現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱「新型軽バン」実車展示! “後席ナシ”「2シーター仕様」設定でアンダー250万円! 12月発売の新型「ミニキャブ」を披露

ここから本文です

三菱「新型軽バン」実車展示! “後席ナシ”「2シーター仕様」設定でアンダー250万円! 12月発売の新型「ミニキャブ」を披露

掲載 15
三菱「新型軽バン」実車展示! “後席ナシ”「2シーター仕様」設定でアンダー250万円! 12月発売の新型「ミニキャブ」を披露

■電動コンポーネント一新で航続距離延長

 三菱自動車工業(以下、三菱)は2024年2月28日から3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催の第4回「脱炭素経営EXPO【春】」でブース出展を実施します。
 
 ブースでは、2023年12月に発売したばかりの新型軽商用バン「ミニキャブEV」が展示されます。

【画像】めちゃカッコいい! 三菱「新型軽バン」を画像で見る

 新型ミニキャブEVは、三菱がこれまで販売してきた軽商用EVバン「ミニキャブMiEV(ミーブ)」をベースに大幅改良を実施したモデルです。

 先代のミニキャブMiEVは、他社に先駆けて2011年に登場した軽EVバンで、12年間で約1万3000台(2023年10月末現在)の販売実績を持つなど、軽商用EVのパイオニア的存在です。

 大幅改良では名称が変更されるとともに、開発やメンテナンスで得られたノウハウを最大限に活かしながら、要望の多かった航続距離の向上や安全装備・機能装備の充実を図っています。

 パワーユニットでは、モーターや駆動用バッテリーなどの電動系コンポーネントを新世代化するなどの刷新を行い、駆動用バッテリーの電池容量を約25%向上。

 さらに、モーターとインバーターを一体構造化するなどモーター効率を高めることで、一充電あたりの航続距離を、先代モデル比で約35%増の180km(WLTCモード)に延長しました。

 AC200V(15A)での普通充電では約7.5時間で満充電となり、たとえば業務終了後、電気料金の安い夜間に充電すれば、翌日の業務開始時には満充電状態で使用が可能です。

 メーカーオプションの急速充電を用いた場合は、約42分で80%までの充電を可能とします。

 安全性能では、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報、誤発進抑制機能などの予防安全技術「三菱 e-Assist」を搭載し、サポカーSワイドに対応しました。

 加えて、ヒルスタートアシストを追加するなど安全装備の熟成を図りました。

 機能面では、電気を車両から取り出せるアクセサリーコンセント(AC100V・最大1500W)をフロアコンソール背面に装備することで、災害時などに消費電力の大きい電化製品を使用することができます。

 インパネには充電用USBポート(タイプAおよびC)をオプション設定するとともに、スマホトレイを併設するなど、使い勝手を向上させています。

 走行性能としては、前後ショックアブソーバーの減衰力特性を見直し、乗り心地や揺れを抑制し荷物の負担を軽減。回生ブレーキを積極的に活用するBポジション時の回生力を強め、実用電費を向上させています。

 ラインナップでは、2人乗りの「2シーター仕様」と4人乗りの「4シーター仕様」の2タイプを設定。価格(消費税込み)は、2シーター仕様が243万1000円、4シーター仕様が248万6000円です。

 今回の第4回 脱炭素経営EXPO【春】で出展されるのはこのうち4シーター仕様です。

 展示車には、ボディサイドに「EV」ロゴとコンセントマークをあしらったメーカーオプション「EVデカール」(2万6950円/工賃別)が貼付され、新たな軽商用EVであることをアピールする仕様となっています。

※ ※ ※

 この新型ミニキャブEVとともに、軽乗用EV「eKクロス EV」も展示され、こちらもEVデカールが施されています。

 三菱によると今回の第4回 脱炭素経営EXPO【春】出展に際し「会場では、お客様のご要望に合わせ、補助金やリースプランを活用した、三菱自動車のEVの最適な活用方法をご提案いたします」とコメントしています。

