現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車室内置き去りゼロへ!! タイヤ摩耗はクラウドで一括管理! 世界のビックリ最先端技術8選

ここから本文です

車室内置き去りゼロへ!! タイヤ摩耗はクラウドで一括管理! 世界のビックリ最先端技術8選

掲載 4
車室内置き去りゼロへ!! タイヤ摩耗はクラウドで一括管理! 世界のビックリ最先端技術8選

 近年は自動運転に始まりAI搭載などクルマの進化が著しい。よく耳にする真夏の車室内置き去り問題をテクノロジーの力で解決できる可能性も出てきた。ラスベガスで開催された世界最大級のテクノロジー見本市、CESの様子を見ていこう。

※本稿は2024年1月のものです
文/鈴木直也、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2024年2月26日号

車室内置き去りゼロへ!! タイヤ摩耗はクラウドで一括管理! 世界のビックリ最先端技術8選

■元気な日系サプライヤー!! 2024年の日本は明るい!

2024年1月9~12日にかけて、ラスベガスで開催されたCES。鈴木直也氏が今回も訪れた

 CESの魅力はいろいろあるけど、ぼくにとっていちばん面白いのは、なんといっても最新の技術トレンドが実感できること。

 いま熱いのは、もちろんAI。ChatGPTの大ブレークで、クルマだけじゃなくいろんな業界でAIの現実的な活用がテーマになっている。

 これまでも、クルマにアバター的なエージェントを載せてくる例はあったけど、ChatGPTによってそれが一気に進化したわけだ。

 一方、数年前まであちこちでデモが行われていた自動運転は、もはやビジネスに直結していないと判断されたのか、あまり注目されなくなってきた。

 また、BEVブームも一段落で、中国系BEVメーカーのシャオペンなんかBEVを「空飛ぶクルマ」にアレンジして展示。こうでもしないと注目してくれなくなったってことだね。

 夢を実現するにはしっかりした技術の裏付けが要る。次項で紹介する技術展示は、どちらかというと地味めだけど、コスト、信頼性、量産性などが求められるクルマ用の新技術は、こういう地道なサプライヤーによって支えられているんだよね。

 そういう意味で、2024年のCESで嬉しかったのは、日系のサプライヤーが元気だったこと。2024年の日本のクルマ業界の展望は、意外に明るいんじゃないかと思ったよ。

■非接触充電もLiDARも、手堅い戦略に感心

●VALEO

「いま何が必要か」という見極めが鋭いフランスのValeo。非接触充電もLiDARも手堅く押さえている

 Valeoはフランス系のサプライヤーだけど、「いま何が必要か」という見極めが鋭い。

 たとえば、非接触充電だったら最高出力を狙わずコストと使い勝手重視の低速型。LiDARもコストと性能のバランスでメーカーが採用しやすいもの。こういうコンセプトが徹底しているから、現実の採用例が多い。フランスっぽいよね。

・鈴木直也もビックリ度:★★☆☆☆

■これからはタイヤメーカーもソフトで勝負する時代に

●BRIDGESTONE&SUMITOMO

ブリヂストンのブース。これからはタイヤのマネジメントもウリにする時代だ

 ブリヂストンと住友ゴムがよく似た提案を行っていた。多数のトラックを保有する運輸業者を対象に、そのタイヤ状態をセンサーで監視。それをクラウドで一元管理してトラブルを未然に防ぐというもの。

 タイヤを売るだけではなく、トータルなタイヤマネジメントを売るのが、これからのタイヤビジネスみたい。

・鈴木直也もビックリ度:★★☆☆☆

■バックミラーをセンサーの一等地として活用

●GENTEX

電子ミラーの世界シェア95%というGENTEXのブース

 GENTEXは電子ミラーでは世界シェア95%という企業だが、もはや守備範囲はミラーにとどまらない。

 FIR(遠赤外線)カメラや、ドライバー監視用レーザーセンサーなどが統合され、車室内の情報ステーション的な発展を見せている。最近法制化が議論されている車室内置き去り防止センサーにも素早く対応してるのは、さすが。

・鈴木直也もビックリ度:★★★★☆

■住宅用蓄電池のECOFLOWはおしゃれデザインがウリ

●ECOFLOW

住宅用蓄電池のトップブランド、ECOFLOW。EV用車載電池を割安に調達できる中国系メーカーに勢いがある

 北米では住宅用蓄電池の市場が大きく、EV用車載電池を割安に調達できる中国系メーカーの勢いが凄い。

 なかでもECOFLOWはトップブランドといってよく、デザインのまとまりもいいしユニークな機能も満載。パワーコンディショナーの下に電池パックを積み重ねて増設可能で、最大90kWhまで拡張できるのは凄い。

