現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ルノー R.S. ULTIMATE DAY】ルノーのスポーツモデルが愛される理由

ここから本文です

【ルノー R.S. ULTIMATE DAY】ルノーのスポーツモデルが愛される理由

掲載 更新
【ルノー R.S. ULTIMATE DAY】ルノーのスポーツモデルが愛される理由

イベント [2023.12.01 UP]


【ルノー R.S. ULTIMATE DAY】ルノーのスポーツモデルが愛される理由
文●ユニット・コンパス 写真●ユニット・コンパス、ルノー

実用車にプラスアルファのこだわり「ピリ辛モデル」おすすめ輸入車4選

 ルノーによるファンイベント「R.S.ULTIMATE DAY」が11月25日に開催された。ルノーのスポーツモデルは人気が高く、日本でも多くのファンがいることもあり、会場となった袖ヶ浦フォレスト・レースウェイには色とりどりのR.S.モデルやルノー、アルピーヌが集まった。


ルノースポールにとって最後のファンイベントが開催

パレードランの様子
 今回のイベントにはスペシャルゲストとして、RSモデルの開発に20年にわたり携わってきたシャシー開発責任者のフィリップ・メリメと、開発ドライバーでニュルブルクリンク北コースFF車最速の記録を持つロラン・ウルゴンも登場。トークショーのほか、デモランや同乗試乗といったファンサービスを行い、イベントを大いに盛り上げることとなった。


ニュル最速タイムを出した開発ドライバーによるデモラン

ルノースポールのキーマンが語るR.S.モデルと日本の関係

長年にわたりR.S.モデルを鍛え上げてきたシャシー開発責任者のフィリップ・メリメ氏
 モータースポーツで培ってきた知見とテクノロジーを市販車に投入し、日常使いのクルマをスポーツカーへと変身させるのがルノースポールの得意技。とくにメガーヌをベースにしたメガーヌRSは、ニュルブルクリンクの市販FF車のコースレコードに挑戦することで、そのポテンシャルを証明してきた。とくにホンダ シビックタイプRとはライバル関係にあり、お互いを強く意識しつつ高め合ってきた。現行モデルとなる4代目メガーヌR.S.では、2019年4月5日にニュルブルクリンク北コースで当時の世界最速タイム7分40秒100を記録し、ナンバーワンFFスポーツの座を勝ち取った。

 一方で意外だったのが、開発時にはパフォーマンスだけでなく乗り心地を重視したというエピソードだ。

 セッティングの方向性を定めるシャシー開発責任者のフィリップ・メリメ氏によれば、R.S.モデルは高性能なスポーツモデルである一方で、使用時間の7割が公道で移動に使われているため、乗り心地は非常に重要な要素なのだという。

 そして、R.S.モデルにとって重要な市場である日本の路上でテスト走行やチェックを行うなかで、日本の道には欧州にはない高速道路の継ぎ目などの独自の要素があることに注目。現行型メガーヌR.S.での「4 HCC(ハイドロリック・コンプレッション・コントロール)」採用にもつながったという。


開発ドライバーであり、タイムアタックも担当するロラン・ウルゴン氏
 また、インタビューのなかで、開発者二人にこれまで携わってきたモデルのなかでとくに思い出深いモデルを挙げてもらうことができた。

 フィリップ・メリメ氏が選んだのは、メガーヌR26.R(2008年)。レース用の装備を与えながら徹底した軽量化によって123kgもの軽量化を果たし、世界限定450台で販売された超辛口モデルだ。


メガーヌ R26.R
 一方のロラン・ウルゴン氏は、5台ものモデルをチョイス。1台目はフィリップ・メリメ氏が出会いのときに乗ってきた初代メガーヌR.S.。2台目は、メガーヌR.S.にも採用されている後輪操舵技術「4 CONTROL」を初めて採用したラグナGT(日本未導入)。


初代メガーヌR.S.
 そして残りの3台は、すべてニュルでコースレーコードを記録したモデル。2011年5月に初めてFF最速を記録した2代目メガーヌR.S.、2014年6月に記録を更新した3代目メガーヌR.S. 275トロフィーR、そして2019年5月に再び市販FF世界最速の座を奪った4代目R.S.トロフィーRだという。


