現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボルボXC40/60シリーズ/90シリーズが車種ラインアップを刷新

ここから本文です

ボルボXC40/60シリーズ/90シリーズが車種ラインアップを刷新

掲載 1
ボルボXC40/60シリーズ/90シリーズが車種ラインアップを刷新

ボルボがXC40/S60/V60/V60クロスカントリー/XC60/S90/V90/V90クロスカントリー/XC90の車種ラインアップおよび一部仕様を変更。XC40は初のフェイスリフトを実施

 ボルボ・カー・ジャパンは2022年7月6日、XC40/S60/V60/V60クロスカントリー/XC60/S90/V90/V90クロスカントリー/XC90の車種ラインアップおよび一部仕様を変更し、同日より販売を開始した。

プレミアムコンパクトSUVのボルボXC40に電気自動車モデルが登場

 まずは全シリーズ共通の変更内容を見ていこう。
 車種ラインアップに関しては、最上級仕様のアルティメット(Ultimate)と充実装備のプラス(Plus)という2つのグレードを基本とする展開に刷新。なかでもプラグインハイブリッドモデルのアルティメットは、北欧の価値観で仕上げたラグジュアリーな内装を継承しながら、よりモダンな造形と精悍なグロッシーブラック仕上げのディテールを組み合わせた新しいエクステリアデザインテーマが与えられる。合わせて、インテリアにはナッパレザーに加えてテイラードウールブレンドのシート表皮をオプションで用意した。
 また、装備面ではGoogle搭載の新インフォテイメントシステムを全車に拡大。ドライバーディスプレイと連携したGoogleマップによるナビゲーションや、Googleアシスタントに よる音声操作、各種アプリケーションが利用できるGoogleアプリ/サービス、緊急通報サービスならびに故障通報サービスなどと連携する「Volvo Cars app(テレマティクスサービス/ボルボカーズアプリ)」が、ボルボ全車で利用可能となった。
 さらに、アクセルペダルのコントロールだけで加速と減速を直感的かつシームレスに制御できるワンペダルドライブ機能をプラグインハイブリッド全車に採用。ペダルを踏むと加速し、離すとブレーキをかけ、最終的に停止までの制御を可能とする。これにより、とくにストップ&ゴーの都市部において、より快適に車速がコントロールでき、また緊急時にはアクセルを離した瞬間に制動が開始されることで、制動距離の短縮を実現した。さらに、ブレーキエネルギーを積極的に回生してバッテリーに充電し、航続距離の延長を果たしている。

 各モデルの変更内容に話を移そう。
 まずXC40は、デビュー以来初となるフェイスリフトを実施。シャープなデザインを特徴とする新造形のフロントヘッドライトとフロントバンパーを採用し、より端正で印象的なマスクを創出する。アルティメットとプラスにはピクセルLEDヘッドライトをオプションで用意した。また、足もとには新デザインのアルミホイールを装着。ボディカラーには新色のセージグリーンメタリック、フィヨルドブルーメタリック、シルバードーンメタリック、ブライトダスクメタリックをラインアップ(一部モデルを除く)した。一方でインテリアに関しては、Google搭載インフォテイメントを全車に標準装備したうえで、ドライバーディスプレイのデザインを一新する。パワートレインは48Vハイブリッドを採用するB3(前輪駆動)とB4 AWD(全輪駆動)のほか、ツインモーター仕様とシングルモーター仕様が選択できるピュアエレクトリック(電気自動車)のリチャージを設定した。
車種展開および車両価格は以下の通り。
XC40プラスB3:459万円
XC40プラス プロB3:499万円
XC40プラス プロB4 AWD:529万円
XC40アルティメットB4 AWD:569万円
XC40リチャージ プラス シングルモーター:579万円
XC40リチャージ アルティメット ツインモーター:679万円
なお、リチャージの導入に伴い、従来設定していたプラグインハイブリッドはカタログから外れている。

