現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いま高速で「工事現場」に突っ込む事故が増加! スマホいじり以外にもあるイマドキの理由とは?

ここから本文です

いま高速で「工事現場」に突っ込む事故が増加! スマホいじり以外にもあるイマドキの理由とは?

掲載 62
いま高速で「工事現場」に突っ込む事故が増加! スマホいじり以外にもあるイマドキの理由とは?

 この記事をまとめると

■最近の高速道路の工事現場ではこれまで以上に規制区間が広く取られている

直接ぶつかってないけど「危険な運転のクルマ」を避けたせいで事故った! これってどうにかならない?

■規制区間を広げている理由は工事現場に突っ込む事故が急増しているからだ

■スマホを操作しながらの運転とACCの過信により停止車両に突っ込む例が増えている

 便利なはずのADASが事故を招いている!?

 最近、高速道路の工事現場が少し変わってきているのをご存じだろうか。もともと事故防止のため、工事をしているエリアよりも規制区間を広く取ったりしていているのだが、よりわかりやすいように工事区間の表示を大きくしたり、トラックを手前に置いたりしている。

 これにはじつは理由があって、工事現場に突っ込む事故が急増しているからだ。実際、NEXCO中日本がXやYouTubeで複数の事故の映像をアップしたり、NEXCO東日本では社長会見で、取り上げていたりする。ちなみに事故の映像はかなり衝撃的だ。ただ突っ込むならいいが、作業員が犠牲になる例もあって、物的損害だけでないのは非常に深刻。データを見ても対停止車両の事故は増加傾向にある。

 一般的にはかなり手前から告知がされていて、現場もパイロンや電光掲示板、誘導員による旗振りなど、さまざまな手段で工事をアピールしているにもかかわらず、なぜ気が付かずに突っ込むのだろうか。その理由は大きく分けてふたつあるとされている。

 まずひとつが、スマホ運転。スマホに夢中になって工事区間に気が付かず、そのまま突っ込むというのもので、昨今、至るところでスマホ運転は見かける。信号もなく一定速度で走る高速道路は、スマホを操作しながら運転しやすいともいえ、実際に走行車線を中心にイジりまくっているクルマは多い。そうなると、工事に気が付かないというのはあるだろう。

 そしてもうひとつの理由がACCによる自動運転だ。ACCは設定内で速度と車間を自動で維持してくれるもので、いまでは多くのクルマに付いている。ただ、路上の細かなものは検知しないことがあるので、そのまま真っすぐ突っ込んでしまうというもの。

 ドライバーは、万が一に備えて運転できるようにしていなくてはならず、工事区間が近づいてきたらブレーキを踏むなり、ステアリング操作をするなどの回避行動を取ることが求められている。にもかかわらず、おそらくだが、ACCのスイッチを入れて運転はクルマに委ねて、そのうえでスマホをイジりながら移動していて突っ込むという複合した行為も原因のひとつだろう。

