現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産新型「セレナe-POWER AUTECH」を納車後即カスタム!「オーテックらしさ」を追求した純正風の小ワザが光ります

ここから本文です

日産新型「セレナe-POWER AUTECH」を納車後即カスタム!「オーテックらしさ」を追求した純正風の小ワザが光ります

掲載 2
日産新型「セレナe-POWER AUTECH」を納車後即カスタム!「オーテックらしさ」を追求した純正風の小ワザが光ります

6月に納車されたばかりの新型セレナを細かくカスタマイズ

2023年10月7日(土)に大磯ロングビーチで行われた「オーテック オーナーズグループ 湘南里帰りミーティング」。新旧さまざまなオーテックのクルマたちが里帰りしてきたわけだが、そこにはまだ標準車も珍しい新型「セレナe-POWER AUTECH」の姿もあった。6月に納車されたばかりにもかかわらず細かなポイントをカスタマイズしているオーナーのチガさんに話を聞いた。

走行55万キロの日産「セドリック」は個人タクシーなのになぜMTに換装した? トヨタ「クラウン」を選ばなかった理由とは

オーテックブランドのファン

もともと、チガさんの実家はトヨタ車ユーザーであったが、親御さんがE50「エルグランド」に乗り換えたあたりからオーテックブランドが好きになったそうだ。免許を取得してから、親御さんがE51エルグランドに乗り換えるときは「ライダーがイイ!」と意見を述べ、自身の希望がクルマ選びに反映された形となったとのこと。

この里帰りミーティングにも長年参加していて、以前乗っていたE52エルグランドライダーでも参加していたそうだ。なお、E52納車直後の2010年当時の里帰りミーティングは、参加していたE52エルグランドは1台だけだったと記憶していると語っていた。

そんなオーテックブランドフリークのチガさん。クルマを選ぶ基準のひとつは当然オーテックなわけだが、当初は先代セレナをもう一度とも考えていたそうだ。しかし、「もう少し待てばこんな新型のセレナオーテックが出ますが……」とディーラーのスタッフに紹介されてしまい、「これでいくしかない!」と決定したとのこと。

e-POWERは走り好きでもお気に入り

こうしてチガさんの手元にセレナe-POWER AUTECHが納車されたのは今年6月のことだ。これまでオーテック車を、以前乗っていたセレナではスポーツスペックを選んできたということもあり、走りにもこだわりがあるチガさんだが、e-POWERのシームレスな加速にはかなり満足しているそう。

「今度買うならe-POWERというパワートレインは有力候補でした。以前から代車でe-POWERに乗ることが多かったのですが、このときにすっかり営業さんの戦略にはめられていたんだと思います(笑)」

セレナ特有の分割式リアハッチも利便性が高く満足しているそうで、少し出先で休んだり、狭い駐車場で物を取ったりするときに大いに役立つそうだ。唯一の不満点としてはパワーバックドアが用意されていないことだと述べていた。

オーテックブランドの雰囲気を崩さない純正風カスタマイズ

まだ納車から半年も経過していないセレナe-POWER AUTECHだが、細かな部分がカスタマイズされている。チガさんいわく「純正風」にこだわっているそうで、細かく見ていくとオーテックファンならではのカスタマイズと言える仕上がりになっている。なお、当日一緒に来場していた奥様は「毎週なにか届くんです……」と少し困った顔で取材陣に話していたのは、ここだけの話。

内装は細かなパネル類でカスタマイズが施されているが、なんといっても自慢のポイントはステアリング。パンチングレザーとオーテックブルーでコーディネートされており、これは純正オプションでも採用してほしいと思う仕上がりだ。

外装は以前所有していたセレナから引き継いだホイールや、自作のスポーツスペックステッカーやブルーミラーなど、オーテックブランドの雰囲気を崩さないようにカスタマイズされている。ブルーミラーに入っているオーテックロゴも自作で追加するこだわりようだ。

しかし、外装で最もこだわりがあふれているのがフロントのデイライトだ。Vモーショングリル下部のLEDはノーマルでは装着されていないが、チガさんはここにLEDを増設して実際に光るようにしている。セレナオーナーでなければ分からないこだわりポイントと言えるだろう。

* * *

まだ、チガさんはセレナe-POWER AUTECHを楽しみ始めたばかり。今後どんなポイントがさりげなく純正風に進化するのだろうか。来年の里帰りミーティングでの進化度合いが楽しみな1台と言える。

