現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アストン マーティンDB12へ試乗(1) 意味深い「大フェイスリフト」 高級感はベントレーに迫る

ここから本文です

アストン マーティンDB12へ試乗(1) 意味深い「大フェイスリフト」 高級感はベントレーに迫る

掲載 1
アストン マーティンDB12へ試乗(1) 意味深い「大フェイスリフト」 高級感はベントレーに迫る

メルセデスAMG由来のV8ツインターボは680ps

過去のグランドツーリング・スポーツカーのなかで、最も意味深い「大フェイスリフト」かもしれない。カナダの実業家、ローレンス・ストロール氏によるアストン マーティン買収後、初の新しいモデルになる。少量生産された、特別なモデルを除いて。

【画像】ブランドにおける最高傑作の1台 アストン マーティンDB12 競合モデル DB11も 全128枚

フェラーリから移籍した、アメデオ・フェリーサ氏とロベルト・フェデーリ氏がCEOとCTOの地位へ就任して以降でも、初めて。SUVのアストン マーティンDBXは、実際のところアンディ・パーマー氏の時代に開発されたモデルだった。

アストン マーティンが今後どのような道を歩むのか、どう変化していくのかを、指し示すモデルといえるだろう。半年ほど前にフランスで試乗した時は、従来の特長を維持しつつ、弱点を克服したように感じられた。母国、英国の公道での印象に期待がかかる。

DB11の後継となるDB12のボンネットには、メルセデスAMG由来の4.0L V8ツインターボが載る。先代のように、5.2L V12ツインターボは選べなくなった。

最高出力は、6000rpmで680psを発揮。最大トルクは、DB11 AMRのV12エンジンから15%増しの、81.4kg-mに達する。プラグイン・ハイブリッド版も、2026年に登場予定だ。

スタイリングは、真横や後方から眺めていると、DB11の面影が表れてくる。しかし、正面からの印象は明らかに異なり、全体的なプロポーションも大きく変化した。12へ数字が1つ増えたことへ、納得できる。

DB12の方が幅が広く、よりスポーティ。アストン マーティンは、グランドツアラーではなくスーパーツアラーだと表現する。「グランド」という言葉では、充分表現しきれないそうだ。

タッチモニターを獲得 システムは独自開発

シャシーは、DB11の進化版。アルミニウム材を接着したモノコック構造は、大幅に再設計され、ねじれ剛性を7%高めている。V12ツインターボ・エンジンが608psを発揮した2016年のDB11と比較して、車重は85kgも軽く仕上がった。

アストン マーティンのDBシリーズとしては初めて、トルクベクタリング機能付きの電子制御ディファレンシャルを採用。サスペンション・スプリングとアンチロールバーは先代より引き締められ、最新のアダプティブダンパーも組まれる。

ステアリングラックは、電動機械式。反応の精度とフィードバックが追求された。

インテリアでは、ダッシュボード中央にタッチモニターが備わることが、最大のトピック。ただし、ソフトウエアのデザインには改善の余地があるだろう。フォントは小さく、メニュー構造が少し複雑に思える。

とはいえ、タッチモニターだということに意味がある。しかも、メルセデス・ベンツのシステムがベースではなく、同社初となる独自開発らしい。

表示されるアイコンが小さすぎ、思うようにタップできない場合があることは、大目に見よう。ステアリングホイールやセンターコンソールには、カーソルを操作できるコントローラーがないため、頑張って正確に触れる必要があるとしても。

システムは安定性に若干欠け、稀にクラッシュする。カーナビの表示モードには、もう少しバリエーションが欲しい。タッチモニター自体も、1時間ほど動かしていたらそこそこ熱を帯びていた。今後のアップデートで、徐々に改善していくだろう。

ベントレーに迫るインテリアの高級感

大きなタッチモニターの下側には、エアコンなどの操作用に、実際に押せるハードボタンが沢山並んでいる。デジタルとアナログのインターフェイスが混在している景色は、最新感という点では及ばないかもしれないが、アストン マーティンの判断は賢明だ。

内装の素材は、インフォテインメント・システム以上に進化した。その高級感たるや、フェラーリを凌駕し、ベントレーにも迫っている。

エンジンスタート・ボタンの周囲には、ドライブモードを選ぶ触感の良いダイヤルが備わる。ヒーターやオーディオのローラースイッチも含めて、細部まで上質。高級な腕時計のような雰囲気が漂う。

車内空間は充分に広い。小物入れなどが各所に設けられ、リアシートも実用に耐える。2+2の範囲を超えないが、中学生くらいまでの子供なら、快適に座って自動車旅行に出かけられるだろう。

フロントシート側はゆったり。助手席のパートナーと、不自然に近い位置で過ごすことはない。センターコンソールは低く、うっかり肘をぶつけることもなかった。

さて、実際にグレートブリテン島の一般道へ出てみよう。2750rpmという低い回転域から、81.4kg-mものトルクを生み出すため、公道ではエンジンの主張は控えめ。聴覚的な刺激も穏やかなようだ。