 いずれにしても、工事現場に突っ込むとなると物損、そして人的な被害も大きくなることが考えられるだけに、慢心した運転はしないでほしいものだ。

関連タグ

こんな記事も読まれています

アルピーヌ初のBEVモデル「A290」の実車を確認! 手の内に入りそうなスペックはまさに次世代ホットハッチ!!
アルピーヌ初のBEVモデル「A290」の実車を確認! 手の内に入りそうなスペックはまさに次世代ホットハッチ!!
WEB CARTOP
ヤマハ発動機、大型二輪車「MT-09 SP ABS」を一部改良
ヤマハ発動機、大型二輪車「MT-09 SP ABS」を一部改良
日刊自動車新聞
映画「FERRARI(フェラーリ)」7月5日公開! マイケル・マンが描く、エンツォ・フェラーリの波乱に満ちた人生。
映画「FERRARI(フェラーリ)」7月5日公開! マイケル・マンが描く、エンツォ・フェラーリの波乱に満ちた人生。
くるくら
BMW 1シリーズ 新型で最強の『M135i』、その中身とは
BMW 1シリーズ 新型で最強の『M135i』、その中身とは
レスポンス
作りやすさとリアリティがさらに向上! アオシマ、1/32楽プラ「トヨタ 86」をリニューアル【CARSMEET モデルカー倶楽部】
作りやすさとリアリティがさらに向上! アオシマ、1/32楽プラ「トヨタ 86」をリニューアル【CARSMEET モデルカー倶楽部】
LE VOLANT CARSMEET WEB
大切に使いたくなる旅のパートナー。「モルンの鞄のようなスーツケース」【Style in motion #186】
大切に使いたくなる旅のパートナー。「モルンの鞄のようなスーツケース」【Style in motion #186】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ケータハム スーパーセブン600&2000と日本限定スーパーセブン600クラシックを発売
ケータハム スーパーセブン600&2000と日本限定スーパーセブン600クラシックを発売
Auto Prove
トヨタ、レクサス「GX550」先行販売モデルの発売を延期 認証不正の影響で新規認証取得を見送り
トヨタ、レクサス「GX550」先行販売モデルの発売を延期 認証不正の影響で新規認証取得を見送り
日刊自動車新聞
データシステムがTV-KITのスマートタイプ「TTV443S」を発売。アル/ヴェル、プリウス、クラウン スポーツに適合
データシステムがTV-KITのスマートタイプ「TTV443S」を発売。アル/ヴェル、プリウス、クラウン スポーツに適合
driver@web
ハンドル周りを鮮やかに彩る全11色展開!「ビレットリボルバーエンド」がポッシュフェイスから新発売
ハンドル周りを鮮やかに彩る全11色展開!「ビレットリボルバーエンド」がポッシュフェイスから新発売
バイクブロス
広いフラットシートの二段組み! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
広いフラットシートの二段組み! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
軽量さと積載力を持ちながらドッキング機能とロック機能を採用! ライダーに欠かせない機能を詰め込んだSHADのツーリングバッグが登場
軽量さと積載力を持ちながらドッキング機能とロック機能を採用! ライダーに欠かせない機能を詰め込んだSHADのツーリングバッグが登場
VAGUE
カクカクSUVな新型「タンク」登場!  豪華内装×オフ仕様!? 川も渡れる…「700」を中国で試乗
カクカクSUVな新型「タンク」登場! 豪華内装×オフ仕様!? 川も渡れる…「700」を中国で試乗
くるまのニュース
日本が華やかな時代に誕生!トヨタ「二代目カローラ(KE20型)」とは
日本が華やかな時代に誕生!トヨタ「二代目カローラ(KE20型)」とは
バイクのニュース
ホンダ縦置き5気筒!! しかも前輪駆動って……変態ホンダ車列伝
ホンダ縦置き5気筒!! しかも前輪駆動って……変態ホンダ車列伝
ベストカーWeb
デイズルークス買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
デイズルークス買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
グーネット
カーナビが「交通事故」を防げるって本当? 単なる“ルート案内”だけじゃない、技術の最前線を学ぶ
カーナビが「交通事故」を防げるって本当? 単なる“ルート案内”だけじゃない、技術の最前線を学ぶ
Merkmal
アルピーヌ初のBEV「A290」はとっても実用的!?なのに刺激的な「らしさ満載」の5ドアホットハッチだ
アルピーヌ初のBEV「A290」はとっても実用的!?なのに刺激的な「らしさ満載」の5ドアホットハッチだ
Webモーターマガジン

みんなのコメント

62件
  • hab********
    命懸けでその時どうしても見ていなきゃいけないものがスマホの中にあるのか?
  • b3c
    安全支援装置なんて何の役にも立たないって事ですね。
    安全どころか危険を助長している。
    安全支援装置を過信している人って責任感や危機・危険意識が低すぎる。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村