サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > BMWがジュネーブ・モーターショー2020の出展概要を発表! 3シリーズのプラグインハイブリッド車「330e xDrive」を世界初公開

ここから本文です

BMWがジュネーブ・モーターショー2020の出展概要を発表! 3シリーズのプラグインハイブリッド車「330e xDrive」を世界初公開

2月19日、BMWは3月5日に一般公開されるジュネーブ・モーターショー2020の出展概要を発表した。

3シリーズは高出力ディーゼルのマイルドハイブリッド仕様「M340d xDrive」も初公開

トヨタがジュネーブ・モーターショー2020での新コンパクトSUVをワールドプレミア! ティザー画像を公開

 今回の同ショーでBMWは、加速させている電動化戦略をアピール。3シリーズのセダン&ツーリングのプラグインハイブリッドモデル「330e xDrive」を世界初公開する。

 330e xDriveのパワートレインは、2.0L直列4気筒ガソリンエンジンと8速AT(ステップトロニック)にモーターを組み合わせ、システム総合で252hpと420Nmを発揮。さらにエクストラブースト機能によって最大10秒間、292hpに最高出力が高められる。EVモード時の航続距離は最大で68kmだ。

 3シリーズではさらに、ディーゼルエンジンを用いたマイルドハイブリッド仕様の「M340d xDrive」も初披露される。こちらもセダンとツーリングの両ボディに設定され、340hpと700Nmを引き出す3.0L直列6気筒ディーゼルターボエンジンに11hpの48V電装システムを組み合わせる。


 M340d xDriveには、MスポーツサスペンションやMスポーツディファレンシャル、Mスポーツブレーキシステムが標準装備されるほか、Mパフォーマンスモデル専用の内外装が採用される。0-100km/h加速タイムはセダンで4.6秒、ツーリングで4.8秒だ。


 これら3シリーズの追加機種は、今年の夏以降に市場導入される見通しだ。


 さらにBMWは同ショーで、2020年末までに生産がはじまる新型EVの「iX3」、2021年に登場する「i4」、「iNEXT」も披露。同社では2021年までに電気駆動技術を採用したモデルを100万台以上販売する計画で、全販売台数のうち電動化モデルが占める割合を2025年までに3分の1に、2030年までに半分にする方針だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します