現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 後輪駆動のベビーランボの最新仕様!「ランボルギーニ ウラカン テクニカ」日本上陸へ

ここから本文です

後輪駆動のベビーランボの最新仕様!「ランボルギーニ ウラカン テクニカ」日本上陸へ

掲載 更新 2
後輪駆動のベビーランボの最新仕様!「ランボルギーニ ウラカン テクニカ」日本上陸へ

 ピュアエンジンの新型車投入最終年となることを公表しているランボルギーニだが、その第1弾となるランボルギーニのV10搭載車、「ウラカン」の最新モデル「ウラカン テクニカ」が4月22日、日本初披露された。

 自然吸気のV10エンジンを搭載した後輪駆動車である「テクニカ」は、いったいどんなベビーランボなのか、その特徴を紹介しよう。

後輪駆動のベビーランボの最新仕様!「ランボルギーニ ウラカン テクニカ」日本上陸へ

文・写真/大音安弘

■最新技術による磨き上げを示す「テクニカ」の名

 ランボルギーニ・ジャパンは2022年4月22日、東京・六本木にある「ザ ランボルギーニ スタジオ 東京」にて、V10ミドシップスポーツ「ウラカン」の最新モデル「ウラカン テクニカ」を日本初披露した。

ランボルギーニ ウラカン テクニカのプレスイベントに登壇した ランボルギーニ・ジャパンのダビデ・スフレコラ ブランドディレクター

 最新モデルとなる「テクニカ」は、後輪駆動のウラカンのアップデートモデル。アウトモビリ・ランボルギーニは、同車を公道とサーキットの両方でのドライビングの楽しさや理想のライフスタイルを追求するドライバーに向け、開発した次世代の後輪駆動V10モデルと紹介する。

 これまでのウラカンシリーズのなかでは、サーキット指向のSTOとストリート性能を重視したEVO RWDの中間に位置するオールマイティな存在であり、ウラカンシリーズを完成させる存在だという。

 4WDモデルも用意されるウラカンのなかで、RWDモデルを完成形と位置付けるところに、ウラカンが操る魅力にあふれたスーパーカーであることを感じさせる。

■よりアグレッシブとなったエアロダイナミクス

 専用となるエクステリアは、空力効率と軽量化技術による性能の追求を図りながら、よりアグレッシブに進化。特徴となるブラックのY字デザインが特徴的なフロントバンパーは、ウラカンシリーズ初となるエアロカーテンを組み込んだもの。

 さらに、フロントスプリッターには、細いオープンスラットを備え、タイヤへと空気を流すことで、ダウンフォースと冷却の向上を図っているという。

 デザインアクセントとして、フロントガラスのベース部をブラック化しており、フロントカーボンボンネットの存在を意識させ、さらなる軽量化を図ったことも主張する。

最新ランボルギーニのアイコンであるY字デザインを取り入れた新バンパーは、より刺激的なエクステリアの構築にひと役買う

 リアスタイルも機能性の向上を考慮した改良が図られており、新デザインの固定式リアウイングを採用することで、後方の視認性も改善。この固定式リアウイングは、EVO RWDと比較して、リアダウンフォースが35%増加させ、逆にドラックで20%の低減を実現させているという。

 軽量なカーボンファイバー製エンジンフードもデザインを一新した。さらにリアバンパーも新デザインのもので、STO同様に、高い位置に六角形デザインのエキゾーストパイプが配置され、V10エンジンの存在を強調している。

固定式ウイングは、空力特性だけでなく、後方視界の改善にも役に立つ

■高性能モデルSTO譲りのV10エンジン

 フィナーレが近づいている自然吸気のV10エンジンも最強スペックのものを与えた。同じRWDである「EVO RWD」では、あえて4WDの「EVO」よりもスペックダウンされたエンジンが搭載されていたが、ウラカンの完成形を謳う「テクニカ」では、同じRWDでも、サーキット指向の「STO」と同じスペックが与えられているのが特徴だ。

 5.2L、V10のスペックは最高出力640ps/8000rpm、最大トルク565Nm/6500rpmを発揮。これにより最高速度は325km/hに達し、0-100km加速が3.2秒。0-200km/hの到達にも、9.1秒しかかからない。その強力な加速力を示すように、パワーウェイトレシオは2.15kg/psに過ぎないのだ。

自然吸気の5.2LV10エンジンを搭載。トランスミッションは、7速DCTを組み合わせる

 公道とサーキットともに最高のパフォーマンスを発揮させるための秘密兵器が車両統合システム「LDVI(ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インタグラータ)」だ。テクニカ専用に変更された「P-TCS」やトルクベクタリング機能付きのリアホイールステアリング、特別仕様のサスペンションなどを、ドライバーの選んだモードに合わせ、制御を最適化することで、いかなるシーンでもV10エンジンを楽しめるオールラウンドなキャラクターを実現。

 もちろん、安全性と的確な操作に重要となるブレーキシステムも、冷却性を高める改良が施され、安定したブレーキ性能とブレーキパッドの消耗低減を図っている。

■レーシーな香り漂うコックピット

 テクニカのコックピットは、快適性を維持しながらも、レーシーな香りに仕上げられている。ドアパネルは無塗装のカーボンファイバー製となり、ドアハンドルの代わりにドアベルトを装備。シートも軽量なカーボンファイバー製バケットシートとなる。しかしながら、快適性の確保にも抜かりはない。

 例えば、高いホールド性を実現するバケットタイプのスポーツシートは、前後調整がしやすいように、大型のレバーを座面の先端中央部に設けている。

 一新されたインターフェイスもテクニカ専用のアイテムで、快適機能としては、apple CarPlayやandroid Autoに加え、Amazon Alexaにも対応。さらにSTOから着想を得たサーキットユースの機能も含まれているという。

かなりスパルタンな印象を受けるコックピットだが、快適性もしっかりと磨かれている

■カタログモデルだが入手は困難か!?

