サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「新型ハリアーはライバル不在?」鮮烈造形。アクティブな都会派と呼ばれるレクサスNXの新価値

ここから本文です

「新型ハリアーはライバル不在?」鮮烈造形。アクティブな都会派と呼ばれるレクサスNXの新価値

最新モデルはサスペンションをリファイン。上質な走りが際立つ

 新型ハリアーの価格帯は299万~504万円。レクサスNXは450万7000~608万8000円。一部で価格がオーバーラップする。

実は5ドア。極上のネコ足を持つ快適ツアラー

 現行NXのデビューは2014年7月。早くも6年になろうというロングライフモデルだ。しかし、走りに古さは感じない。とくに、2017年秋に行われたマイナーチェンジでサスペンションがリファインされ、走りの上質性が一気に向上した。

 プラットフォームは従来型ハリアーと共有する。ボディサイズは全長×全幅×全高4640×1845×1645mm。ホイールベースは2660mm。新型ハリアーと比較して全長が100mm短い以外、ほぼ同サイズ。

光る取り回し性。走りの歓びと持つ誇りが味わえる逸材

 レクサスはアメリカに軸足を置いたイメージが強いが、NXは日本での使い勝手も重視。アメリカでは「それなりに売れてくれればOK」と割り切ったという。日本の道路環境でも持て余す心配がない優れた取り回し性は、根強い支持の理由のひとつだ。キャビン、荷室スペースのゆとりはたっぷりある。

 パワーパックは、2.5リッターエンジンを積むハイブリッドシステムと、6速ステップATと組み合わせた2リッターターボを設定。走りは上質でスムーズ。ハイブリッドは、ハリアー用と比べひと世代前の設計。2リッターターボは238psとパワフルだが、燃費性能はそれなりだ。
 NXは輸入SUVと比較しても、高い商品力を誇るプレミアムな存在。走る歓びとともに、所有する誇りが得られる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します