現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【最新スーパースポーツ試乗】ポルシェ911誕生60周年記念車、S/Tは珠玉のワインディングスポーツである!

ここから本文です

【最新スーパースポーツ試乗】ポルシェ911誕生60周年記念車、S/Tは珠玉のワインディングスポーツである!

掲載 5
【最新スーパースポーツ試乗】ポルシェ911誕生60周年記念車、S/Tは珠玉のワインディングスポーツである!

S/Tは往年のモデルに敬意を払ったMT専用車

 2023年で還暦を迎えた911シリーズ。それを記念して生まれ年と同じ数字=1963台の限定モデルとして登場したのが992ベースの911S/Tだ。「ST」とは初代911、ナロー901時代に存在した軽量で高性能なレース用ベースモデル。伝説のナナサンカレラ(911RS)が登場する1973年以前に、モータースポーツ用として販売された特別なモデルである。

ポルシェ911の誕生60周年を記念した特別限定モデル「911 S/T」が登場

 それゆえ「蘇った」S/Tは現行の911シリーズにおいて最もピュアでファンなロード&スポーツカーとして企画された。最高速やニュルのラップタイムといった数字はひとまず脇において、ドライビングプレジャーを真摯に追求したモデルだと開発陣は胸を張る。「ワインディングロードで最高に楽しめる992」、というわけだ。

 パワートレーンを見ればポルシェの本気がわかる。最高出力525psの4リッター水平対向自然吸気エンジンはGT3RSと同スペック。これに軽量クラッチとシングルマスフライホイールをセットして回転質量を減らし、クロースレシオの専用6速MTを組み合わせた。操る楽しみを追求したがゆえ、2ペダルの設定はない。またダンパーやスプリングといった足回りのハードそのものはGT3と変わらないが、制御ロジックはまるで異なっている。さらにリアアクスルシステム(後輪操舵)を省き、センターロックのマグホイールを奢った。すべてがサーキットでのスタビリティよりもオンロードでのグリップ性を重視したチーニングである。

 スタイリングは、GT3ツーリングパッケージ仕様とほぼ同様。大袈裟なスポイラー類はない。ナローの911STもまたリアスポイラーなどのエアロデバイスを装備しなかったからだ。

 軽量化も万全。かつての901STでもFRPやアルミ、薄板スチールなどを活用して軽く仕立てられていたが、今回の992S/Tは、その先をいく。ボンネット、ルーフ、フロントフェンダー、ドアをCFRP(カーボン)とした。
 結果、現代のS/TはGT3ツーリングパッケージに比べて40kg軽い1380kgに収まった。991ベースの911Rが1370kgだったから、パワーウェイトレシオでは上回っている。もちろん現行世代で最も軽い911だ。

 なぜ「ST」ではなく「S/T」なのか? 担当者の回答は「911SでありTでもあるから」と模範回答したうえで、「STという名のモデルをすでにフォードが出している」という理由もあったらしい。

まさにスペシャルなドライビングマシン。楽しさピカイチ!

 肝心の走りはどうか。重めのクラッチを踏み込みアイドリングでミートしてスタート、と思いきやいきなりエンストした。S/Tはエンジンの切れ味が鋭く、フライホイールは軽い。煽ってつないだほうがいい。登り道をバックするときはさらに難しく、2度もエンストした。ここ数年で最高のエンスト回数だ!

 まずは少々荒れた一般道を走り出す。乗り心地は思いのほかいい。引き締まっているけれども、衝撃が内臓まで届くような厳しさはない。これなら日常的にもなんとか使えそうだ。こんどは中央のスイッチを押してサスペンションをスポーツにセットする。GT3級の硬い乗り心地を覚悟していたが……ほとんど変わらなかった。少しハードにはなるが、板の上に座るような感覚はない。GT3がそうであったように、上質な硬さである。

 GT3用よりもクロースしたギアレシオと10mm短いシフトストロークが相まって、6速MTは実に小気味いいギアチェンジが楽しめた。走り出せば、重いペダルも軽いフライホイールもむしろ有難い。

 峠道に入るとほとんど2速(120km/hくらいまでカバー)、もしくは3速(165km/hくらいまで)固定で十分だ。6000から7000rpmあたりをキープしつつ、ときおり8000rpmまで回しても、まるで気にならない。いや、むしろ永遠に回していたい気分になる。それでいて1000rpmちょいでもトルクを実感。右足の踏み込みに応えてくれるから3速キープで走ることもできる。

 5000rpmあたりからの咆哮に痺れる。ラウドだが、下品さはまるでない。運転好きの心に響くメカニカルなノイズで車内が満たされ、野太いエグゾーストサウンドに血肉が沸き踊る。

 オートブリッピングが特筆ものだ。マニュアル派にとっては「余計なお世話」でしかなかった装備も、これだけ上手に決められると手放せなくなる。クラッチを踏んでレバーを動かすという操作が、すでにクルマへの積極的なかかわりである。2ペダルより断然に楽しい。

 最も感動したのはタイトベントのコーナリングだった。後輪操舵システムが残ってる?と思ったほどリアタイヤが面白いようについてくる。駒を回すように曲がっていく。多少の舗装荒れをモノともせずに大地をしっかり蹴って突き進む。楽しい!