関連タグ

こんな記事も読まれています

チンクエチェントの灯が消える!? 16年の歴史に幕 フィアット「500」日本での販売が終了! 国内の販売台数は13万台の人気コンパクト
チンクエチェントの灯が消える!? 16年の歴史に幕 フィアット「500」日本での販売が終了! 国内の販売台数は13万台の人気コンパクト
VAGUE
スズキ新型「軽SUV」まもなく登場!? めちゃオシャな「謎のタフ仕様」は次期型「スペーシアギア」か! 新型「“アウトドア系”スペーシア」とは
スズキ新型「軽SUV」まもなく登場!? めちゃオシャな「謎のタフ仕様」は次期型「スペーシアギア」か! 新型「“アウトドア系”スペーシア」とは
くるまのニュース
ランチア『イプシロン』新型に「HF」、240馬力の高性能EV…欧州発表
ランチア『イプシロン』新型に「HF」、240馬力の高性能EV…欧州発表
レスポンス
新しいノート・オーテック・クロスオーバーが出た!──GQ新着カー
新しいノート・オーテック・クロスオーバーが出た!──GQ新着カー
GQ JAPAN
車検をできるだけ安く済ますには? ユーザー車検の方法と費用を、自分で整備・車検を通したことのある業界通が解説します
車検をできるだけ安く済ますには? ユーザー車検の方法と費用を、自分で整備・車検を通したことのある業界通が解説します
Auto Messe Web
三菱 ミニカ スキッパーGT(昭和46/1971年5月発売・A101型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト064】
三菱 ミニカ スキッパーGT(昭和46/1971年5月発売・A101型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト064】
Webモーターマガジン
阪神高速『港大橋登頂』ツアー開催決定…50周年イベント
阪神高速『港大橋登頂』ツアー開催決定…50周年イベント
レスポンス
超ゴツいのに超静か! 横浜ゴムの見た目と性能を兼ね備えたSUV/ピックアップトラック用オールテレーンタイヤ「ジオランダーA/T4」に試乗!
超ゴツいのに超静か! 横浜ゴムの見た目と性能を兼ね備えたSUV/ピックアップトラック用オールテレーンタイヤ「ジオランダーA/T4」に試乗!
くるまのニュース
ボディからキノコが生えたってマジ!? リアルな「木」を外板に使った初代「ミニ・カントリーマン」はいま見ると衝撃!!
ボディからキノコが生えたってマジ!? リアルな「木」を外板に使った初代「ミニ・カントリーマン」はいま見ると衝撃!!
WEB CARTOP
サッカー界のレジェンド、ジネディーヌ・ジダンがル・マン24時間レースのスターターに決定
サッカー界のレジェンド、ジネディーヌ・ジダンがル・マン24時間レースのスターターに決定
motorsport.com 日本版
市販されなかったのが残念すぎる! 86をワゴン化した「シューティングブレーク」が理想的な1台だった
市販されなかったのが残念すぎる! 86をワゴン化した「シューティングブレーク」が理想的な1台だった
WEB CARTOP
ミニバンのロールスロイス? 4座の最上位モデル納車開始…中国ジーカー
ミニバンのロールスロイス? 4座の最上位モデル納車開始…中国ジーカー
レスポンス
轟音! 爆炎! この“MADな世界”で生き残れ! 待望のシリーズ最新作『マッドマックス:フュリオサ』
轟音! 爆炎! この“MADな世界”で生き残れ! 待望のシリーズ最新作『マッドマックス:フュリオサ』
バイクのニュース
旧ビッグモーター事業承継のウィーカーズ田中慎二郎社長、秋口には「改革プラン」公表へ
旧ビッグモーター事業承継のウィーカーズ田中慎二郎社長、秋口には「改革プラン」公表へ
日刊自動車新聞
トヨタが新「コンパクトSUV」発表! ハイブリッド強化で高性能化! “オシャグリーン”の「新ヤリスクロス」欧州で登場
トヨタが新「コンパクトSUV」発表! ハイブリッド強化で高性能化! “オシャグリーン”の「新ヤリスクロス」欧州で登場
くるまのニュース
ポルシェ、新型「911」を発表! 初の電動ターボハイブリッドシステムを搭載した「911カレラGTS」が登場。
ポルシェ、新型「911」を発表! 初の電動ターボハイブリッドシステムを搭載した「911カレラGTS」が登場。
くるくら
エンジンを諦めない! トヨタ、スバル、マツダが「新エンジン」開発宣言。電動化時代に向けた3社の取組みとは?
エンジンを諦めない! トヨタ、スバル、マツダが「新エンジン」開発宣言。電動化時代に向けた3社の取組みとは?
くるくら
導入補助金52万円が適用可能!メルセデス、EQE350+の特別仕様車「エレクトリックアート」を30台限定で発売!
導入補助金52万円が適用可能!メルセデス、EQE350+の特別仕様車「エレクトリックアート」を30台限定で発売!
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

15件
  • ブラストエンド
    最近この型のガソリン車を個人間で購入。18年落ちで20万キロ超えでもボディの軋みは全くなし。型は古いが昔の三菱車らしい、とにかく頑丈なやつです。
  • ********
    ホンダよりこっちの方が良いんじゃね?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

254.7308.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

145.9383.9万円

中古車を検索
eKクロス EVの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

254.7308.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

145.9383.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村