この続きは、アストン マーティンDB12へ試乗(2)にて。

こんな記事も読まれています

12年ぶりに日産「軽トラ」の車名復活!「“新”クリッパー トラック」発売! 使い勝手アップして114万円から
12年ぶりに日産「軽トラ」の車名復活!「“新”クリッパー トラック」発売! 使い勝手アップして114万円から
くるまのニュース
FIA F2/FIA F3、2025年開催スケジュールを発表。大会数と開催地はともに変化なし
FIA F2/FIA F3、2025年開催スケジュールを発表。大会数と開催地はともに変化なし
AUTOSPORT web
その名は「ライオン」、新型EVトラックは航続440km…米国発表
その名は「ライオン」、新型EVトラックは航続440km…米国発表
レスポンス
アロンソ、アストン開発停滞もオーナーのストロールに全幅の信頼「他のF1チームより早くに解決できるようになるはず」
アロンソ、アストン開発停滞もオーナーのストロールに全幅の信頼「他のF1チームより早くに解決できるようになるはず」
motorsport.com 日本版
日野がEVトラック用標準電池の提案…人とくるまのテクノロジー展 2024
日野がEVトラック用標準電池の提案…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
ダイムラー・トラック、次世代EVスクールバスに新型バッテリー採用へ
ダイムラー・トラック、次世代EVスクールバスに新型バッテリー採用へ
レスポンス
新井大輝組が逆転勝利、奴田原文雄組は惜しくも3位!全日本ラリーRd.4「ラリー丹後」は山火事の影響で波乱の展開に!
新井大輝組が逆転勝利、奴田原文雄組は惜しくも3位!全日本ラリーRd.4「ラリー丹後」は山火事の影響で波乱の展開に!
くるまのニュース
落ち着きのある大人の隠れ家的な車内がいい! 日産キャラバンがベースのキャンパー
落ち着きのある大人の隠れ家的な車内がいい! 日産キャラバンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ホンダ「新型・最上級セダン」登場! 全長5m超えの“ラグジュアリー空間”を体感!? 1700km走って分かったコト
ホンダ「新型・最上級セダン」登場! 全長5m超えの“ラグジュアリー空間”を体感!? 1700km走って分かったコト
くるまのニュース
ランボルギーニ、ウラカン後継車の搭載エンジン発表。800馬力のV8ツインターボ+ハイブリッドで登場へ
ランボルギーニ、ウラカン後継車の搭載エンジン発表。800馬力のV8ツインターボ+ハイブリッドで登場へ
AUTOSPORT web
パワーなんかどうでもいい! 最後の13Bロータリー車RX-8なら6MTが30万円から買えるぜ!
パワーなんかどうでもいい! 最後の13Bロータリー車RX-8なら6MTが30万円から買えるぜ!
ベストカーWeb
X氏の値引き大作戦 クロストレックから20.0万円引き!
X氏の値引き大作戦 クロストレックから20.0万円引き!
グーネット
街乗り重視だけど快適な車中泊がしたい人にはベストかも! ホンダ フリードがベースのキャンパー
街乗り重視だけど快適な車中泊がしたい人にはベストかも! ホンダ フリードがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ホンダ、今夏発売予定のFCEVが来場者の注目の的に…人とくるまのテクノロジー展 2024
ホンダ、今夏発売予定のFCEVが来場者の注目の的に…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
【ハーレー】BLUE SKY HEAVEN 2024 にて「能登復興支援パレード」を6/2山下公園通りで開催!
【ハーレー】BLUE SKY HEAVEN 2024 にて「能登復興支援パレード」を6/2山下公園通りで開催!
バイクブロス
再生可能エネルギーだけで走るモビリティ! 「曲がる太陽電池」を搭載した次世代ソーラーEV三輪車の実証実験を開始
再生可能エネルギーだけで走るモビリティ! 「曲がる太陽電池」を搭載した次世代ソーラーEV三輪車の実証実験を開始
THE EV TIMES
埼玉南部の東西軸「完全4車線化」もうすぐ!? 「草加三郷線」拡幅工事の現状は ブツ切れ区間も解消!「足立区直結」の野望も!?
埼玉南部の東西軸「完全4車線化」もうすぐ!? 「草加三郷線」拡幅工事の現状は ブツ切れ区間も解消!「足立区直結」の野望も!?
くるまのニュース
5/25開催の「愛知カブミーティング」にスーパーカブグッズの CAMSHOP.JP が出展!
5/25開催の「愛知カブミーティング」にスーパーカブグッズの CAMSHOP.JP が出展!
バイクブロス

みんなのコメント

1件
  • bai********
    どのモデルもジェームスボンドが乗るに値するまでに
    仕上げて来ますね! 流石です
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2580.02870.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1248.02990.0万円

中古車を検索
DB11の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2580.02870.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1248.02990.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村