・鈴木直也もビックリ度:★★★☆☆

■まるで人間相手に話しているみたい!? クルマへのAI導入がトレンド

●CERENCE

CERENCEは音声認識のトップメーカー。音声コマンドをテキスト化してクラウドのAIに送信し、ほとんど人間と対話しているような高度なやりとりを披露していた

 音声認識のトップメーカーCERENCEは、音声コマンドをテキスト化してクラウドのAIに渡すことで、ほとんど人間と対話しているような高度なやりとりをデモ。

 反応遅れ、コスト、不適切ワードのフィルタリングなど、いろいろ課題はあるにせよ、本格的な音声コマンド時代がもうすぐ来ることは間違いなさそうです。

・鈴木直也もビックリ度:★★★☆☆

■水素にも目配りを忘れないBOSCHのしたたかな戦略

●BOSCH

BEV一辺倒だったBOSCHが水素関連技術を前面に出してきた。一点張りに不安を抱いたか?

 ちょっと前はBEV一辺倒だったドイツ系サプライヤーだが、今年のBOSCHは水素関連技術にも力を入れている。

 FCスタックをはじめ、水素関連補機類をまとめた展示モデルが注目だった。BEVは着実に数を増やしているけど、ビジネスとしてソレ一点張りでは不安。個人的には、そんな印象でしたね。

・鈴木直也もビックリ度:★★☆☆☆

■自動運転でレース。着実に進化してるんです

●INDY AUTONOMOUS CHALLENGE

あまりのクオリティの低さに一度はボツになった自動運転車でのレースも、少しずつ進化を見せているようだった

 自動運転レーシングカーは、最初フォーミュラEの前座として開催が予定されていたが、あまりに完成度が低くボツ。イチから出直しでインディカーベースのマシン(ダラーラ製)を作り、ワンメイクでレースを構想するところまで漕ぎ着けている。

 いちおう、ラスベガスやモンツアで実際に走ってるんで着実に前進してますね。

・鈴木直也もビックリ度:★★☆☆☆

■大学生まれの不整地走行用車両。アメリカのいいところが出ている

●Clemson University

大学から生まれた不整地走行用自動運転車両。ベンチャービジネスにも適切に資金が流れてモノづくりが進むのはアメリカの長所だ

 Clemson Universityという大学から生まれた不整地走行用自動運転車両。アメリカのいいところは、こういうベンチャービジネスにきちんとお金が流れて、実際のモノづくりが進むこと。

 災害時などの用途を考えているみたいだけど、能登半島地震の直後だけに考えさせられるものがあるよね。

・鈴木直也もビックリ度:★★☆☆☆

■自動車メーカーの温度感はどんなもの?

いまやモーターショーよりも注目度が高いCES。日本勢にも継続参加を期待したい

 ホンダ“ゼロ”の発表でわかるように「なにか新しいことを発表するのならばCESが一番アピール効果が高い」というのが共通認識。以前はモーターショーだったが、CESが取って代わった感がある。

 欧米勢はレギュラーが多いし、韓国中国勢も元気がいい。今後も目の離せないイベントであることは間違いないから、日本勢もネタがある時だけじゃなく、継続参加が好ましいね。