 次にS60/V60/V60クロスカントリーに関しては、リアバンパーとアルミホイールのデザインを変更したうえで、ボディカラーに新色のプラチナグレーメタリック、シルバードーンメタリック、ブライトダスクメタリックを設定。また、S60およびV60には新しいエクステリアデザインテーマを採用するプラグインハイブリッドの最上級モデルのアルティメットT6 AWDプラグインハイブリッドと、前輪駆動の上級モデルのアルティメットB4をラインアップする。内装については、Google搭載インフォテイメントを全車に標準装備したうえで、ドライバーディスプレイのデザインを刷新した。
車種展開および車両価格は以下の通り。
S60アルティメットB4:639万円
S60リチャージ アルティメットT6 AWDプラグインハイブリッド:859万円
V60プラスB4:539万円
V60アルティメットB4:639万円
V60リチャージ プラスT6 AWDプラグインハイブリッド:739万円
V60リチャージ アルティメットT6 AWDプラグインハイブリッド:859万円
V60クロスカントリー プラスB5 AWD:619万円
V60クロスカントリー アルティメットB5 AWD:724万円

 XC60については、アルミホイールのデザインを一新したうえで、ボディカラーに新色のブライトダスクメタリックを設定。また、新しいエクステリアデザインテーマを採用するプラグインハイブリッドの最上級モデルのアルティメットT6 AWDプラグインハイブリッドと、充実装備の前輪駆動モデルのプラスB5をラインアップした。
車種展開および車両価格は以下の通り。
XC60プラスB5:669万円
XC60アルティメットB5 AWD:799万円
XC60リチャージ プラスT6 AWDプラグインハイブリッド:844万円
XC60リチャージ アルティメットT6 AWDプラグインハイブリッド:969万円

 S90に関しては、48Vハイブリッドに代わって、新しいエクステリアデザインテーマを採用するプラグインハイブリッドの最上級モデルのアルティメットT8 AWDプラグインハイブリッドをラインナップ。また、V90にも新しいエクステリアデザインテーマを採用するプラグインハイブリッドの最上級モデルのアルティメットT8 AWDプラグインハイブリッドを設定する。さらに、S90、V90、V90クロスカントリーのボディカラーに新色のシルバードーンメタリックとブライトダスクメタリックを用意した。
車種展開および車両価格は以下の通り。
S90リチャージ アルティメットT8 AWDプラグインハイブリッド:1059万円
V90アルティメットB5:884万円
V90リチャージ アルティメットT8 AWDプラグインハイブリッド:1079万円
V90クロスカントリー アルティメットB5 AWD:904万円

 そしてXC90については、新しいエクステリアデザインテーマを採用するプラグインハイブリッドの最上級モデルのアルティメットT8 AWDプラグインハイブリッドをラインナップ。ボディカラーには新色のプラチナグレーメタリック、シルバードーンメタリック、ブライトダスクメタリックを設定する。そして、内装にはGoogle搭載インフォテイメントを全車に標準装備したうえで、ドライバーディスプレイのデザインを刷新した。
車種展開および車両価格は以下の通り。
XC90プラスB5 AWD:884万円
XC90アルティメットB6 AWD:1064万円
XC90リチャージ プラスT8 AWDプラグインハイブリッド:1059万円
XC90リチャージ アルティメットT8 AWDプラグインハイブリッド:1214万円

