現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 超レトロなダイハツ「軽セダン」が面白い! チャレンジを詰め込んだ“斬新すぎる”軽自動車「オプティ」の凄さとは

ここから本文です

超レトロなダイハツ「軽セダン」が面白い! チャレンジを詰め込んだ“斬新すぎる”軽自動車「オプティ」の凄さとは

掲載 14
超レトロなダイハツ「軽セダン」が面白い! チャレンジを詰め込んだ“斬新すぎる”軽自動車「オプティ」の凄さとは

■軽自動車の常識を崩した「ユニークモデル」

「軽自動車」を主軸にコンパクトなクルマを数多く手掛けるダイハツは、軽自動車ならではの“限られた規格”の中で様々なチャレンジを行ってきました。
 
 記憶に残るユニークなモデル「オプティ」も、まさにチャレンジングな試みを詰め込んだ画期的な一台です。

【画像】いま見てもカッコいい! 斬新な「オプティ」を画像で見る(11枚)

 初代「オプティ」が発売されたのは、1992年1月のこと。

 同車は当時のダイハツの看板車種だった「ミラ」の上位に位置するモデルとして開発されました。

 ミラをベースとする3ドアハッチバックボディは、丸みを帯びた柔らかな印象のフォルムが特徴で、「見た目が可愛い」と一躍女性を中心に人気となります。

 また同時に、オプティはダイハツのスペシャリティカー「リーザ」の後継ポジションも兼ねるという背景もあったため、軽自動車でありながら高級感を感じられる内装を備えていた点もオプティが人気を高めた理由のひとつだと言えるでしょう。

 この初代モデルの登場から約1年後の1993年8月には、ボディタイプをまさかの「5ドアハッチバック」のセダン風シルエットに変えた「後期型」が登場します。

 さらにこの後期型では1996年から、丸目ライトに半円形グリルのクラシックなフロントデザインを採用したモデル「クラシックグレード」をラインアップに追加。

 こちらも見た目の可愛らしさから、前期型と同様に女性ユーザーから高い評価を獲得しました。

 そして1998年に全面刷新し登場した2代目オプティは、さらに驚くべき進化を遂げます。

 初代は前期・後期ともにドア数の違いはあれど、構造上はハッチバックタイプとなっていましたが、2代目はショートノッチバックの4ドアセダンという軽自動車では異例の珍しいボディ形状へと生まれ変わりました。

 同車は基本グレードの「CL」と「CX」に加え、2種類のスポーツグレードをそれぞれ4タイプ展開しており、中でも人気が高かったのが、4気筒DOHC16バルブターボエンジンと5速MT、特製ローダウンサスペンションを装備した「エアロダウンビークス」。(4WDモデルのみ3気筒エンジンを搭載)

 こちらは軽自動車ならではの取り回しの良さと軽快な走りが、若い世代の男性に刺さりヒットします。

 このように初代にも劣らぬ挑戦的な要素を盛り込んで高い人気を得た2代目オプティですが、徐々に販売台数が低下し2002年7月に生産を終了。

 翌年8月には完全に販売終了となりました。

※ ※ ※

 軽自動車でありながら高級感のある仕上げを取り入れたり、ノッチバックの4ドアのセダンという非常に攻めたスタイルを採用するなど見所の多いオプティは、初代は女性から、2代目は男性から高い評価を得るという、モデル途中でユーザー層が大きく分かれた面白いクルマでもありました。

 まさに、今ではなかなか真似の出来ない「攻めたクルマ」だったと言えるでしょう。

 このオプティ(とくに先述のエアロダウンビークス)は販売終了から20年以上経過した現在でも根強い人気があり、中古市場でも程度の良いものならば100万円前後となかなか高額な値で流通しています。