 911S/Tは、ワインディングロードの楽しさにおいて現代最高のスポーツカーだ。街中ではけっこう快適で、高速道路では申し分のないGTになる。オールマイティさでも至高の911というべきだろう。

ポルシェ911S/T 主要諸元

モデル=911S/T
価格=6MT 4118万円
全長×全幅×全高=4573×1852×1279mm
ホイールベース=2457mm
乾燥車重(DIN)=1380kg
エンジン=3996cc水平対向6DOHC24V
エンジン最高出力=386kW(525ps)/8500rpm
エンジン最大トルク=465Nm/6300rpm
モーター最高出力=171kW(233cv)rpm
サスペンション=フロント:ダブルウィッシュボーン/リア:マルチリンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ=フロント:255/35ZR20/リア:315/30ZR21
駆動方式=RR
乗車定員=2名
0→100km/h加速=3.7秒
0→200km/h加速=11.2秒
最高速度=300km/h

こんな記事も読まれています

新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
AUTOSPORT web
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーネット
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
GQ JAPAN
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
@DIME
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
乗りものニュース
メルセデスW15の進化に興奮するハミルトン「明らかに改善したし、はるかにドライビングしやすい」
メルセデスW15の進化に興奮するハミルトン「明らかに改善したし、はるかにドライビングしやすい」
AUTOSPORT web
変わるのはヘッドライトだけじゃない!「中身」が大胆に進化するメルセデスベンツのフラッグシップBEV
変わるのはヘッドライトだけじゃない!「中身」が大胆に進化するメルセデスベンツのフラッグシップBEV
レスポンス
レッドブルF1はただ勝つだけじゃ満足出来ない? リカルド「彼らは競争相手を完膚なきまで打ち砕くことを望んでいる」
レッドブルF1はただ勝つだけじゃ満足出来ない? リカルド「彼らは競争相手を完膚なきまで打ち砕くことを望んでいる」
motorsport.com 日本版
新田守男&高木真一のK-tunes Racing大ベテランコンビが目指す2024年の目標は「まずは1勝」
新田守男&高木真一のK-tunes Racing大ベテランコンビが目指す2024年の目標は「まずは1勝」
AUTOSPORT web
レッドブルF1代表、進行中の内部調査について問われるも「プロセスや期間については自由にコメントできない」
レッドブルF1代表、進行中の内部調査について問われるも「プロセスや期間については自由にコメントできない」
AUTOSPORT web
「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか
「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか
乗りものニュース
VW「ID.7ツアラー」世界初公開! 新時代のフラッグシップモデルは荷物満載で長距離も走れるEVワゴン
VW「ID.7ツアラー」世界初公開! 新時代のフラッグシップモデルは荷物満載で長距離も走れるEVワゴン
VAGUE
HKSのブーストコントローラー「EVC‐S」 が視認性に優れたカラー液晶を採用した「EVC‐S2」に進化!
HKSのブーストコントローラー「EVC‐S」 が視認性に優れたカラー液晶を採用した「EVC‐S2」に進化!
くるまのニュース
ベントレーが日本のために仕立てた特別な1台【九島辰也】
ベントレーが日本のために仕立てた特別な1台【九島辰也】
グーネット
まさかF1チームからメールが届くなんて!? ウイリアムズ育成加入の松井沙麗「とにかく速いクルマに乗りたい。F1アカデミーから道が開ければ」
まさかF1チームからメールが届くなんて!? ウイリアムズ育成加入の松井沙麗「とにかく速いクルマに乗りたい。F1アカデミーから道が開ければ」
motorsport.com 日本版
驚異の50mmフルレンジと165mm薄型ミッドウーファーをカップリング、BLAMから『ジムニー』専用パッケージ「165 Jimny」新発売
驚異の50mmフルレンジと165mm薄型ミッドウーファーをカップリング、BLAMから『ジムニー』専用パッケージ「165 Jimny」新発売
レスポンス
フェラーリ、テストでマシンの弱点改善に手応え。バスール代表「ドライバビリティや一貫性の面で前進した」
フェラーリ、テストでマシンの弱点改善に手応え。バスール代表「ドライバビリティや一貫性の面で前進した」
motorsport.com 日本版
高速道路「休日割引」縮小で「ため息しか出ない」なぜ割引やめたのか? 休み取れない人々から嘆きの声多数
高速道路「休日割引」縮小で「ため息しか出ない」なぜ割引やめたのか? 休み取れない人々から嘆きの声多数
くるまのニュース

みんなのコメント

5件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1620.04118.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

261.213900.0万円

中古車を検索
911の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1620.04118.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

261.213900.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村