現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポルシェ 新型「パナメーラ」発表 エンジンを全面改良 最高出力680PS

ここから本文です

ポルシェ 新型「パナメーラ」発表 エンジンを全面改良 最高出力680PS

掲載 8
ポルシェ 新型「パナメーラ」発表 エンジンを全面改良 最高出力680PS

車種別・最新情報 [2023.11.27 UP]


ポルシェ 新型「パナメーラ」発表 エンジンを全面改良 最高出力680PS
 ポルシェジャパンは11月24日、スポーツラグジュアリーセダン「パナメーラ」の第3世代となる新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の予約受注を、全国のポルシェ正規販売店にて開始した。

ポルシェ 新型パナメーラを11月24日に世界初公開!ターボモデル専用クレストを新導入

 メーカー希望小売価格はパナメーラが14,240,000円、パナメーラ4は14,790,000円(すべて消費税込)。


エンジンを全面改良 Eハイブリッドパワートレインのシステム出力680PSを発揮
 Eハイブリッドパワートレインは、根本から改良された4リッターV8ターボエンジンを採用。新開発の電気モーターの出力140kW(190PS)と合わせるとシステム出力は500kW(680PS)になり、システムトルクは930Nmに達する。

 総合的に設計を見直した8速PDKデュアルクラッチトランスミッションのハウジングに電気モーターを組み込み、独立したEモーターハウジングを廃止することで約5kgの軽量化を実現。また、トランスミッションのオイル回路にユニットを組み込むことで電動ユニットのヒートバランスが最適化され、電気モーターからより高い出力を得ることができるという。

 パナメーラ ターボ Eハイブリッドは、0-100km/h加速が3.2秒、最高速度は315km/hのパフォーマンスを発揮。容量25.9kWhのバッテリーを搭載し、WLTP複合サイクルでは91km、市街地サイクルでは83~93 kmの電気走行を実現した。

 今回はパナメーラと同時に、全輪駆動のパナメーラ4も発売。2.9リッターのV6ターボエンジンは、ブースト圧、燃料噴射流量、点火時期の変更によりパフォーマンスが最適化された。

 これにより、最高出力は260kW(353PS)、最大トルクは500Nmとなり、先代モデルよりも出力が17kW(23PS)、トルクが50Nm向上。0-100km/h加速は5.1秒に短縮、最高速度は272km/hに向上し、4.8秒で270km/hに達するという。


快適性とダイナミクスを向上させる最新のサスペンションシステム
 足回りには、ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)を備える2チャンバー、2バルブ技術のエアサスペンションを標準装備。

 路面の損傷や横方向に伸びる路面の継ぎ目による衝撃を大幅に緩和すると同時に、ダイナミックな走行状況での車体の安定性を確保する。オプションの全輪ステアリングを利用すれば、ハンドリング性はさらに向上するとしている。


内外装デザインを刷新 ラグジュアリーかつスポーティに
 新型パナメーラは、シリーズの特徴的なラインやプロポーションを継承。ボディサイズは全長5,052mm×全幅1,937mm×高さ1,423mm、根本から刷新されたエクステリアは、スポーツセダンにさらに表情豊かでスポーティな印象を与える。

 フロントのナンバープレート上部にはエアインテークを追加し、駆動システムに必要な空気が補われるようになった。サイドビューのウィンドウラインは一新され、4ドアスポーツカーのセダンらしさを強調する。リヤウィンドウの外縁はボディの輪郭と面一になっており、車体後部の調和のとれたラインを生み出している。

 ドライバーを中心に考えて根本からデザインが見直されたというインテリアは、新型カイエンで導入された「ポルシェドライバーエクスペリエンス」を採用。

 デジタル操作要素とアナログ操作要素の理想的なバランスを特長としており、ドライビングに不可欠な入力要素と出力要素をドライバーの軸線上に配置。ギアセレクターレバーは、ステアリングホイールの左側に設置し、各ドライビングプログラムのモードスイッチや、アシスタンスコントロールストークにも直接アクセスすることができる。


ターボモデルは後日発表予定
 ポルシェのパフォーマンスフラッグシップとして特別に位置付けられる“ターボ”の名を冠した「パナメーラターボEハイブリッド」は、後日導入される。予約受注開始日および価格は決まり次第アナウンス予定としている。


メーカー希望小売価格
車種トランスミッションハンドル価格(消費税込)パナメーラ8速PDK右14,240,000円パナメーラ48速PDK右14,790,000円ポルシェ 公式HP:
https://www.porsche.com/japan/jp/

【あわせて読みたい】

https://www.goo-net.com/magazine/newmodel/by-vehicle-type-information/207705/ パナメーラの新車情報を見る

こんな記事も読まれています

メリットだらけの「シートヒーター」 あるのとないのじゃ雲泥の差だった しかもリセールバリューがいいってよいことずくめじゃん!
メリットだらけの「シートヒーター」 あるのとないのじゃ雲泥の差だった しかもリセールバリューがいいってよいことずくめじゃん!
ベストカーWeb
マフラーに雪が詰まるのを防ぐ! フジツボからまるで竹槍のような「スノーケル」登場!
マフラーに雪が詰まるのを防ぐ! フジツボからまるで竹槍のような「スノーケル」登場!
ベストカーWeb
『これ無理やん!』実質3台のレースを終わらせた悪夢のオープニングラップ。当事者たちが語るマルチクラッシュの状況
『これ無理やん!』実質3台のレースを終わらせた悪夢のオープニングラップ。当事者たちが語るマルチクラッシュの状況
AUTOSPORT web
レクサスに乗ってアウトドア体験!家族や仲間と楽しむオーナー限定イベント第2弾開催
レクサスに乗ってアウトドア体験!家族や仲間と楽しむオーナー限定イベント第2弾開催
グーネット
エンジンオイルの交換を忘れていたら?車が受ける影響と忘れないための対策
エンジンオイルの交換を忘れていたら?車が受ける影響と忘れないための対策
グーネット
スーパーGTのレースアンバサダーに早くも男性登場。韓国人モデルのジュンさんが第1戦から活躍
スーパーGTのレースアンバサダーに早くも男性登場。韓国人モデルのジュンさんが第1戦から活躍
AUTOSPORT web
DENSO中山雄一とSTANLEY山本尚貴、拮抗した2位バトルで見えたスープラとシビックの特性/第1戦GT500決勝
DENSO中山雄一とSTANLEY山本尚貴、拮抗した2位バトルで見えたスープラとシビックの特性/第1戦GT500決勝
AUTOSPORT web
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
AUTOSPORT web
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
ベストカーWeb
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
AUTOCAR JAPAN
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
ベストカーWeb
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
Auto Messe Web
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
AUTOSPORT web
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
AUTOSPORT web
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
AUTOSPORT web
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
AUTOCAR JAPAN
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
Auto Messe Web

みんなのコメント

8件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1424.01479.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

148.02498.0万円

中古車を検索
パナメーラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1424.01479.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

148.02498.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村