サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダが突如展示した「CB1000R CUSTOMIZED CONCEPT」伊藤真一さんの印象はいかに?【ロングラン研究所スペシャル】

ここから本文です

ホンダが突如展示した「CB1000R CUSTOMIZED CONCEPT」伊藤真一さんの印象はいかに?【ロングラン研究所スペシャル】

伊藤真一さんが東京モーターショー2019の会場で「すぐにでも乗りたい!」と思ったホンダ車を1台ずつ紹介します! 今回はブラックアウトされたカスタムが話題となったCB1000R CUSTOMIZED CONCEPTです。
まとめ:宮﨑健太郎/写真:松川 忍・南 孝幸/モデル:大関さおり

伊藤真一(いとうしんいち)

開発者に聞いた、ヤマハ「セロー250 ファイナルエディション」

1966年、宮城県生まれ。88年ジュニアから国際A級に昇格と同時にHRCワークスチームに抜擢される。以降、WGP500クラスの参戦や、全日本ロードレース選手権、鈴鹿8耐で長年活躍。

2019年に行なわれた鈴鹿8耐では「Honda Dream RT 桜井ホンダ」チームで見事10位を獲得!

凝った造りと質感はさすがメーカー製カスタム
CB1000Rは、以前から欲しい! と言っているお気に入りのモデルですが、このコンセプトモデルはとても雰囲気がいいですね。

燃料タンクの形状などからセパレートハンドルは付けられないので3ピース構造のハンドルが付いていますが、Uターンも問題なくこなせる切れ角とのことで、とてもまとまりが良いと思いました。

バーエンド型のミラーも後方視認性が良くて、社外品を組み合わせてもまとまりが良いのは、さすがバイクメーカーの仕事ぶりだと感じましたね。

ブラックアウトは2輪だけでなく4輪でも流行のフィニッシュですが、同じ黒でも各部の仕上げをどうするかがとてもよく考えられていて、塗装のクオリティはじめ質感の高さが印象的でした。

自分がCB1000Rを購入してカスタムしたら…。イメージとしてはこのモデルに近いというか、メーカーのテストライダーに乗っていただいても、恥ずかしくないものに仕上げたいな、と思いました。

〈おすすめ関連記事〉ホンダ「CB1000R」は海外でもカスタム車として大人気!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します