関連タグ

こんな記事も読まれています

パリ市内よりも優しくて運転しやすい!? ル・マン市内をドライブしてみた!「カングー/ベルランゴ」は職人のクルマです【みどり独乙通信】
パリ市内よりも優しくて運転しやすい!? ル・マン市内をドライブしてみた!「カングー/ベルランゴ」は職人のクルマです【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
琢磨&ペレスと一緒にホンダF1の歴史を振り返ろう。Honda RACING Galleryをバーチャルツアー
琢磨&ペレスと一緒にホンダF1の歴史を振り返ろう。Honda RACING Galleryをバーチャルツアー
AUTOSPORT web
「地獄すぎる…タスケテ…」トヨタ「高級ミニバン」修理後初日に起きた悲劇… 5児の父、芸人「エハラマサヒロ」の身に何が?
「地獄すぎる…タスケテ…」トヨタ「高級ミニバン」修理後初日に起きた悲劇… 5児の父、芸人「エハラマサヒロ」の身に何が?
くるまのニュース
宮田莉朋2番手フィニッシュも、コース外走行で10秒加算……悔しい悔しい8位+ファステストラップ記録。優勝はマルタンス|FIA F2バルセロナ・レース1
宮田莉朋2番手フィニッシュも、コース外走行で10秒加算……悔しい悔しい8位+ファステストラップ記録。優勝はマルタンス|FIA F2バルセロナ・レース1
motorsport.com 日本版
えっ、ステーションワゴン復活? ボルボ「V60」「V90」販売中止から一転、英国で再導入
えっ、ステーションワゴン復活? ボルボ「V60」「V90」販売中止から一転、英国で再導入
AUTOCAR JAPAN
なぜG7サミットのプレスルームに2台のマセラティが!?「グレカーレ」が各国要人の移動をサポート、公の場にもマッチすることを証明
なぜG7サミットのプレスルームに2台のマセラティが!?「グレカーレ」が各国要人の移動をサポート、公の場にもマッチすることを証明
Auto Messe Web
スター選手の饗宴。TC2000王者とSCBタイトル候補が快勝。バリチェロもテスト参加/TCR南米第3戦
スター選手の饗宴。TC2000王者とSCBタイトル候補が快勝。バリチェロもテスト参加/TCR南米第3戦
AUTOSPORT web
元ルノー代表ブリアトーレがF1に復帰。アルピーヌF1チームのエグゼクティブ・アドバイザーに就任
元ルノー代表ブリアトーレがF1に復帰。アルピーヌF1チームのエグゼクティブ・アドバイザーに就任
AUTOSPORT web
WorldRX“6冠”の絶対王者が電動での王座防衛を捨て、持続可能燃料採用の“内燃機関”モデルに回帰
WorldRX“6冠”の絶対王者が電動での王座防衛を捨て、持続可能燃料採用の“内燃機関”モデルに回帰
AUTOSPORT web
アルファロメオ「トナーレ」にデジタル認証技術NFTを導入。修正不能な証明書となり残存価値の向上へ
アルファロメオ「トナーレ」にデジタル認証技術NFTを導入。修正不能な証明書となり残存価値の向上へ
Auto Prove
なぜ日本で売らないんだっ!? いすゞの新「世界戦略SUV」大幅イメチェンに驚きの声 国内カムバック熱望!?
なぜ日本で売らないんだっ!? いすゞの新「世界戦略SUV」大幅イメチェンに驚きの声 国内カムバック熱望!?
乗りものニュース
大排気量「直6」×4WD搭載! 新型「“スポーティ”セダン」公開! 超豪華内装&ステーションワゴンもある「B3 GT」登場
大排気量「直6」×4WD搭載! 新型「“スポーティ”セダン」公開! 超豪華内装&ステーションワゴンもある「B3 GT」登場
くるまのニュース
サンコーがスマホ冷却ホルダーを発売…自転車・バイク搭載用
サンコーがスマホ冷却ホルダーを発売…自転車・バイク搭載用
レスポンス
グーマガ 今週のダイジェスト【6/15~6/21】フェラーリの新型車に注目!
グーマガ 今週のダイジェスト【6/15~6/21】フェラーリの新型車に注目!
グーネット
F1スペインFP3速報|サインツJr.最速! ノリス挟んでフェラーリが1-3と好調。RBは角田裕毅&リカルド共に下位に沈む
F1スペインFP3速報|サインツJr.最速! ノリス挟んでフェラーリが1-3と好調。RBは角田裕毅&リカルド共に下位に沈む
motorsport.com 日本版
地元サインツJr.がトップタイム記録……フェラーリvsマクラーレンの構図か? RB角田裕毅は予選に向け不安の残る18番手|F1スペインGPフリー走行3回目
地元サインツJr.がトップタイム記録……フェラーリvsマクラーレンの構図か? RB角田裕毅は予選に向け不安の残る18番手|F1スペインGPフリー走行3回目
motorsport.com 日本版
BMW 車内で動画配信サービスの「U-NEXT」の視聴が可能に
BMW 車内で動画配信サービスの「U-NEXT」の視聴が可能に
Auto Prove
野尻智紀がポール! 岩佐歩夢2番手でMUGENがワンツー|スーパーフォーミュラ第3戦SUGO:公式予選タイム結果
野尻智紀がポール! 岩佐歩夢2番手でMUGENがワンツー|スーパーフォーミュラ第3戦SUGO:公式予選タイム結果
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村