現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 王道の「レガシィ」「アベニール」「カルディナ」以外もイロイロあった! ワゴンブームを支えた「いぶし銀」モデル6選

ここから本文です

王道の「レガシィ」「アベニール」「カルディナ」以外もイロイロあった! ワゴンブームを支えた「いぶし銀」モデル6選

掲載 更新 72
王道の「レガシィ」「アベニール」「カルディナ」以外もイロイロあった! ワゴンブームを支えた「いぶし銀」モデル6選

 この記事をまとめると

◾︎SUVやミニバンのブームが来る前にワゴンブームがあった

見た目は実用車なのにエンジンは超強烈! リアル羊の皮を被った狼な国産車5選

◾︎商用車ベースとしたモデルも多数存在

◾︎ハイパワーマシンやグレードの多さなど、個性的なモデルが多かった

 SUVブームとミニバンブームの前はワゴンが大流行!

 クルマというのはブームが何度も起こって現在に至っている。古くはマイカーブームとして、自家用車を持つこと自体が人気になったし、サーファーブームのときはファミリアがヒットしたように、固有の車種がブームになることもある。ご存じのように現在はSUVブームで、少し前にはコンパクトカーブームというのもあった。また大きな盛り上がりとしてはミニバンブームがあった。

 さらにその前にあったのがワゴンブームで、いわゆるRVブームとも言われ、クルマそのものだけでなく、使い方も含めてブームになった。ちなみにその伏線としてはクロカンブームもあったように思う。今回は、ワゴンブームを振り返りつつ、売れっ子だったレガシィ、アベニール、カルディナ以外の思い出深いワゴンについても紹介しよう。

 ワゴンブームのきっかけとなったが、1989年に登場した初代レガシィ・ツーリングワゴンの大ヒットだ。それまではワゴンといえば、商用のライトバンの乗用車登録でしかなかったが、レガシィは日本車初のワゴン専用設計として登場した。つまりフルタイプ4WDを悪路ではなく、操安性のためとするなど、走りはセダン同様だったし、ターボのGTともなるとスポーツーカ的な走りも楽しめた。廉価グレードも用意されていたことも幅広いユーザーを獲得した理由で、これをバブルが後押しした。

 他社も指をくわえているわけではなく、トヨタからはカルディナ。日産はアベニールで迎え撃ち、レガシィほどの人気はなかったがワゴン御三家としてブームを支えた。ちなみにカルディナとアベニールは商用ベースではある。

 ブームの裾野が広がるにつれて、価格的に手が届かなかったり、ヒットモデルには乗りたくないという層もいたのは事実。御三家以外にも様々なワゴンが登場して、ブームをさらに盛り上げた。そのいくつかを紹介しよう。

 1)三菱 リベロワゴン

 ミラージュ/ランサーをベースにしたワゴンで、小ぶりなボディは扱いやすかった。注目すべきはGTで、ランサーGSR譲りの1.8リッターターボで、マイナーチェンジで205馬力を発生。しかもフロントマスクがランエボに似たものになって精悍だった。

 2)マツダ カペラカーゴ/テルスターワゴン

 当時のマツダはフォードと提携していたので基本的には同じ。注目はまずコンパクトなボディに3列シートを採用したグレードがあったこと。しかも3列目は後ろ向きだった。

 また、ディーゼルも人気で、市販車世界初となるプレッシャーウエーブターボを採用して、想像以上の速さを楽しむことができた。ただ今のようなクリーンディーゼルではなく、振動と黒煙がすごかった覚えがある。

 日産もワゴンの名手だった!

 3)日産 ステージア

 こちらはLクラスのワゴンとなるが、搭載していたのは直6。つまりスカイラインワゴンといってよかった。初代で話題になったのがGT-Rワゴンと言われて盛り上がったRSで、シングルターボではあったが、280馬力を発生。

 燃費はかなり悪くて、高速道路を走っていると針が少しずつ落ちていくのがわかったほどだ。また、オーテックからはGT-Rと同じツインターボを搭載した260RSが登場した。

 4)トヨタ カローラワゴン

 Sクラスのワゴンの代表格がカローラワゴンで、通称カロゴンと読んで親しまれていた。カローラだけに、全体的に平均点クリアな不満のないデキで、ファンも多かった。

 5)日産 ウイングロード

 ブーム末期に登場した感じだが、その前はサニーカルフォルニアとADワゴンだから、伝統の車種ではあった。初代はミニアベニール的なデザインもあって人気だった。

 6)日産 パルサーセリエS-RV

 パルサーベースのワゴンがこちら。ただセリエはもともと3ドアハッチのことなので、少々紛らわしかった。クルマそのものもさることながら、「俺の彼女は超安室、俺のクルマはS-RV」という安室奈美恵と永井豪のイラストが絡むCMも話題になった。

