現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、2024年度上期の部品調達 仕入れ先の労務費上昇などを部品価格に上乗せ

ここから本文です

トヨタ、2024年度上期の部品調達 仕入れ先の労務費上昇などを部品価格に上乗せ

掲載 11
トヨタ、2024年度上期の部品調達 仕入れ先の労務費上昇などを部品価格に上乗せ

トヨタ自動車は2月19日、仕入れ先から調達する部品価格について、2024年度上期(4~9月)から仕入れ先の労務費上昇分や労働環境改善など「人への投資」に必要な費用の一部を盛り込む方針を明らかにした。労務費や労働環境改善分を仕入れ価格に反映するのは今回が初めて。また、トヨタは直接取引があるティア1(一次取引先)に対し、仕入れ先へ同様の価格反映を進めるよう求めた。物価上昇に伴う実質賃金の低下で高水準な賃上げが求められる中、労務費を価格に転嫁していく好循環を生み出すことでサプライチェーンの強靭化を目指す。

トヨタのティア1は国内約400社あり、仕入れ価格の改定を年2回行っている。4月に実施する価格改定について、労務費に関する価格反映の算定は個社ごとに判断する。トヨタの調達担当者は「個社ごとに経営環境や課題は異なる。そこにしっかり対応していきたい」と話す。労働環境についても個々に必要なものを提案してもらい、人材の採用や生産性の向上につながるものについて仕入れ価格への反映を認める方針だ。

トヨタ系部品メーカーで労務費転嫁の動き 2024年4~9月期の価格改定要請で焦点に

また、2月上旬にはティア1各社が同様の取り組みを取引先に広げるよう書面で通達した。労務費の価格反映をサプライチェーン全体に広げる考えだ。

トヨタは年2回の価格改定時に、仕入れ先と協力して原価低減活動を行う結果として、1%未満の範囲内で仕入れ価格の引き下げを求めてきた。ただ、原材料価格の高騰や車両生産の急変動に伴って仕入れ先の負担が増えたことから、ティア1の約2割を占める中小企業に対して価格改定を除外している。この取り組みについては24年上期も継続する。人への投資に加え、原材料やエネルギー費の高騰分の価格反映も継続することで「トータルで24年上期の改定について(前年同期より)値上げを大きくしていく」(調達担当者)という。

関連タグ

こんな記事も読まれています

日産、2023年度決算見通しを下方修正 販売計画に届かず サプライヤー関連費用も拡大
日産、2023年度決算見通しを下方修正 販売計画に届かず サプライヤー関連費用も拡大
日刊自動車新聞
札幌市、2024年度のEV補助金を一律10万円へ 軽EVは5万円 より多くの購入者に支給
札幌市、2024年度のEV補助金を一律10万円へ 軽EVは5万円 より多くの購入者に支給
日刊自動車新聞
三菱ふそう、バス運転手の派遣を事業化 「2024年問題」にハードだけでなく人も
三菱ふそう、バス運転手の派遣を事業化 「2024年問題」にハードだけでなく人も
日刊自動車新聞
JSR、産業革新投資機構によるTOBが成立 2024年夏にも上場廃止
JSR、産業革新投資機構によるTOBが成立 2024年夏にも上場廃止
日刊自動車新聞
太平洋工業、北大垣工場の敷地内にバルブ製品の新工場を建設
太平洋工業、北大垣工場の敷地内にバルブ製品の新工場を建設
日刊自動車新聞
東海理化、トヨタ・プリウス向け後部ドアスイッチのリコール 関連費用で110億円
東海理化、トヨタ・プリウス向け後部ドアスイッチのリコール 関連費用で110億円
日刊自動車新聞
トヨタ、堤工場第1ラインを18日から稼働再開 後席ドア不具合のプリウスは当面生産停止を継続
トヨタ、堤工場第1ラインを18日から稼働再開 後席ドア不具合のプリウスは当面生産停止を継続
日刊自動車新聞
チャットGPTのオープンAI、東京オフィス開設へ 自動車業界でも導入広がる生成AI
チャットGPTのオープンAI、東京オフィス開設へ 自動車業界でも導入広がる生成AI
日刊自動車新聞
警察庁、大型トラック・バスにAT限定免許を新設 2026年4月から順次導入
警察庁、大型トラック・バスにAT限定免許を新設 2026年4月から順次導入
日刊自動車新聞
ホンダ、N-VANをマイナーチェンジ 一部仕様に急アクセル抑制機能を追加
ホンダ、N-VANをマイナーチェンジ 一部仕様に急アクセル抑制機能を追加
日刊自動車新聞
不透明なビジネスはお断り 個人が中古車を企業に販売する「ネット市場」は今後拡大するのか
不透明なビジネスはお断り 個人が中古車を企業に販売する「ネット市場」は今後拡大するのか
Merkmal
ダイハツ、ムーヴキャンバスとロッキー/ライズHVの出荷停止が解除 現行モデルすべての試験完了
ダイハツ、ムーヴキャンバスとロッキー/ライズHVの出荷停止が解除 現行モデルすべての試験完了
日刊自動車新聞
トヨタ車体の富士松工場、17日から稼働再開 生産工程確認が完了 ノア・ヴォクシー・アルファードなどを生産
トヨタ車体の富士松工場、17日から稼働再開 生産工程確認が完了 ノア・ヴォクシー・アルファードなどを生産
日刊自動車新聞
大型・中型車もAT限定免許、「物流の2024年問題」で警察庁が導入検討[新聞ウォッチ]
大型・中型車もAT限定免許、「物流の2024年問題」で警察庁が導入検討[新聞ウォッチ]
レスポンス
中古BEV相場は急落する? 必要なのは「長く安心して使える制度」と「ブロックチェーン」
中古BEV相場は急落する? 必要なのは「長く安心して使える制度」と「ブロックチェーン」
ベストカーWeb
トヨタ、ランドクルーザー250を発売 2.8Lディーゼルと2.7Lガソリンを設定 520万円から
トヨタ、ランドクルーザー250を発売 2.8Lディーゼルと2.7Lガソリンを設定 520万円から
日刊自動車新聞
今度のCEV補助金は日本メーカーが圧倒的に有利! 純エンジン車もHEVもいいけどいまこそBEVの車種拡充も頼む!!
今度のCEV補助金は日本メーカーが圧倒的に有利! 純エンジン車もHEVもいいけどいまこそBEVの車種拡充も頼む!!
WEB CARTOP
メルセデスF1、2023年の売上高は1051億円に。5億ポンド超えはF1チームとして初
メルセデスF1、2023年の売上高は1051億円に。5億ポンド超えはF1チームとして初
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

11件
  • awv********
    まあ、車の価格に載せるだけだから、トヨタとしては影響は少ないでしょう。
  • おおた まさかず
    トヨタは下請けに対して絞り過ぎだと思う。
    佐吉より諭吉‼︎
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村