現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 環境省、2022年度の運輸部門CO2排出量は3.9%増 経済活動再開の影響で

ここから本文です
環境省、2022年度の運輸部門CO2排出量は3.9%増 経済活動再開の影響で
写真を全て見る(1枚)

 環境省は12日、日本で自動車などの運輸部門から排出された2022年度の二酸化炭素(CO2)排出量が、前年度比3.9%増の1億9200万トンだったと発表した。前年度実績を上回ったのは2年連続。コロナ禍で停滞していた経済活動や旅行需要が回復に向かい旅客輸送量が増加したことなどがCO2排出量拡大に影響したとみられる。

 日本のCO2排出量に占める運輸部門の割合は18.5%で、前年度から1.1㌽増えた。運輸部門で最も排出量が多かったのは「貨物車/トラック」の同0.9%減の7300万トンで、次いで「マイカー」が同7.2%増の5800万トンと続いた。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

関西国際空港では初! 使用済みてんぷら油など「廃食油」を燃料に走るトーイングトラクターが登場!!
関西国際空港では初! 使用済みてんぷら油など「廃食油」を燃料に走るトーイングトラクターが登場!!
乗りものニュース
トヨタ、合成燃料やバイオマス燃料の市場投入へ 出光・ENEOS・三菱重工とタッグ
トヨタ、合成燃料やバイオマス燃料の市場投入へ 出光・ENEOS・三菱重工とタッグ
日刊自動車新聞
トラック依存が高い北海道の物流問題、解決のカギは「異業種」の共同輸送
トラック依存が高い北海道の物流問題、解決のカギは「異業種」の共同輸送
日刊自動車新聞
大手4社が「すごい燃料」開発スタート! トヨタ・ENEOS・出光・三菱「あと6年」で“実質炭素ゼロ”ついに導入実現へ
大手4社が「すごい燃料」開発スタート! トヨタ・ENEOS・出光・三菱「あと6年」で“実質炭素ゼロ”ついに導入実現へ
くるまのニュース
いすゞ、路線バス「エルガEV」ショートホイールベースの都市型モデル発売 国内初の床面フルフラット化
いすゞ、路線バス「エルガEV」ショートホイールベースの都市型モデル発売 国内初の床面フルフラット化
日刊自動車新聞
日車協連、大手損保4社に団体交渉申し入れ 指数対応単価引き上げへ 目標は17.5%超
日車協連、大手損保4社に団体交渉申し入れ 指数対応単価引き上げへ 目標は17.5%超
日刊自動車新聞
トヨタ、出光、ENEOS、三菱重工の4社、脱炭素燃料の導入・普及へ“団結”[新聞ウォッチ]
トヨタ、出光、ENEOS、三菱重工の4社、脱炭素燃料の導入・普及へ“団結”[新聞ウォッチ]
レスポンス
【人とくるまのテクノロジー展2024】スズキ 牛糞からのバイオ・メタンガスを使った環境対応車を展示
【人とくるまのテクノロジー展2024】スズキ 牛糞からのバイオ・メタンガスを使った環境対応車を展示
Auto Prove
〈人テク展2024横浜〉廃棄ココナッツ殻を自動車の内装品に ミドリオートレザーの「コイアーレ」
〈人テク展2024横浜〉廃棄ココナッツ殻を自動車の内装品に ミドリオートレザーの「コイアーレ」
日刊自動車新聞
旧ビッグモーター事業承継のウィーカーズ田中慎二郎社長、秋口には「改革プラン」公表へ
旧ビッグモーター事業承継のウィーカーズ田中慎二郎社長、秋口には「改革プラン」公表へ
日刊自動車新聞
三菱自動車、「ミニキャブトラック」を一部改良 仕様向上で最大23万円値上げ
三菱自動車、「ミニキャブトラック」を一部改良 仕様向上で最大23万円値上げ
日刊自動車新聞
トヨタ 出光・エネオス・三菱重工とクルマ向けカーボンニュートラル燃料導入普及に向け検討開始
トヨタ 出光・エネオス・三菱重工とクルマ向けカーボンニュートラル燃料導入普及に向け検討開始
グーネット
「排気ガス出さないで」 ZEV義務化とは何か? 英国を揺るがす環境規制、消費者への影響は
「排気ガス出さないで」 ZEV義務化とは何か? 英国を揺るがす環境規制、消費者への影響は
AUTOCAR JAPAN
阪急バス、放射冷却素材「SPACECOOL」で車内温度抑制
阪急バス、放射冷却素材「SPACECOOL」で車内温度抑制
レスポンス
マツダ、一部改良のスクラムトラック発売 仕様向上や原材料高騰で1~2割値上げ
マツダ、一部改良のスクラムトラック発売 仕様向上や原材料高騰で1~2割値上げ
日刊自動車新聞
自動車業界にカーボンニュートラル燃料導入・普及へ…出光興産、ENEOS、トヨタ自動車、三菱重工が共同で取り組み
自動車業界にカーボンニュートラル燃料導入・普及へ…出光興産、ENEOS、トヨタ自動車、三菱重工が共同で取り組み
レスポンス
「ディーゼル車」と「ガソリン車」どっちがいい? 燃料費はディーゼルの方が安い! 車両価格や維持費はどう違う?
「ディーゼル車」と「ガソリン車」どっちがいい? 燃料費はディーゼルの方が安い! 車両価格や維持費はどう違う?
くるまのニュース
フィアット『デュカト』に新開発8速AT、CO2排出量10%削減…欧州仕様
フィアット『デュカト』に新開発8速AT、CO2排出量10%削減…欧州仕様
レスポンス

みんなのコメント

3件
  • 葛葉恭次
    日本のCO2排出量に占める運輸部門の割合は18.5%で、前年度から1.1㌽増えた。運輸部門で最も排出量が多かったのは「貨物車/トラック」の同0.9%減の7300万トンで、次いで「マイカー」が同7.2%増の5800万トンと続いた。タクシーやバスなど「他旅客自動車」は同2.8%増の3300万トンだった。

    つまり運輸関連の大型車は減少してるのに一般車両で増えてるなら要するにタイトル含めEVで脱炭素はウソばっかwww


    量が多かろうが0.9%減少していて、マイカー枠が7.2%増…

    何やら全体の内のEV比率にも近いような…?www
  • tnw********
    日本の半導体産業の暴力のカラクリなんじゃないかな。年間1万km走行を乗りっぱなしで過ごせる人生は元々存在しない。

※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村