サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1分析|2009年王者ブラウンGP BGP001、最速の理由は”2008年の開発リソース”にあった?

ここから本文です

 2022年のF1は、テクニカルレギュレーションが大きく変更され、その影響により勢力図も大きく変わるのではないかと言われている。

 これとよく比較されるのが、2009年シーズンのF1である。2009年もレギュレーションが大きく変更され、その結果勢力図が一変。2008年にコンストラクターズランキング9位だったホンダF1を引き継いだ新星ブラウンGPが、ダブルタイトルを獲得した。

■2022年のF1マシンは角田裕毅向き?「18インチタイヤで、マシンの動きがシャープになる」

 2008年の参戦チームは11チーム。そんな中9番目のチームが、翌年には一躍シーズンを牛耳ったのだから、史上稀に見る大逆転劇だったと言えよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