメルセデス・ベンツ「300SL」の再来でした
ガルウイングにした本当の理由は? AMG初の独自開発「SLS AMG」はメルセデス・ベンツ「300SL」の再来でした
Auto Messe Web
RB、アイウェアブランド『HUGO Eyewear』とのパートナーシップ締結を発表
RB、アイウェアブランド『HUGO Eyewear』とのパートナーシップ締結を発表
AUTOSPORT web
「見た目」にビビなら買い! 日産ジューク・ハイブリッドへ試乗 内装とデジタル技術をアップデート
「見た目」にビビなら買い! 日産ジューク・ハイブリッドへ試乗 内装とデジタル技術をアップデート
AUTOCAR JAPAN
フォーミュラEが面白い! 日産とシェルの関係や過去のシーズンを知って、今期後半をもっと楽しもう
フォーミュラEが面白い! 日産とシェルの関係や過去のシーズンを知って、今期後半をもっと楽しもう
Auto Messe Web
アストンマーティン代表、ストロールへの裁定は厳しいと語る「しっかりと理解されないまま判定が下された」/F1第5戦
アストンマーティン代表、ストロールへの裁定は厳しいと語る「しっかりと理解されないまま判定が下された」/F1第5戦
AUTOSPORT web
ヨシムラSERTが転倒後に追い上げ優勝、3ART綿貫も3位。TSR、Étoileは無念のリタイア/EWC第1戦ル・マン24時間
ヨシムラSERTが転倒後に追い上げ優勝、3ART綿貫も3位。TSR、Étoileは無念のリタイア/EWC第1戦ル・マン24時間
AUTOSPORT web
ホンダの「V8スポーツカー」!? 500馬力超えの「FRマシン」! “NSX後継機”目された「HSV-010」とは
ホンダの「V8スポーツカー」!? 500馬力超えの「FRマシン」! “NSX後継機”目された「HSV-010」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3226.34472.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

968.01148.0万円

中古車を検索
コンチネンタルGTCの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3226.34472.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

968.01148.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村