現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > エクストリームHがFIA、F1とともに共同で水素技術開発に向けたワーキンググループを設立

ここから本文です

エクストリームHがFIA、F1とともに共同で水素技術開発に向けたワーキンググループを設立

掲載
エクストリームHがFIA、F1とともに共同で水素技術開発に向けたワーキンググループを設立

 12月7日、2025年にオフロードでの水素自動車レースを開催することを目指しているエクストリームHは、FIA国際自動車連盟、FIAフォーミュラ・ワン世界選手権とともに、合同で水素技術の開発に向けたワーキンググループを設立すると発表した。

 このワーキンググループは、エクストリームEのテクニカルディレクターを務めるマーク・グレイン、F1テクニカルオフィサーのパット・シモンズ、FIAシングルシーターディレクターのニコラス・トンバジズから構成される。モータースポーツをはじめ、幅広いモビリティにおける水素の開発、応用を評価するために活動していくことになる。

エクストリームEとFIAが2025年から水素を燃料とした『エクストリームH』を立ち上げへ

 ワーキンググループでは、エクストリームHの第一世代のシャシーで使用される燃料電池とバッテリーシステムの双方において、レースが行われる会場でのインフラや輸送、充電や貯蔵、管理における水素技術の進捗と開発を管理していく。

 エクストリームHは、現在電気自動車のオフロードレースとして開催されているエクストリームEが立ち上げを計画しているレースで、2024年初頭にテストプログラムを計画。早期にプロトタイプの車両を製作する準備を整えているという。2025年の初年度からFIAによるシリーズとなり、2026年には世界選手権となることで合意されている。

「世界初の水素レースの提案を続けるなかで、F1、およびFIAと協力できることを光栄に思う。エクストリームHへの移行にともない、我々は輸送やインフラ整備、安全規制などモータースポーツにおける水素技術のパイオニアで、初のテストベッドとなる」と語るのは、エクストリームEのテクニカルディレクターを務めるマーク・グレイン。

「これは画期的な取り組みであり、技術面でも運営面でもF1とパット・シモンズと協力できることを楽しみにしている」

こんな記事も読まれています

熱中症対策に【CIEL】の「ネッククーラー」がいい!起動後3秒で体感マイナス9度Cになってヒンヤリ!   
熱中症対策に【CIEL】の「ネッククーラー」がいい!起動後3秒で体感マイナス9度Cになってヒンヤリ!   
モーサイ
欧州で発表されたばかりの3列シートSUV「マツダ・CX-80」 いつから買える? 進化のポイントは?
欧州で発表されたばかりの3列シートSUV「マツダ・CX-80」 いつから買える? 進化のポイントは?
月刊自家用車WEB
ホンダ、ブラジルに大型投資 フレックス燃料HVの市場投入へ WR-Vも現地生産
ホンダ、ブラジルに大型投資 フレックス燃料HVの市場投入へ WR-Vも現地生産
日刊自動車新聞
圧倒的強さのレッドブル+フェルスタッペン……しかしそれがマクラーレンのモチベーション「どうやって彼らに追いつくか、そればかり考えている」
圧倒的強さのレッドブル+フェルスタッペン……しかしそれがマクラーレンのモチベーション「どうやって彼らに追いつくか、そればかり考えている」
motorsport.com 日本版
フェルスタッペンがF1中国GP初優勝。セーフティカー出動も2位に13秒以上の差「ペースや一貫性、すべてに満足」
フェルスタッペンがF1中国GP初優勝。セーフティカー出動も2位に13秒以上の差「ペースや一貫性、すべてに満足」
AUTOSPORT web
【チューニングカー】フィアット500Cの限定スペシャルモデル「イルムシャー フィアット 500」のいったいどこが特別なのか?
【チューニングカー】フィアット500Cの限定スペシャルモデル「イルムシャー フィアット 500」のいったいどこが特別なのか?
AutoBild Japan
レクサスの「和製スーパーマシン」!? 600馬力超えエンジン搭載で「後輪駆動」! 迫力ボディも超カッコイイ「LF-LC GT VGT」とは
レクサスの「和製スーパーマシン」!? 600馬力超えエンジン搭載で「後輪駆動」! 迫力ボディも超カッコイイ「LF-LC GT VGT」とは
くるまのニュース
ブリッツの「テレビナビジャンパー」に『WR-V』の9インチ・ディーラーオプションナビの適合が新たに追加
ブリッツの「テレビナビジャンパー」に『WR-V』の9インチ・ディーラーオプションナビの適合が新たに追加
レスポンス
横浜市営バスも次々減便! ドライバー不足という名の「猛毒」は、ついに日本の“中枢”まで入り込んできた
横浜市営バスも次々減便! ドライバー不足という名の「猛毒」は、ついに日本の“中枢”まで入り込んできた
Merkmal
パイオニアのバイク用音声ナビ「MOTTO GO/モットゴー」プレリリース版を Android 端末向けにリリース!
パイオニアのバイク用音声ナビ「MOTTO GO/モットゴー」プレリリース版を Android 端末向けにリリース!
バイクブロス
高速SAの「ゴミ箱いつも満杯」問題に救世主!? 新発想の「自動圧縮ゴミ箱」導入へ ゴミ量も遠隔で分かる「スマートゴミ箱」 高松道
高速SAの「ゴミ箱いつも満杯」問題に救世主!? 新発想の「自動圧縮ゴミ箱」導入へ ゴミ量も遠隔で分かる「スマートゴミ箱」 高松道
くるまのニュース
難攻不落の「小田原城」を訪れ『本丸茶屋』でアジフライを堪能
難攻不落の「小田原城」を訪れ『本丸茶屋』でアジフライを堪能
バイクのニュース
アウディの新型電動SUV『Q6 e-tron』に489馬力の「S」
アウディの新型電動SUV『Q6 e-tron』に489馬力の「S」
レスポンス
「何か“茶色いモノ”が……」石浦宏明、ST-Q32号車のドライブ中に小動物とニアミスの珍事/スーパー耐久
「何か“茶色いモノ”が……」石浦宏明、ST-Q32号車のドライブ中に小動物とニアミスの珍事/スーパー耐久
AUTOSPORT web
【角田裕毅F1第5戦分析】問題を抱えながらも最後列スタートを選択。リタイアに終わるも一段と成長した振る舞いを見せる
【角田裕毅F1第5戦分析】問題を抱えながらも最後列スタートを選択。リタイアに終わるも一段と成長した振る舞いを見せる
AUTOSPORT web
当選者はイタリアの工場見学招待旅行付?! 「エンツオの形見」と評された最期のスーパーカー 「フェラーリ F40」が偉大過ぎて言葉にできない
当選者はイタリアの工場見学招待旅行付?! 「エンツオの形見」と評された最期のスーパーカー 「フェラーリ F40」が偉大過ぎて言葉にできない
ベストカーWeb
バブルに乗り遅れたトヨタ「ソアラ」は4リッターV8搭載! 世界初アクティブ4WSを採用した米国名「レクサスSC400」とは
バブルに乗り遅れたトヨタ「ソアラ」は4リッターV8搭載! 世界初アクティブ4WSを採用した米国名「レクサスSC400」とは
Auto Messe Web
よく見かける高速料金所前後で左に寄せての駐停車! 故障でもない限り「違反」なので絶対にダメ!!
よく見かける高速料金所前後で左に寄せての駐停車! 故障でもない限り「違反」なので絶対にダメ!!
WEB CARTOP

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村