 また販売チャンネル違いでルキノS-RVもあった。

こんな記事も読まれています

ベストセラーのミュンヘン製コンパクトSUV BMW X2の中古モデルをテスト&徹底チェック その性能と価値は?
ベストセラーのミュンヘン製コンパクトSUV BMW X2の中古モデルをテスト&徹底チェック その性能と価値は?
AutoBild Japan
【フラッグシップSUV】 ボルボXC90 仕様変更と新価格適用 グレード名を整理しよう
【フラッグシップSUV】 ボルボXC90 仕様変更と新価格適用 グレード名を整理しよう
AUTOCAR JAPAN
フェルスタッペン、ペレスの協力でトウを得るも、予選2番手「すべて出し切ったが、ポールには少し足りなかった」
フェルスタッペン、ペレスの協力でトウを得るも、予選2番手「すべて出し切ったが、ポールには少し足りなかった」
AUTOSPORT web
JAF京都支部が交通安全啓発イベント---子ども安全免許証やリフレクBOX 7月13日開催
JAF京都支部が交通安全啓発イベント---子ども安全免許証やリフレクBOX 7月13日開催
レスポンス
【角田裕毅F1第10戦展望】「ここまで悪いと想像していなかった」Q1敗退に驚き。セットアップを変えフィーリングは改善
【角田裕毅F1第10戦展望】「ここまで悪いと想像していなかった」Q1敗退に驚き。セットアップを変えフィーリングは改善
AUTOSPORT web
フェルスタッペン優勝の一方で……ペレス、F1スペインGPで3戦ぶりに完走もまた上位入賞逃す「悪夢のようなレースだった」
フェルスタッペン優勝の一方で……ペレス、F1スペインGPで3戦ぶりに完走もまた上位入賞逃す「悪夢のようなレースだった」
motorsport.com 日本版
【ポルシェ911 GT3/GT3RS】 911オーナーへ朗報 タイヤチョイスにピレリPゼロという新たな選択肢
【ポルシェ911 GT3/GT3RS】 911オーナーへ朗報 タイヤチョイスにピレリPゼロという新たな選択肢
AUTOCAR JAPAN
どこへでも? トヨタ『ランドクルーザー70』のトートバッグ新発売
どこへでも? トヨタ『ランドクルーザー70』のトートバッグ新発売
レスポンス
ハンドリング 乗り心地 ダウンサイジング 過給エンジン……日本車が越えられないと言われ続けてきた「壁」
ハンドリング 乗り心地 ダウンサイジング 過給エンジン……日本車が越えられないと言われ続けてきた「壁」
ベストカーWeb
米「ロブ・レポート」誌においてベントレーが「ベスト・オブ・ザ・ベスト」賞を受賞! 富裕層向けメディアに選出された2台とは
米「ロブ・レポート」誌においてベントレーが「ベスト・オブ・ザ・ベスト」賞を受賞! 富裕層向けメディアに選出された2台とは
Auto Messe Web
F1第10戦、フェルスタッペンが今季7勝目、ノリスとの一騎討ちを制す【スペインGP】
F1第10戦、フェルスタッペンが今季7勝目、ノリスとの一騎討ちを制す【スペインGP】
Webモーターマガジン
軽には軽の流儀がある! 「軽デコトラ」をイケてる名車にするための三大奥義
軽には軽の流儀がある! 「軽デコトラ」をイケてる名車にするための三大奥義
WEB CARTOP
SUGOに雨。岩佐歩夢がストレート上でスピン、開始5分で赤旗終了/第3戦日曜フリー
SUGOに雨。岩佐歩夢がストレート上でスピン、開始5分で赤旗終了/第3戦日曜フリー
AUTOSPORT web
Z900RS用「トップブリッジ&ステムSET」2タイプがアグラスから発売!
Z900RS用「トップブリッジ&ステムSET」2タイプがアグラスから発売!
バイクブロス
ピレリがポルシェ『911 GT3』向けの新タイヤコレクション4種類をデリバリー
ピレリがポルシェ『911 GT3』向けの新タイヤコレクション4種類をデリバリー
レスポンス
オージーケーカブト SHUMA の新グラフィックモデル「SHUMA TREAD/シューマ トレッド」が6月下旬発売!
オージーケーカブト SHUMA の新グラフィックモデル「SHUMA TREAD/シューマ トレッド」が6月下旬発売!
バイクブロス
マツダ「“超スゴイ”ハッチバック」実車公開! “爆速ターボ”搭載!? めちゃ速&シャコタンな「MAZDA3」登場
マツダ「“超スゴイ”ハッチバック」実車公開! “爆速ターボ”搭載!? めちゃ速&シャコタンな「MAZDA3」登場
くるまのニュース
[独占&歴史的スペシャルインタビュー]2013年の衝撃!! 元R35GT-R開発責任者水野和敏氏が語った日産退社の真相とGT-Rへの思い
[独占&歴史的スペシャルインタビュー]2013年の衝撃!! 元R35GT-R開発責任者水野和敏氏が語った日産退社の真相とGT-Rへの思い
ベストカーWeb

みんなのコメント

72件
  • いかにも当時を知らないライターが書いてるんだなって記事
  • こんなテキトーな記事書いて幾ら貰えるのか知りたいです。
    教えろ下さい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

137.3200.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.0159.0万円

中古車を検索
カローラツーリングワゴンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

137.3200.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.0159.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村