メガーヌR.S. トロフィーR

ルノースポールを手にいれる最後のチャンス

メガーヌR.S. ウルティム
 カーボンニュートラルを実現させるべく、ルノーは電動化に邁進しており、純粋なガソリンエンジンを搭載するR.S.モデルは現行型で最後。ルノースポールとしての活動はこれで終了となり、今後その役割はアルピーヌが受け持つことになる。だが、アルピーヌではすでに電気自動車のスポーツモデルの開発がスタートしているというから楽しみだ。

 内燃機関スポーツモデル集大成であるメガーヌR.S.については、標準モデルに加えて最後の限定車であるメガーヌR.S. ウルティムが販売中だ。標準モデルの生産はすでに終了しており、在庫がなくなり次第日本での販売も終了する。ルノースポールのモデルは世界中で熱心なファンが多く、将来的にメガーヌR.S.やその限定モデルにはプレミアが付くことも予想される。市販FF世界最速の称号を持ち、日本の道を走って開発されたメガーヌR.S.を手にいれるチャンスはまだ残っているが、迷っている時間はあまりなさそうだ。

メガーヌの新車情報を見る




こんな記事も読まれています

ホンダ2輪を代表する「CB」の頂点がさらに進化! 憧れのスポーツバイク「CB1300」2モデルが“高級感あふれるカラー”で新登場
ホンダ2輪を代表する「CB」の頂点がさらに進化! 憧れのスポーツバイク「CB1300」2モデルが“高級感あふれるカラー”で新登場
VAGUE
正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?
正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?
くるまのニュース
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
車の中はミストサウナ! 快適なサウナ室でバッチリととのうトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
車の中はミストサウナ! 快適なサウナ室でバッチリととのうトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
さすがのプロボックスもマネできず!? 白いのなに!? ADバンの内装にドーンって付いていた謎の白い物体の正体が衝撃すぎ!!!! 
さすがのプロボックスもマネできず!? 白いのなに!? ADバンの内装にドーンって付いていた謎の白い物体の正体が衝撃すぎ!!!! 
ベストカーWeb
負傷したハプスブルクに代わりグーノンが第2戦イモラ出場へ。アルピーヌA424でWECデビュー
負傷したハプスブルクに代わりグーノンが第2戦イモラ出場へ。アルピーヌA424でWECデビュー
AUTOSPORT web
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ベストカーWeb
ランドクルーザー250、いよいよ発売へ!!気になる最新情報総まとめ!
ランドクルーザー250、いよいよ発売へ!!気になる最新情報総まとめ!
グーネット
静岡最大級のキャンピングカー&アウトドアイベント開催決定!輸入車フェアも同時開催
静岡最大級のキャンピングカー&アウトドアイベント開催決定!輸入車フェアも同時開催
グーネット
JAF 日本選手権に「ドリフト競技」追加 竹岡圭氏が「競技参加」語るトークショーも開催
JAF 日本選手権に「ドリフト競技」追加 竹岡圭氏が「競技参加」語るトークショーも開催
グーネット
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
ベストカーWeb
見やすい位置で自由自在に角度調整!強力マグネット付き車載ホルダー3種発売【動画あり】
見やすい位置で自由自在に角度調整!強力マグネット付き車載ホルダー3種発売【動画あり】
グーネット
日産 新エネルギー車のコンセプトカーなど 北京モーターショー2024で披露
日産 新エネルギー車のコンセプトカーなど 北京モーターショー2024で披露
グーネット
845万円のヤリス誕生!! カーボンルーフまで採用のガチ仕様!! コスパ求めるならRCもいいぞ
845万円のヤリス誕生!! カーボンルーフまで採用のガチ仕様!! コスパ求めるならRCもいいぞ
ベストカーWeb
全日本ロード第2戦もてぎでのトライアウトで全9チームが鈴鹿8耐の出場権を獲得/EWC
全日本ロード第2戦もてぎでのトライアウトで全9チームが鈴鹿8耐の出場権を獲得/EWC
AUTOSPORT web
宮田莉朋加入のクール・レーシング、開幕戦で逆転勝利。日本人3名が表彰台獲得/ELMSバルセロナ
宮田莉朋加入のクール・レーシング、開幕戦で逆転勝利。日本人3名が表彰台獲得/ELMSバルセロナ
AUTOSPORT web
小さなランクル[新型ランドクルーザーFJ]は25年に登場!! カローラクロスサイズで予想価格は350万円!
小さなランクル[新型ランドクルーザーFJ]は25年に登場!! カローラクロスサイズで予想価格は350万円!
ベストカーWeb
日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!
日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!
Auto Messe Web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村