サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > センチュリーの先祖、国産初のV8エンジン搭載「クラウンエイト」【東京オリンピック1964年特集Vol.12・その2】

ここから本文です

前回東京オリンピック開催年、1964年を振り返る連載12回目は、driver1964年6月号に掲載された2台。その1の「ベレット」に続いて、「クラウンエイト」をお届けする。

〈該当記事はこちらより〉※オリジナルサイト参照

センチュリーのご先祖「クラウンエイト」を写真で見る

■直4だけだったのに、イキナリV8搭載へ

言うまでもなく、日本初のV型8気筒エンジン車。当時、官公庁や法人のクルマはアメリカ車や欧州車がほとんどで、そのニーズに対応できる国産大型車として企画された。2代目クラウンはまだ直4のみで、クラウンシリーズとしては6気筒を飛び越えいきなりV8を搭載したことになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