 ウラカン テクニカは、ウラカンシリーズの最後を飾るモデルではなく、カタログモデルとなる。実は、ピュアエンジンを積むウラカンのフィナーレを飾る最後モデルが用意されているようなのだ。

 しかし、カタログモデルとはいえ、少量生産かつ販売台数を伸ばしているランボルギーニだけに、即オーダーしなくては入手困難となる可能性は非常に高い。

 テクニカの日本での価格は、2999万円となる見込み。諸費用などを含めると、最低でも3000万円前半の支払いとなるだけに、誰でも手が伸ばせるモデルではないが、伝統的なハイパワーの後輪駆動のランボルギーニであり、公道とサーキットの両面で楽しめるモデルであることを考えると、お買い得という表現も決してリップサービスとは言えないだろう。

640hpエンジンとRWDであることを占めるエンブレム。まさにランボらしい一台だ

こんな記事も読まれています

クルマに加工された「謎のツブツブ模様」なぜ必要? どうして車種によって有無がある? 気になる「不思議な印」の役立ち方とは
クルマに加工された「謎のツブツブ模様」なぜ必要? どうして車種によって有無がある? 気になる「不思議な印」の役立ち方とは
くるまのニュース
ホンダの[英断]がマジで凄い!! [SUV販売トップ]のヤリスクロス超えなるか? 300万円以下コンパクトSUVを徹底比較
ホンダの[英断]がマジで凄い!! [SUV販売トップ]のヤリスクロス超えなるか? 300万円以下コンパクトSUVを徹底比較
ベストカーWeb
いつしか消えた軽自動車のホットハッチの復活希望! お金のない若者を育ててくれた「安くて面白くてバカッ速」モデルを振り返る
いつしか消えた軽自動車のホットハッチの復活希望! お金のない若者を育ててくれた「安くて面白くてバカッ速」モデルを振り返る
WEB CARTOP
高齢者の危険運転をなくすための講習ではないの!? 高齢者講習の運転技能検査とは?
高齢者の危険運転をなくすための講習ではないの!? 高齢者講習の運転技能検査とは?
LE VOLANT CARSMEET WEB
自転車を“後付け”で電動に! 話題のホンダ「スマチャリ」発売後の反応が気になる【次世代モビリティ最前線!Vol.4】
自転車を“後付け”で電動に! 話題のホンダ「スマチャリ」発売後の反応が気になる【次世代モビリティ最前線!Vol.4】
くるくら
ダエグのリア周りにダイレクトなフィーリングを!ZRX1200 DAEG 用「口の字断面スイングアーム ポリッシュ」がアクティブから6月発売
ダエグのリア周りにダイレクトなフィーリングを!ZRX1200 DAEG 用「口の字断面スイングアーム ポリッシュ」がアクティブから6月発売
バイクブロス
【ポイントランキング】2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP終了時点
【ポイントランキング】2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP終了時点
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、ノリス&ペナルティの脅威と戦い辛勝「ハードが機能せず厳しかった。逃げ切ることができて安堵」
フェルスタッペン、ノリス&ペナルティの脅威と戦い辛勝「ハードが機能せず厳しかった。逃げ切ることができて安堵」
AUTOSPORT web
過去最高業績!「バイクで絶好調のスズキ」に死角はないのか? 肩身狭かった二輪の躍進
過去最高業績!「バイクで絶好調のスズキ」に死角はないのか? 肩身狭かった二輪の躍進
乗りものニュース
国道・高速道路の「上り・下り」 “定義”を知らない人が多すぎる!
国道・高速道路の「上り・下り」 “定義”を知らない人が多すぎる!
Merkmal
6/26申込締切「ロボタクシー」サービスの今とこれから~市場と主要企業の最新動向~
6/26申込締切「ロボタクシー」サービスの今とこれから~市場と主要企業の最新動向~
レスポンス
アクラポビッチのオリジナルグッズがアクティブから登場!
アクラポビッチのオリジナルグッズがアクティブから登場!
バイクブロス
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
くるまのニュース
正しい乗り方は! 基本的なライディングフォーム「リーンウィズ」って何?
正しい乗り方は! 基本的なライディングフォーム「リーンウィズ」って何?
バイクのニュース
ルノー『ラファール』にもうひとつのアルピーヌ、「アトリエ」仕様登場…専用チューンの足回り
ルノー『ラファール』にもうひとつのアルピーヌ、「アトリエ」仕様登場…専用チューンの足回り
レスポンス
かっこいいわ…… ランクルの世界観を拡張するブランドアイテム「LAND CRUISER COLLECTION」春夏10商品が登場
かっこいいわ…… ランクルの世界観を拡張するブランドアイテム「LAND CRUISER COLLECTION」春夏10商品が登場
ベストカーWeb
宿の看板猫ランキング2024。2年連続トップは「おもち」くん! ドライブで看板猫に会いに行きたい。
宿の看板猫ランキング2024。2年連続トップは「おもち」くん! ドライブで看板猫に会いに行きたい。
くるくら
驚愕「1億超え」も!? 日本一の高級車ってどのクルマ? いつか乗りたい“高級国産車”ランキングトップ3
驚愕「1億超え」も!? 日本一の高級車ってどのクルマ? いつか乗りたい“高級国産車”ランキングトップ3
くるまのニュース

みんなのコメント

2件
  • シアンみたいなY型のライト追加ガーニッシュ?がモデル最末期の悪あがきを感じます。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2654.04150.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2180.06500.0万円

中古車を検索
ウラカン (クーペ)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2654.04150.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2180.06500.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村