 とはいえそもそも玉数自体が少ないのですが。

こんな記事も読まれています

トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
レスポンス
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
ベストカーWeb
カーユーザーはどれくらいの頻度で洗車しているのか?
カーユーザーはどれくらいの頻度で洗車しているのか?
@DIME
なぜガソスタで「空気圧高くしますか?」と聞かれる? 規定値より高めの意味は? 定番セリフに隠された“重要メッセージ”とは
なぜガソスタで「空気圧高くしますか?」と聞かれる? 規定値より高めの意味は? 定番セリフに隠された“重要メッセージ”とは
くるまのニュース
制服でバイクに乗っても良いの? 誰かに怒られる事はあるのか?
制服でバイクに乗っても良いの? 誰かに怒られる事はあるのか?
バイクのニュース
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
レスポンス
群馬では悲しい事故も! 対策はないものか? 列車の接近を知らせる設備がない第4種踏切がまだ2400か所も!
群馬では悲しい事故も! 対策はないものか? 列車の接近を知らせる設備がない第4種踏切がまだ2400か所も!
ベストカーWeb
トヨタ・プロボックスが一部改良で安全装備を拡充
トヨタ・プロボックスが一部改良で安全装備を拡充
カー・アンド・ドライバー
フェルスタッペン、26年F1に導入予定の”アクティブエアロ”は大嫌い!「それよりも、マシンの重量を軽くすることを目指すべきだ」
フェルスタッペン、26年F1に導入予定の”アクティブエアロ”は大嫌い!「それよりも、マシンの重量を軽くすることを目指すべきだ」
motorsport.com 日本版
スズキの新型「ド迫力軽ワゴン」公開! 驚きの”シャコタン”&エアロ仕様!“スポーティ感”爆上げの「スペーシアカスタム コンプリートカー」233万円から発売へ
スズキの新型「ド迫力軽ワゴン」公開! 驚きの”シャコタン”&エアロ仕様!“スポーティ感”爆上げの「スペーシアカスタム コンプリートカー」233万円から発売へ
くるまのニュース
自転車に乗っている時も音楽が聴きたい! 注意すべきポイントとは?
自転車に乗っている時も音楽が聴きたい! 注意すべきポイントとは?
バイクのニュース
日本型ライドシェア、横浜や川崎で4月12日より順次開始
日本型ライドシェア、横浜や川崎で4月12日より順次開始
レスポンス
やっぱりロバンペラは異次元! FDJ参戦ドライバーにWRC王者の印象を直撃した
やっぱりロバンペラは異次元! FDJ参戦ドライバーにWRC王者の印象を直撃した
WEB CARTOP
シトロエン・ベルランゴに特別仕様車「アウトドア パック」を設定
シトロエン・ベルランゴに特別仕様車「アウトドア パック」を設定
カー・アンド・ドライバー
BYDジャパン、東京・原宿でEVイベント「ありかも、BYD Park!」4月15日まで開催
BYDジャパン、東京・原宿でEVイベント「ありかも、BYD Park!」4月15日まで開催
日刊自動車新聞
メルセデス・ベンツ EQAを大幅改良し、エクステリア、インテリアデザインを変更
メルセデス・ベンツ EQAを大幅改良し、エクステリア、インテリアデザインを変更
Auto Prove
アルファ初の電気自動車「アルファロメオ ミラノ」登場!もちろんマイルドハイブリッドもあり
アルファ初の電気自動車「アルファロメオ ミラノ」登場!もちろんマイルドハイブリッドもあり
AutoBild Japan
【MotoGP】クアルタラロ契約延長の裏に、ヤマハ『巨大マル秘プロジェクト』の存在? 復活に向けた動きが残留決め手に
【MotoGP】クアルタラロ契約延長の裏に、ヤマハ『巨大マル秘プロジェクト』の存在? 復活に向けた動きが残留決め手に
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

14件
  • motorider
    先日、赤いオプティの4ドア(ピラード)ハードトップを見かけました。発売当時ですら滅多に見かけなかったクルマなので嬉しかった。(凹みも無く)キレイに乗られていました。(希少車なので)いつまでも大事に乗られてください。
  • fd3********
    モデルライフ途中で「標準仕様」が無くなってクラシックになったんだよな
    尖った車種だから、それで正解だったと思うけど
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

93.8129.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.594.0万円

中古車を検索
オプティの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

93.8129.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.594.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村