こんな記事も読まれています

FIA F2、FIA F3が2025年開催カレンダーを発表。開幕は共にメルボルンに
FIA F2、FIA F3が2025年開催カレンダーを発表。開幕は共にメルボルンに
motorsport.com 日本版
陶芸家・福村龍太の個展「人工物の自然美」が東京・蔵前のギャラリー「隙間」で開催【新着ドライブスポット】
陶芸家・福村龍太の個展「人工物の自然美」が東京・蔵前のギャラリー「隙間」で開催【新着ドライブスポット】
くるくら
建設中の「上尾道路」を“迂回路”に 東京ー群馬の大幹線“最後の区間”に近接「もう一つの高架橋」計画始動へ
建設中の「上尾道路」を“迂回路”に 東京ー群馬の大幹線“最後の区間”に近接「もう一つの高架橋」計画始動へ
乗りものニュース
マツダが「新型SUV」24年後半発売!? ゴツゴツデザインの「CX-50 HV」導入へ 日本はgas登場!?
マツダが「新型SUV」24年後半発売!? ゴツゴツデザインの「CX-50 HV」導入へ 日本はgas登場!?
くるまのニュース
コーティングに革命! 時短・簡単・効果抜群な秒速コーティングが自分でできる「ウルテカコート」
コーティングに革命! 時短・簡単・効果抜群な秒速コーティングが自分でできる「ウルテカコート」
月刊自家用車WEB
ハスクバーナ新型「スヴァルトピレン801」試乗 独特デザインのまま2気筒エンジンのスポーツネイキッドに
ハスクバーナ新型「スヴァルトピレン801」試乗 独特デザインのまま2気筒エンジンのスポーツネイキッドに
バイクのニュース
年収は最低いくら必要!? “500万円台から”のトヨタ高級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」を買える“幸せな家族”の世帯年収とは
年収は最低いくら必要!? “500万円台から”のトヨタ高級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」を買える“幸せな家族”の世帯年収とは
VAGUE
[新型フリード]は大幅刷新でライバル大ピンチ!! 月間販売1万8000台超の[シエンタ]人気の理由
[新型フリード]は大幅刷新でライバル大ピンチ!! 月間販売1万8000台超の[シエンタ]人気の理由
ベストカーWeb
ウラカン後継モデルは新V8ツインターボ搭載のHPEVに!ランボルギーニ、登場予定の「634」用パワープラントを公開!
ウラカン後継モデルは新V8ツインターボ搭載のHPEVに!ランボルギーニ、登場予定の「634」用パワープラントを公開!
LE VOLANT CARSMEET WEB
鈴鹿8耐の応援は「ヨシムラ スズキ サポーターズ応援テラス」にて!41,800円でTシャツほか特典付き  
鈴鹿8耐の応援は「ヨシムラ スズキ サポーターズ応援テラス」にて!41,800円でTシャツほか特典付き  
モーサイ
ヤマハ発動機、ライダーに音で後方状況を教える新技術「感覚拡張HMI」を開発
ヤマハ発動機、ライダーに音で後方状況を教える新技術「感覚拡張HMI」を開発
日刊自動車新聞
ホンダ、EV「0シリーズ」7車種の投入スケジュールが判明
ホンダ、EV「0シリーズ」7車種の投入スケジュールが判明
driver@web
角田裕毅に完勝するのがレッドブル入りの条件。リカルドはもう“手遅れ”なのか? マルコ博士に聞く「残念ながら今のところは……」
角田裕毅に完勝するのがレッドブル入りの条件。リカルドはもう“手遅れ”なのか? マルコ博士に聞く「残念ながら今のところは……」
motorsport.com 日本版
トヨタの新「シエンタ」発表! 最新型は「0円オシャ内装」に大注目!? オシャ度爆上ゲ「特別インテリア&エクステリア」で”差が付く”裏テクパッケージとは
トヨタの新「シエンタ」発表! 最新型は「0円オシャ内装」に大注目!? オシャ度爆上ゲ「特別インテリア&エクステリア」で”差が付く”裏テクパッケージとは
くるまのニュース
テレビ視聴やナビ操作ができるデータシステムのTV-KITシリーズに『ヴェゼル/ヴェゼルハイブリッド』の適合が追加
テレビ視聴やナビ操作ができるデータシステムのTV-KITシリーズに『ヴェゼル/ヴェゼルハイブリッド』の適合が追加
レスポンス
自由を高める全輪駆動能力! 個性的なルックスに多用途性を秘めた、新型「ジープ・アベンジャー 4xe」が導入
自由を高める全輪駆動能力! 個性的なルックスに多用途性を秘めた、新型「ジープ・アベンジャー 4xe」が導入
LE VOLANT CARSMEET WEB
スバルが新「4ドアセダン」を初公開! 同時に「BRZ改」もお披露目!? 3年目の集大成とは
スバルが新「4ドアセダン」を初公開! 同時に「BRZ改」もお披露目!? 3年目の集大成とは
くるまのニュース
現行JL型『ジープ・ラングラー』がさらに進化。エントリーグレード新設に加え限定モデルも導入
現行JL型『ジープ・ラングラー』がさらに進化。エントリーグレード新設に加え限定モデルも導入
AUTOSPORT web

みんなのコメント

4件
  • 葛葉恭次
    こんな戦車みてえなのに車室内置き去りは大人でもイヤだw
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村