こんな記事も読まれています

トヨタ「ハイエース」と日産「キャラバン」の内装カスタムを見比べる! キーワードはアンティークとラグジュアリー
トヨタ「ハイエース」と日産「キャラバン」の内装カスタムを見比べる! キーワードはアンティークとラグジュアリー
Auto Messe Web
メルセデス・ベンツ「W124」が見事な純ベタスタイル! 見たことないホイールの正体とは…
メルセデス・ベンツ「W124」が見事な純ベタスタイル! 見たことないホイールの正体とは…
Auto Messe Web
走り好きパパにオススメ! 家族も納得する「羊の皮を着た狼」的なスポーツモデルを5車種お教えします
走り好きパパにオススメ! 家族も納得する「羊の皮を着た狼」的なスポーツモデルを5車種お教えします
Auto Messe Web
あえて「アルファード」ではなく「ヴェルファイア」でカスタムする訳とは?「トヨタ202ブラック」でまとめる硬派な仕上がりを紹介します
あえて「アルファード」ではなく「ヴェルファイア」でカスタムする訳とは?「トヨタ202ブラック」でまとめる硬派な仕上がりを紹介します
Auto Messe Web
トヨタ「bB」から逆輸入車のサイオン「xB」に乗り換え! 18インチをフェンダー内に呑み込む大胆カスタムが男前すぎです!
トヨタ「bB」から逆輸入車のサイオン「xB」に乗り換え! 18インチをフェンダー内に呑み込む大胆カスタムが男前すぎです!
Auto Messe Web
トヨタ新型「クラウンセダン」発売! 1年半ぶり復活の「正統派セダン」はどんなモデル? 実際に体感した印象は
トヨタ新型「クラウンセダン」発売! 1年半ぶり復活の「正統派セダン」はどんなモデル? 実際に体感した印象は
くるまのニュース
ホンダ「ステップワゴン スパーダ」にこだわってカスタムする理由とは? 仲間がドレコンで勝つために協力してくれたカスタムメニューをお教えします
ホンダ「ステップワゴン スパーダ」にこだわってカスタムする理由とは? 仲間がドレコンで勝つために協力してくれたカスタムメニューをお教えします
Auto Messe Web
斬新過ぎる! マツダ「ロードスターSUV」 現る! ゴツタイヤ履いた謎の個体が凄い…!
斬新過ぎる! マツダ「ロードスターSUV」 現る! ゴツタイヤ履いた謎の個体が凄い…!
くるまのニュース
“丸目”の超レトロ「軽自動車」が衝撃すぎる!「旧車デザイン」なのに“新車”で購入可能!? めちゃ可愛い「謎のクルマ」正体とは
“丸目”の超レトロ「軽自動車」が衝撃すぎる!「旧車デザイン」なのに“新車”で購入可能!? めちゃ可愛い「謎のクルマ」正体とは
くるまのニュース
フィアット初代「パンダ」は「人生に必要不可欠なもの」エンジンブローしても現行パンダに増車するほどの魅力とは
フィアット初代「パンダ」は「人生に必要不可欠なもの」エンジンブローしても現行パンダに増車するほどの魅力とは
Auto Messe Web
シフトレバーがなくなった! 斬新「スイッチ式シフト」採用の日産人気ミニバン「セレナ」 登場から1年もいまだに反響多数
シフトレバーがなくなった! 斬新「スイッチ式シフト」採用の日産人気ミニバン「セレナ」 登場から1年もいまだに反響多数
くるまのニュース
レトロな「新型スポーツカー」登場! 丸目4灯×6速MTにめちゃオシャレ内装も魅力!?「M55コンセプト」インテリアの特徴は
レトロな「新型スポーツカー」登場! 丸目4灯×6速MTにめちゃオシャレ内装も魅力!?「M55コンセプト」インテリアの特徴は
くるまのニュース
日産が「フェアレディZ SUV」実車展示! 斬新デザインに驚きの声も! 「令和の初代Z」と合わせて登場!
日産が「フェアレディZ SUV」実車展示! 斬新デザインに驚きの声も! 「令和の初代Z」と合わせて登場!
くるまのニュース
フィアット「500」沼にハマった! 新旧2台持ちになった理由とそれぞれの愛車の楽しみ方をうかがいました
フィアット「500」沼にハマった! 新旧2台持ちになった理由とそれぞれの愛車の楽しみ方をうかがいました
Auto Messe Web
フェラーリに間違えられた!? フィアット「バルケッタ」をあるはずないアバルト仕様に! エンジンはアルファ ロメオ!?
フェラーリに間違えられた!? フィアット「バルケッタ」をあるはずないアバルト仕様に! エンジンはアルファ ロメオ!?
Auto Messe Web
トヨタ「ナディア」は時代を先取りしすぎていた!? 今ならヒットしたはずの斬新なコンセプトとは?
トヨタ「ナディア」は時代を先取りしすぎていた!? 今ならヒットしたはずの斬新なコンセプトとは?
Auto Messe Web
米国で新登場セレナ顔の5MT小型セダン「日産ヴァーサ」こういうの! こういうのがほしい!!
米国で新登場セレナ顔の5MT小型セダン「日産ヴァーサ」こういうの! こういうのがほしい!!
ベストカーWeb
丸目4灯「新型スポーツカー」実車展示が話題! 6速MT+超レトロに熱視線!? 「謎のM55」反応は?
丸目4灯「新型スポーツカー」実車展示が話題! 6速MT+超レトロに熱視線!? 「謎のM55」反応は?
くるまのニュース

みんなのコメント

2件
  • 別に誰にでも出来る、小ワザもコダワリも何でも無いない様なカスタムに見えるけど。
    ワザワザ記事にするから。
  • 運転席の左側足元が凄く狭い。窮屈。

    改善して欲しいです。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

299.8419.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.8499.5万円

中古車を検索
セレナ e-POWERの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

299.8419.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.8499.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村