サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 美しいカルストの稜線から眼下を埋める雲海を一望(愛媛県 四国カルスト)【雲海ドライブ&スポット Spot 76】

ここから本文です

雲のじゅうたんの中に延びるカルストの稜線

愛媛県と高知県にまたがる四国カルストは、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台とともに「日本三大カルスト」に数えられる景勝地。標高1400mを越える天狗高原から標高1084mの地芳峠(国道440号・旧道)にかけての稜線伝いに、白い石灰岩の露頭が点々と浮かぶ緑の草原が広がっている。

内陸で発生した霧が河口から海へと流れ出していく(愛媛県 肱川あらし)【雲海ドライブ&スポット Spot 75】

ここでは雨上がりの早朝などに雲海も発生。まるで羊の群れのように石灰岩の露頭が点在するカルストの稜線が、雲のじゅうたんの中に延びていくという、息を呑む光景が生まれる。

おすすめのニュース

サイトトップへ